ガイドブックには必ず載っているし、台北に関するWEBサイトでも必ず上位に掲載されていて、観光するなら!夜市に行くならここ!みたいな絶対的なオススメされっぷりだったことと、ホテルからタダで送ってくれるサービスがあったので、ちょっと士林夜市に行ってみた。

最初に結論を書いておきますが、ここ、来なくてもいいと思います。

別にここに来たから台北が数倍楽しくなるわけでもないし、ここに来ないことによって台北旅行の魅力が減少するものでもないと思う。つまりは、「別にどちらでもいい存在」くらいのものだということです。

市場は巨大で色んなものであふれていて毎日夕方18:00過ぎから翌朝4:00くらいまで営業するところもあるとのことだが、だからといってすごく活気があるという感じもなく、市場特有の熱気みたいなものがあまり感じられない。なんていうか・・デパートの出店みたいな感じ。品揃え的にもここでなければ手に入らないみたいなものって・・あるのかな? どうも僕の興味の範囲においては見つけられず。

フードコートは地下にあって、ここはさすがに活気がある。例によってひとまわりして、現地語の方でもっとも賑わっていたようにみえた「大頭龍」というところに入ってみた。この観光夜市のレストランにあって日本語のメニューすらない地元感。ちょっと期待して牡蠣のオムレツを頼んでみた。安い!

しかしまあ・・値段相応の味というか、こんなものなのかな? なんか香港の夜市の屋台で食べた牡蠣オムレツってもっと圧倒的な牡蠣の感じがあったんだけどな。。まあ、比べても仕方ないか。

とりあえずビールはぎんぎんに冷えていてうまかった。牡蠣オムレツつまみながらちょこっと食事してお店を出る。でもまあ、これでも数百円っていったところだものな。

しかし、このようなボタンの掛け違え的なことがこの夜市では起きていて、僕の中ではちょっとここは・・違うかなという結果になった。もちろん、行く人がいけば楽しいのだと思うけれど(だからこそ、こんなにも人が訪れているわけだ)。

僕のなかでは全体的にアメ横っぽい印象をもちました。市場なんだけど、一見の観光客相手のお店が多くて、屋台もまあそれなりの雰囲気出しておけばいいでしょといったところとか、店員の威勢のよさとガラの悪さが紙一重的なところとか。。

保存

Related Post

尖沙咀の美味厨はなにか違う気がする... 香港に詳しい友人にどういうところでご飯食べたら美味しい?って尋ねてみて真っ先に回答されたのが美味厨の排骨菜飯は絶対に食べた方がいい!っていう熱狂的な推薦。 本店は香港島の銅鑼湾にあってちょっと行きづらいなあと思っていたのだが、尖沙咀(チムサーチョイ)側にもお店が出来たみたいなので、そっちに行っ...
地元感あふれる福榮意麵(台南) 正興街にあって、今回泊まった正興珈琲館のすぐ横にあるに西門市場のなかにある屋台的なお店。 ものすごい地元感があって、なんでこんな楽しそうなところがあったのに前回来なかったんだろう・・と思ってしまった。 お店は入り口から少し奥に入っていったところにあり、小さな看板に店名が書いてある。 ...
日本橋ブルワリーは新しいクラフトビールの名所になりそう... 2016年11月末にオープンした新しいクラフトビールのお店。自前の醸造は2017年からということだけど、東日本橋界隈にも雰囲気のいいところでビール飲めるところが出来てくれてうれしい。さっそく行ってきた。 NIHONBASHI BREWERY (日本橋ブルワリー)へのアクセス メトロの人形...
佳徳糕餅は地元で絶大な支持を誇るパイナップルケーキ... 台湾人の友人に「パイナップルケーキのお土産買おうと思ってんだよね」と話すと、みんな「絶対に佳徳糕餅のがいい!だって、おいしいもの!!」というテンション高めな返答がもどってくる。 気になる。でも、お店が不便なところにしかないんだよなあ・・って思っていたのだが、MRTの新しい路線が開通して近くなっ...
ヤンゴンで居酒屋に行きたければ迷わず「19th通り」まで... ヤンゴンでうまいドラフトビールを安く飲みたい!おいしい串焼きとか居酒屋っぽい料理を楽しみたい!ということであれば迷わず19thストリートまで行くことをおすすめする。 道路端までイスとテーブルを持ち出して、オープンエアのなかで飲むビールは最高にうまい。僕はヤンゴンにはすごい興味をもつ街ということ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.