銀座のカフェ ド ロペで出会ったペリカンのトースト。外はかりっと、なかはふんわりした食感がすごい美味しい。こいつはただものじゃない食パンだと感じていた。

このお店が浅草の田原町にあると知って調べたところ、予約しないと買えないという。しかし、逆にいうと予約をしておけば並ばずに購入することができるということだ。これは予約する価値があるよなって思い予約して買ってきた。

「ペリカン」へのアクセス

メトロの田原町が最寄り駅。国際通りを歩いて5分くらいのところにある。しかし、蔵前からもそんなに遠くない。ソルズコーヒーとかCAMERAでのんびりしたりして行くのもいい。このふたつのお店からも歩いて5分くらい。どうせならばあわせて行ってみたいところ。

「ペリカン」について

お店の雰囲気もパッケージもレトロな雰囲気がかわいい。1949年に創業してから提供しているパンは食パンとロールパン、そしてコッペパンという展開。これに大きさや形状の違いが組み合わさって10種類程度となるが、それでもお総菜パンやら、ハードパンやら無数にあるようなパン屋のラインナップと比べてかなりシンプルな感じがする。

今回は食パンとロールパンの大きい方を予約。コッペパンとかは生産量が少ないのか前日に連絡したときには既に売り切れてしまっていた。買ってみてバッグにしまったけれど、見た目以上にずっしりとした重さを感じる。「見た目より・・・全然重いんだね」という言葉はここのパンにとっては褒め言葉です。

食パン
ロールパン

これは、そのまま食べるのもいいけれどトーストした方がうまみが増してくると思う。トーストして外側の香ばしさと中身のふんわりさを堪能するには厚めに切ってみるのがいい。分厚いトーストにバターつけて食べるというのは最高に幸せな時間じゃないかって思う。このシンプルさを追求するというのは、できそうでチャレンジできないところだよなあ。

ロールパンも食パンも「もちもち」と「ふわふわ」と「しっとり」がバランスよく調和した食感と濃厚さがすごい。まさに三位一体な神がかり的美味しさだ。これはみんな予約してでも買いたいって思うよな。僕もそうだ。

ロールパン、ずっしり
食パンはトーストするとさらに美味しい

トースターはバルミューダとかじゃなくても、普通のオーブンで充分に美味しい。添加物も一切使用していないので、買ったらすぐに食べてしまいたい。というか、気づけば食べてしまっているくらい。ここ作られているパンと同じように暖かみのあるお店の雰囲気もまた好きなところ。手仕事のよさをシンプルに味わえる、昔ながらのいいパン屋さんだと思う。

ここは、またやって来て通ってしまうところになるだろう。自分に確信がある。

ペリカン
住所:東京都台東区寿4-7-4
時間 8:00~17:00(品切れの場合、閉店時間が早まることがあります。)
休み:日祝、夏・年末・年始

Related Post

立石のおでんやは名前そのまんま「おでんや」さんでした。... 立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合...
浅草の酉の市に行ってきた もう去年のことになるのだが、浅草の酉の市に行ってきた。昨年は三の酉まであったのだが、僕が行ったのは二の酉のタイミング。ひさびさに訪れたが、すごい熱気で楽しかった。夜市っていいよね。 浅草の酉の市に行くには最寄り駅は日比谷線の入谷駅になる。ここから徒歩10分くらい。帰りは浅草まで歩いたの...
吳寶春麥方の世界一のパンを予約してみた... 台南から高雄に移動。高雄に来てみて思ったのは街が大きくて人がせわしない。田舎から出てきた人みたいな感覚になってしまった。台南がちょっと懐かしく思える。 しかし、旅はつづく。この旅の計画をしているなかで、吳寶春麥方店(Wu Pao Chun Bakery)というパン屋さんがあることを知る。200...
清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください