銀座のカフェ ド ロペで出会ったペリカンのトースト。外はかりっと、なかはふんわりした食感がすごい美味しい。こいつはただものじゃない食パンだと感じていた。

このお店が浅草の田原町にあると知って調べたところ、予約しないと買えないという。しかし、逆にいうと予約をしておけば並ばずに購入することができるということだ。これは予約する価値があるよなって思い予約して買ってきた。

「ペリカン」へのアクセス

メトロの田原町が最寄り駅。国際通りを歩いて5分くらいのところにある。しかし、蔵前からもそんなに遠くない。ソルズコーヒーとかCAMERAでのんびりしたりして行くのもいい。このふたつのお店からも歩いて5分くらい。どうせならばあわせて行ってみたいところ。

「ペリカン」について

お店の雰囲気もパッケージもレトロな雰囲気がかわいい。1949年に創業してから提供しているパンは食パンとロールパン、そしてコッペパンという展開。これに大きさや形状の違いが組み合わさって10種類程度となるが、それでもお総菜パンやら、ハードパンやら無数にあるようなパン屋のラインナップと比べてかなりシンプルな感じがする。

今回は食パンとロールパンの大きい方を予約。コッペパンとかは生産量が少ないのか前日に連絡したときには既に売り切れてしまっていた。買ってみてバッグにしまったけれど、見た目以上にずっしりとした重さを感じる。「見た目より・・・全然重いんだね」という言葉はここのパンにとっては褒め言葉です。

食パン
ロールパン

これは、そのまま食べるのもいいけれどトーストした方がうまみが増してくると思う。トーストして外側の香ばしさと中身のふんわりさを堪能するには厚めに切ってみるのがいい。分厚いトーストにバターつけて食べるというのは最高に幸せな時間じゃないかって思う。このシンプルさを追求するというのは、できそうでチャレンジできないところだよなあ。

ロールパンも食パンも「もちもち」と「ふわふわ」と「しっとり」がバランスよく調和した食感と濃厚さがすごい。まさに三位一体な神がかり的美味しさだ。これはみんな予約してでも買いたいって思うよな。僕もそうだ。

ロールパン、ずっしり
食パンはトーストするとさらに美味しい

トースターはバルミューダとかじゃなくても、普通のオーブンで充分に美味しい。添加物も一切使用していないので、買ったらすぐに食べてしまいたい。というか、気づけば食べてしまっているくらい。ここ作られているパンと同じように暖かみのあるお店の雰囲気もまた好きなところ。手仕事のよさをシンプルに味わえる、昔ながらのいいパン屋さんだと思う。

ここは、またやって来て通ってしまうところになるだろう。自分に確信がある。

ペリカン
住所:東京都台東区寿4-7-4
時間 8:00~17:00(品切れの場合、閉店時間が早まることがあります。)
休み:日祝、夏・年末・年始

Related Post

浅草の「正ちゃん」でオープンエアな居酒屋を体験する... このブログが公開される頃にはちょっと寒くなってきているけれど、初夏から秋のはじめにかけては浅草のホッピー通り界隈でドイツ人のように外で飲むのがとても楽しい。 浅草寺と国際通りにはさまれた浅草のホッピー通り。かつては朝から夜勤明けの労働者がお酒を飲むような場所だった。余談だけど、僕はむかしアルバ...
フェブラリーカフェ (FEBRUARY CAFE)の朝食はペリカンのパンが食べられる。... 1日のはじまりをこんな店で過ごせるならかなり充実した日になりそうだ。浅草にあるフェブラリーカフェに行ってきた。僕が訪れたのは田原町駅に近いちょっと前のお店で現在は駒形に移転している(それでも浅草圏内)。 古い建物をリノベーションした、狭くても味わいがあって居心地のいいお店が好きだったので、古い...
ヨシカミ浅草店 – 古き伝統的な洋食... 僕にとって、浅草とは洋食の街だなあ・・と思っていて、フジキッチン、モンブランに並ぶ有名店であるヨシカミの浅草店(もう一店舗はなんと羽田空港にある)。 場所はつくばエクスプレス浅草駅にほど近いところにあって、浅草観光にも便利じゃないかと思う。人力車のお兄さんが「ここはむちゃくちゃ混んでい...
浅草浪花家は「鯛焼き」だけじゃもったいないかき氷の名店... 夏になれば食べたくなるのがかき氷。おしゃれだったり、素材にこだわったりしている「クラフトかき氷」みたいなものも増えてきている。 そのなかで、シンプルな昔ながらなかき氷を出してくれるのが浅草にある「浅草浪花家」だと思う。ここは鯛焼きも絶品なので、アツアツと冷え冷えをどちらも楽しみたい。 浅草浪...
「餃子の王さま」は最高の触感を残す野菜餃子だった... 東京で美味しい餃子を食べ歩いているのだけど、浅草にも老舗があって行ってみた。店名の「餃子の王さま」ってなんだか似たような名前のチェーン店があるなと思ってしまうのだが、全然関係なくて創業は1954年(昭和29年)と60年以上もつづく浅草の名店のひとつだ。神保町のスヰートポーヅが1936年(昭和11年)...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください