ガイドブックには必ず載っているし、台北に関するWEBサイトでも必ず上位に掲載されていて、観光するなら!夜市に行くならここ!みたいな絶対的なオススメされっぷりだったことと、ホテルからタダで送ってくれるサービスがあったので、ちょっと士林夜市に行ってみた。

最初に結論を書いておきますが、ここ、来なくてもいいと思います。

別にここに来たから台北が数倍楽しくなるわけでもないし、ここに来ないことによって台北旅行の魅力が減少するものでもないと思う。つまりは、「別にどちらでもいい存在」くらいのものだということです。

市場は巨大で色んなものであふれていて毎日夕方18:00過ぎから翌朝4:00くらいまで営業するところもあるとのことだが、だからといってすごく活気があるという感じもなく、市場特有の熱気みたいなものがあまり感じられない。なんていうか・・デパートの出店みたいな感じ。品揃え的にもここでなければ手に入らないみたいなものって・・あるのかな? どうも僕の興味の範囲においては見つけられず。

フードコートは地下にあって、ここはさすがに活気がある。例によってひとまわりして、現地語の方でもっとも賑わっていたようにみえた「大頭龍」というところに入ってみた。この観光夜市のレストランにあって日本語のメニューすらない地元感。ちょっと期待して牡蠣のオムレツを頼んでみた。安い!

しかしまあ・・値段相応の味というか、こんなものなのかな? なんか香港の夜市の屋台で食べた牡蠣オムレツってもっと圧倒的な牡蠣の感じがあったんだけどな。。まあ、比べても仕方ないか。

とりあえずビールはぎんぎんに冷えていてうまかった。牡蠣オムレツつまみながらちょこっと食事してお店を出る。でもまあ、これでも数百円っていったところだものな。

しかし、このようなボタンの掛け違え的なことがこの夜市では起きていて、僕の中ではちょっとここは・・違うかなという結果になった。もちろん、行く人がいけば楽しいのだと思うけれど(だからこそ、こんなにも人が訪れているわけだ)。

僕のなかでは全体的にアメ横っぽい印象をもちました。市場なんだけど、一見の観光客相手のお店が多くて、屋台もまあそれなりの雰囲気出しておけばいいでしょといったところとか、店員の威勢のよさとガラの悪さが紙一重的なところとか。。

保存

Related Post

リオデジャネイロで地元の人が集まる居酒屋ではLanches Escolがおすすめ... リオデジャネイロの地元のひとたちってどんなところで飲んでたりするんだろうっていうときに、こっちに住んでいる友人に連れられてきたのがプリンセスイザベルにあるLanches Escolというお店。 酒屋みたいな居酒屋なのだけど、立ち飲みか路上に置いてあるテーブルで飲む感じ。リオデジャネイロはどんな...
爐鍋咖啡LuguoCafe 迪化街のなかにある雰囲気のいいカフェ。一階は雑貨屋になっていて、その横の階段を2階へ上がったところにお店があります。そして、これがかなりわかりづらい上に「え、ほんとあいてるの?」という感覚にもなる。 とはいえ、勇気をもって扉をあけるとこれが開店中であるという。まあ、隠れ家風でもあっていいんだけ...
阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい... 蜂大珈琲で阿里山珈琲の豆を買うために西門まで来たのだが、夕食がてらになに食べようかと思ったら、やはり阿宗麵線は外せないよなあってことで食べてきた。 立ち食いスタイルなので落ち着かないのだが、そんなこと構わないってくらいうまいのだからしょうがないよね。深みのある鰹だしのスープは絶品だし、少し黒酢を入...
長白小館 – 絶品酸菜白肉鍋(辛くない火鍋)... おしゃれな頂好(ディンハオ)エリアを歩いていて、そろそろ夕食時か・・ということになったら、僕なら迷わずここのお店に向かいます。ダッシュで。 お店は大通りからちょっと裏に入ったところにあるのだけど、看板が目立つのでだいたいの場所分かっていれば迷うこともなくお店まで行けるはず。地元でも人気...
スクンビットのCraft Bangkokでビールを楽しむ... フォローしてチェックしている、@55_froggy さんのinstagramで見かけたところ。 バンコクでもクラフトビール飲めるなんて幸せすぎるだろう!って思って訪問。オープンエアでリラックスした、いいお店だったなあ。 そして、好きなものが似ているSNSのネットワークがあれば、いままで知...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください