札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。

地産地消というか、富良野の特産物をあつかっていたりカフェがあったりして、立ち寄ってみると面白いところだと思う。

マルシェとはいうものの市場っぽさはなくて、新しくできた公民館みたいな雰囲気がある。駐車場に近いところにはカフェがあり食事のほかにコーヒーを出しているのだが、これをテイクアウトすることができる。ちゃんとしたコーヒーを淹れてくれていて、ドライブの途中に飲むコーヒーとしてはすごく美味しい。この辺りまで来るとチェーン系のホテルは見かけなくなるので貴重な存在。

その隣の建物は片側が道の駅みたいな感じになっていて、アルジャンという名前でお土産物や野菜などを売っている。さすが日本屈指の観光地だけあってお土産物の種類はすごく豊富なのだが、どれを買っていいのか全然わからない。違うようでいて似たようでもある。なんかもっと特色があってもいいのだろうが、万人受けの安全なものというと「平たい箱にお菓子が個装されているもの」という結果になるのかな。

それ以外のものだと地ビールとかチーズがあってこれがちょっと気になるところ。美瑛では「スプウン谷のザワザワ村」というちょっと変わった宿に泊まるので、部屋で食べるために買ってみることにする。特徴があるかといわれると記憶がおぼろげになるくらいだが、北海道って豊かな土地なんだなあって思うくらいの美味しさがある。

ここでもっとも美味しかったのは一番端っこにあった「ジェラートフラノ」というお店。富良野チーズ工房の直営店でジェラートを提供している。地元産の素材を使ったジェラテリアはかなり気になるので、ちょっともう秋深い季節でジェラート食べている場合かとも思ったのだが、試してみることにした。これはすごい濃厚でチーズの気配を感じるような、うまみが凝縮されている感じがある。これは寒くても食べてよかったと自信をもっていえる美味しさ。外国人の旅行者がいたのだが、その人たちもすごい美味しそうに食べていてちょっと嬉しい。

お土産物だけじゃない、コーヒーやジェラートといった楽しみがあるいいところだった。手軽で安く地産地消なということであれば、ここでランチを食べてもよかったのかもしれない。

ジェラートフラノ

フラノマルシェ

住所:北海道富良野市幸町13-1
時間:10:00-19:00(夏期は時間変更)
休み:冬期の一部、年末年始

保存

Related Post

好丘 Good Cho’sでMade in Taiwan商品を手に入れる... 台北101のふもとにある古い街並み四四南村のなかにある雑貨とカフェのお店。 ぱっと見、レトロな感じの店内は日本の雑貨店みたいな感じもあるけれど、並べられている商品はMIT(Made in Taiwan)であふれていて、台湾のGood Choiceが集められている。 古い建物を活かした作り...
バンコクのMBKとフィフス アベニュー フードホール... バンコクの電脳的オタクの聖地といえば、長い間有名となっているMBKショッピングモール。 最近はオタク向けというよりも携帯電話の修理と、海外から来たガジェット好き観光客のためのショッピングモールという趣が強い。 これによってたとえばSIMカードとかは普通に定価で売っているものが、なぜかここ...
ウドンタニのセントラルプラザはなんでもある地方ショッピングモール... 下妻物語という映画で主人公のヤンキー女子が「ジャスコにはなんでもあるんだよ!このジャージとかさ!」って豪語していたのだが、ウドンタニのセントラルプラザに来てみてそれを思い出した。 さして特徴のない地方都市に400以上のショップとホテルまで併設した巨大なショッピングモールがあるという構図は日本の...
In Love Bar & Restaurantは地元向けThe Deckという感じ... The Deckがロケーション含めて高級版とするならば、このIn Loveはそれをスケールダウンして、すっかりカジュアルにした「地元向け」という感じ。 見えるロケーションもワットアルンじゃなくて、ラーマ8世橋だし。 しかし、このレストランはそのネーミングのかっこ悪さをのぞけば本物で美味し...
栗の木テラスの新しいモンブラン「モンブラン・ネージュ」を試してみた... 津南から国道をとおって小布施までドライブ。千曲川沿いにすすむこのルートは交通量は少なく、道幅も広くて見晴らしのいいルートを通るすごく気持ちのいいドライブコースだ。僕としては津南から小布施に行くルートの方が見晴らしがよくて気持ちがいい。これが不思議なことに逆ルートだとなんかちょっと雰囲気違うんだよな。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください