隅田川の水上バスに乗ったときにも飲んでびっくりしたことがある。アサヒビールはクラフトビールを醸造していて、それが案外美味しい。アサヒビールといえば、あの馬のしょんべんみたいなドライビールにビールと名乗らせていて、あまり好きではないのだが、このクラフトビールは美味しかった。このビールが船に乗らなくても飲めるみたいなので、アサヒビール本社のすぐ隣にあるビアバーに行ってきた。

場所は、「炎のオブジェ」(そんな名前ついていたなんてはじめて知った)で有名なあの奇妙なビルのふもとにある。アサヒビールの燃える心を現すオブジェらしいのだが、こんなもの頭上に置きやがってという怒りの気持ちだろうか。しかし、どう考えてもこれは5キロくらい気持ちを譲って「孫悟空が乗るきんとん雲」。でもやはり、ぱっとみた印象はアレだよな。

どうしてもこのビルが気になるので、それはまた今度にしておき今日はビールの話しだ。

アサヒビール本社のすぐ隣にある
始めて近くからみた。。

アサヒビールの本社横にある小さなビルにはいくつかのお店が入っていて、手軽にビールを楽しむことができる。そのなかでも、二階にある「アサヒクラフトマンシップブルワリー 東京」は店内に醸造所を構えていて、ここで造られたビールを楽しむことができる。

お店の外観
ビール飲みくらべ
お通しのベーコンが美味しかった

とりあえずは「ペールエール」「ヴァイツェン」、「スタウト」の三種類飲みくらべを試してみるのがいいと思う。ちなみに、お通しの食べ物がちょっと高いけれどわりとしっかりしているので食事を頼まずビールを飲むだけで充分楽しめる。ここはビールを飲むところだな。

僕はエール系のビールが好きなので吾妻橋ペールエールが楽しみだったのだけど、これはクセがなくていい意味で凡庸。またはなにも面白みがない味。特段ペールエールを名乗ることもないんじゃないだろうかと思ってしまった。

一方でヴァイツェンは白ビールの香りが高く、万人受けする美味しさ。ここで、まわりの人がヴァイツェンばかり飲んでいる理由がわかる気がする。これだけがすごい美味しい。華やかな香りが素晴らしく美味しい。これだけ飲んでもいいと思う。僕が次にくるときにはそうするだろう。

スタウトは一般的な黒ビールだけど柔らかい印象。ヴァイツェンなんて軽くてつまらないという人にはスタウトがいいかもしれない。すごく美味しいわけではないが、好みの問題かもしれない。悪い味ではない。黒ビールに罪はない。

でもどちらかといえば一般的なクラフトビールのお店というよりかは、安くてちょっと変わったビールが飲めるアンテナショップという感じがする。わりと楽しみにきたけれど、うんこビルの見学ついでに来るくらいの気持ちで訪れる分には楽しいところだと思う。

アサヒクラフトマンシップブルワリー 東京
住所:東京都墨田区吾妻橋1-23-36 アサヒビールアネックス 2F
時間:11:30-22:30
休み:年末年始

Related Post

【移転】立石呑み歩きシメは駅前にある「与作」が安心です... ※立石駅の高架化開発のため、駅から離れたところに移転となったみたいです。。 夕方から立石で呑み歩いていると22時には深夜のような気分になる。江戸っ子で話しをしていた方が「駅前にある与作っていうお店で飲むの結構いいですよ。駅前だから安心だし」というアドバイスをもらった。たしかに、泥酔した夜であれ...
立石のおでんやは名前そのまんま「おでんや」さんでした。... 立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合...
Ant ‘n Bee (アントンビー) – 六本木でちょっとした時間つぶしが... メニュー、かわいい 六本木交差点のすぐ近くという便利な立地にありながら、結構手軽にクラフトビールが楽しめるバーのようなお店。 待ち合わせまでの時間つぶしにも利用できると思う。待ち合わせにほろ酔いで登場してもいいならば、だけど。 店内はカウンターのみでバーのような店内なのだけど、2...
始めて食べるのに懐かしい台湾スイーツ。谷中の「愛玉子」へいってきた。... 谷中のあたりを散歩しているとやたらと目立つ「愛玉子」という看板。「・・あいたまご?変わった名前の中華料理店だな」くらいに思っていたのだが、店先をのぞいてみると「台湾スイーツのオーギョーチー」と書いてあった。どうやら、喫茶店みたいなところだったらしい。ちょっと立ち寄ってみたら、すごい面白くて懐かしいよ...
東京水上バスに乗ってビールを飲みながら浅草までのクルーズ旅... 新橋・汐留あたりから浅草までの移動って、地下鉄を使えば20分くらいで行けてしまう距離なのだけど、そこをあえて「わざわざ」ゆりかもめで日の出桟橋まで行き、そこから水上バスで向かう小旅行というのもなかなかいいものなのです・・・、ということを、Instagramでフォローしている @akaballoon ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です