初秋の旅は1年ぶりの北海道への旅。去年の旅では美瑛の方を見てまわることなく、泊まりたいホテルにもふられていたので今年はもう少し計画的に旅してみようかと思う。ただ、結論としてはずいぶんとのんびりした旅になったのだが。

去年の旅では、成田空港第三ターミナルが遠すぎることについて、さんざん文句を書いていた。(去年の旅:バニラエア(成田〜新千歳)搭乗記、というか成田空港第三ターミナルが遠すぎる件について

しかし、ゴールデンウィークの旅では第三ターミナル近くの民間駐車場にとめて、そこから歩いて空港へ向かうという解決案が発見されたので、だいぶ気軽にアクセスできるようになった。詳しい状況は、「成田空港第三ターミナルとジェットスター搭乗記(成田-鹿児島)」にて書いている。

成田空港第三ターミナル

今回もまた空港手前の民間駐車場に車をとめて歩いて行くことにする。歩く距離は第二ターミナルの駐車場から行くのとたいして変わりがないくらいだ。

早朝のバニラエアのチェックインはオンラインチェックインしていたこともあり、スムーズに終了。ジェットスターよりこなれているかもしれないと印象すらうける。

予定よりはやく空港内にリリースされたので、朝食を食べることにした。フードコートで選んだのはうどん。ショッピングモールにあるようなフードコートで面白みは全然ない。そして、北海道ついてからも運転するのでお酒飲めないし、とりあえず食べたという感じではあるが、第二ターミナルとかで食べるよりも随分手軽な料金だったな・・とは思う。

フライト自体は可もなく不可もなく。新千歳空港へ降りていくときに、苫小牧の上を通り抜けてアクセスしていくのを眺めると北海道に来たなあって思いがある。昼間の短時間のフライトであれば窓際の席が楽しい。

フライトアテンダントの人が別れぎわに大きな黄色い手袋みたいなクッションでバイバイしていたのはすごいかわいかった。あれ写真撮ればよかったな・・と思うのが後悔するくらいだな。

旅行シーズンの北海道ってレガシーキャリアしかいないときには随分と高いなあという印象があったが、LCCの登場によって随分と手軽になった気がする。

予約はバニラエアのサイトから直接行った。
バニラエア

Related Post

スクート(Scoot)搭乗記ふたたび 成田空港は第二ターミナルCカウンター シンガポールのLCCであるスクートに乗って台北へ行ってきたので、その記録。 これで、今年4回目の台北行きでの利用となるのだが、相変わらず日本人が少なく、カジュアルな感じで面白い。 チェックインは成田空港は第二ターミナルの端っこの方で、台北桃園...
中札内のフェーリエンドルフにふたたび泊まってきた... 去年はなんとなく泊まってみたところなのだが、ものすごく充実した滞在となった。あまりにも印象に残るところだったので今回の北海道旅行でも十勝ではここに泊まることにした。 すごく残念だったのは、前回の滞在で出会った、やたらと気さくな馬であるアルフレッドは2016年2月17日に亡くなっていたということ...
エアアジア(バンコク-プノンペン)搭乗記、早朝のドンムアン空港は大混雑... 今回の旅ではカンボジアへ向かうため、バンコクはトランジットでプノンペンへと向かう。早朝6:30のフライトを選択したのだが、バンコク市街とドンムアン空港はタクシーで行っても早朝であれば30分もあれば着いてしまうし、あえて不便な空港横のホテルを選ぶ価値はあまりない。深夜について早朝に出発するというときく...
V Airで羽田から台北への深夜便搭乗記【運行停止】... 4月に思い立って台北まで行くことにした。週末で行く海外旅行って香港はあるけれど、台北ははじめて。台北は近くてストレス少ないと思う。 航空会社は羽田空港にはLCCも就航してきているので、お得なものが色々と選べるのがいい。今回は滞在時間を最適化するために、行きはV Airで帰りはPeachという異...
香港エクスプレス(羽田~香港)搭乗記... 週末を利用して香港に行ってきた。香港エクスプレスを利用すると、金曜日の深夜25時に出発して、日曜日の23:30くらいに戻ってくるフライトスケジュール。 しかも羽田便、そしてセールのプロモーションを利用すると諸税入れても2万円ちょっとという利便性かつお得感。関西まで新幹線で旅行に行くより飛行機で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です