両国に東京の地酒が飲めるところがあるらしいと聞きつけやってきた。東京で地酒があるのか?って疑問だったのだが、意外にも酒蔵は結構あってバリエーション豊富な日本酒を提供していて面白い。JR両国駅に隣接しているので、アクセスも便利なところだ。

「江戸NOREN 東京商店」へのアクセス

JR両国駅のすぐ隣にある建物が「江戸NOREN」としてリニューアルオープンしていて、そのなかにある。駅に直結しているのでJRで訪れると便利。なかはさまざまなショップが入っていて、ちゃんこ鍋のお店などもあったりする。

この妙に日本を意識している雰囲気はなにかに似ていると思っていたのだが、羽田空港の国際線ターミナルにすごくよく似ている。

土俵があるのは両国ならでは
お店の外観

「江戸NOREN 東京商店」について

酒屋さんのようなつくりになっていて、入口は日本酒やクラフトビールなどを販売している。東京発をコンセプトにしているみたいで、クラフトビールも東京のものが揃っている。僕は福生の酒造メーカーが作っているTOKYO BLUESを買って飲んでみたのだが、これはまあラベルはおしゃれだけれど味は普通。やはり奥の日本酒コーナーがおもしろい。

立ち呑みスペース、自動販売機からお酒を買う
日本酒一杯300円
東京のクラフトビールも置いているが、わりと普通。。

お店の奥は立ちのみスペースがあり、お店で買ったビールなどもここで飲むことができる。しかしなんといっても楽しいのは日本酒の飲みくらべ。お猪口が置いてあるので、それを手にして自動販売機みたいなところで好きなお酒を選んで飲むことができる。料金は300円で、お酒のクラスによって純米だとなみなみと注がれるけれど、大吟醸だと少なめという感じに量で調整している。

選べるお酒の種類は30種類くらいあって、すごく悩む。途中、お店にやってきたタイ人の観光客に「なに選んでいいかわからない」っておすすめを聞かれたのだが、僕だって悩むくらいだ。とりあえず純米酒から飲んでみることにする。このお酒は熱燗にもすることができるのが面白いのだが、まあ普通に楽しんでも充分に美味しいと思う。

酒屋ではちょっとしたつまみセットも販売しているので、角打ち気分でお酒を楽しむことができる。新潟の越後湯沢とかにある「ぽんしゅ館」とかそんな感じに似ている。手軽過ぎて飲みすぎてしまいそうだ。なにより、東京にもこんなに豊かな日本文化があるのかってびっくりする。場所柄なのか、外国人の観光客が結構来るところなのだが、東京に住んでいても再発見があるような面白いところだと思う。

江戸NOREN 東京商店
住所:東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN 1F
時間:11:00-23:00
休み:年始

Related Post

味噌坐 玉響(湯島)これぞ居酒屋っていう雰囲気... 上野にこんなお洒落で雰囲気ある居酒屋あったのかって思ってしまった。外国人を連れてきたらすごい喜びそう。西麻布や、有楽町にある有名なお店より全然美味しいし、値段も手頃なのがいい。 カウンター席だと炊事場にいる店主が黙々と仕事をこなしていく様をみているのもいいし、奥の座敷は江戸時代の居酒屋ってこん...
予約不可の人気店は17時までに行くのがベスト。御徒町の「やきとん ま~ちゃん」で絶品やきとんを食べる... 御徒町にあるやきとんの人気店。安くて美味しい、日本酒も結構あるという素晴らしいお店なのでいつも混んでいる。なかなか入ることができなかったのだが、開店してちょっとしたタイミングで行ってみたらすんなりと入ることができた。 お店の人が「うちは予約を受け付けていないから、いつでも来ることができるんだ。...
「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」を体験してきた... 今回の信州旅行において、サイトウキネンと並ぶハイライト。信濃大町で毎秋に開催されている三蔵呑み歩きというイベントに行ってきた。 信濃大町の商店街を中心に半径500mくらいのところに日本酒の酒蔵が三軒あって、イベントの日には参加証を兼ねた専用のおちょこを購入して、各酒蔵を巡りながら、日本酒を飲ん...
フレンチな大衆居酒屋、森下の山利喜で飲んできた... 東京の東側にある森下という街はJR線も通っていなくて少しマニアックなところだけれど、地下鉄でのアクセスが便利な穴場の街だと思っている。そんな森下のなかで人気な居酒屋である山利喜で飲んできた。気さくで手軽なお店なのに、手が込んだ料理を出してくれて、ちゃんと美味しい。なんて幸せな居酒屋なのだろうか。こう...
旬の蔵パセリ(佐賀) – 佐賀の日本酒を楽しむならここ... 佐賀の夜は「花たろう」でしっかり食べきって、さらに二次会へ。やはり、地元の日本酒を楽しみたい!ということで行ったのは「旬の蔵パセリ」という、小洒落た居酒屋。 ここでは、佐賀の日本酒を一通りそろえているので、この前、日本酒品評会で優勝した伊万里の「前」(さき)というお酒もきちんと用意してある。そ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください