銀座のカフェ ド ロペで出会ったペリカンのトースト。外はかりっと、なかはふんわりした食感がすごい美味しい。こいつはただものじゃない食パンだと感じていた。

このお店が浅草の田原町にあると知って調べたところ、予約しないと買えないという。しかし、逆にいうと予約をしておけば並ばずに購入することができるということだ。これは予約する価値があるよなって思い予約して買ってきた。

「ペリカン」へのアクセス

メトロの田原町が最寄り駅。国際通りを歩いて5分くらいのところにある。しかし、蔵前からもそんなに遠くない。ソルズコーヒーとかCAMERAでのんびりしたりして行くのもいい。このふたつのお店からも歩いて5分くらい。どうせならばあわせて行ってみたいところ。

「ペリカン」について

お店の雰囲気もパッケージもレトロな雰囲気がかわいい。1949年に創業してから提供しているパンは食パンとロールパン、そしてコッペパンという展開。これに大きさや形状の違いが組み合わさって10種類程度となるが、それでもお総菜パンやら、ハードパンやら無数にあるようなパン屋のラインナップと比べてかなりシンプルな感じがする。

今回は食パンとロールパンの大きい方を予約。コッペパンとかは生産量が少ないのか前日に連絡したときには既に売り切れてしまっていた。買ってみてバッグにしまったけれど、見た目以上にずっしりとした重さを感じる。「見た目より・・・全然重いんだね」という言葉はここのパンにとっては褒め言葉です。

食パン
ロールパン

これは、そのまま食べるのもいいけれどトーストした方がうまみが増してくると思う。トーストして外側の香ばしさと中身のふんわりさを堪能するには厚めに切ってみるのがいい。分厚いトーストにバターつけて食べるというのは最高に幸せな時間じゃないかって思う。このシンプルさを追求するというのは、できそうでチャレンジできないところだよなあ。

ロールパンも食パンも「もちもち」と「ふわふわ」と「しっとり」がバランスよく調和した食感と濃厚さがすごい。まさに三位一体な神がかり的美味しさだ。これはみんな予約してでも買いたいって思うよな。僕もそうだ。

ロールパン、ずっしり
食パンはトーストするとさらに美味しい

トースターはバルミューダとかじゃなくても、普通のオーブンで充分に美味しい。添加物も一切使用していないので、買ったらすぐに食べてしまいたい。というか、気づけば食べてしまっているくらい。ここ作られているパンと同じように暖かみのあるお店の雰囲気もまた好きなところ。手仕事のよさをシンプルに味わえる、昔ながらのいいパン屋さんだと思う。

ここは、またやって来て通ってしまうところになるだろう。自分に確信がある。

ペリカン
住所:東京都台東区寿4-7-4
時間 8:00~17:00(品切れの場合、閉店時間が早まることがあります。)
休み:日祝、夏・年末・年始

Related Post

立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...
壁に描かれた絵が楽しい店内「SUNSHINE STATE ESPRESSO」ではフラットホワイトが美... 「この街はいったいどうしたんだ」と言いたくなるくらい、美味しいコーヒーの店が集まってきている蔵前エリア。夏場には昼間からすててこ姿のおじさんがうろついている風景はあまり変わっていないのだが、そんななかに妙に馴染むカフェができてきている。 蔵前から隅田川を渡ったところにあるSUNSHINE ST...
古民家を改造した下町式複合モール!上野桜木あたりで過ごす週末は楽しい... 上野と日暮里と根津のいずれからも遠い谷中のエリア。そのまん中辺りにあるのが上野桜木地区。 すっかり観光地化されて猫もみかけなくなった谷中商店街と比べると、まだまだ落ち着いた街並みがある。ここに2015年にオープンしたのが「上野桜木あたり」というちょっと変わった名前の複合施設。 表通りにあ...
浅草の「正ちゃん」でオープンエアな居酒屋を体験する... このブログが公開される頃にはちょっと寒くなってきているけれど、初夏から秋のはじめにかけては浅草のホッピー通り界隈でドイツ人のように外で飲むのがとても楽しい。 浅草寺と国際通りにはさまれた浅草のホッピー通り。かつては朝から夜勤明けの労働者がお酒を飲むような場所だった。余談だけど、僕はむかしアルバ...
古民家をリノベーションしたカフェで本格的な中国茶を楽しめる「青玄茶荘」で過ごす午後... 浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。 どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください