恵比寿駅から白金方面にバス通りをすすんだところに新しくカフェみたいなのが出来ていたので行ってみた。

もともとはお総菜屋さんがあったような気がする。外観も店内もおしゃれなカフェという感じ。働いている人たちもイケメン、または美人さん。だけど、売っているのはコッペパンに具を挟んだコッペパンサンド。ドリンクは激安すぎて値段を書きたくないくらい。不思議な魅力があるお店ができた。

「えびすぱん」へのアクセス

恵比寿駅からは少し歩いたところにある。猿田彦珈琲を通りすぎ、バス通りを白金方面へ歩いて行ってビール坂と呼ばれる交差点を過ぎたところあたり。恵比寿駅からだとなんだかんだと10分くらいかかりそう。結構不便な立地なので地元人が多い客層。

お店の外観
ランチタイムにはストックがあってすぐ出てくる、そうじゃないときはひとつずつ注文してから作り始める

「えびすぱん」について

2017年3月にオープンしたばかりで、まだ新しいお店。たまご色の看板が目印。お店の雰囲気など細かいディテールまでちゃんとしている。通りには立ち席のスタンドもあったりしてテイクアウトにも対応している。店内はカウンターというか猿田彦珈琲みたいなつくりだなあっていう感じ。席数は少ないのでランチタイムはテイクアウトの人が多い。

メニューは基本的にコッペパンのサンドイッチ。それ以外にサラダやスープもあるが、メインはコッペパンサンド。ただ、このバリエーションが結構あって、ランチからおやつまなんでも楽しめる。どれを選ぶか迷ってしまう。

定番というか、たまごアレルギーでなければ必ず食べた方がいいのは「たまごサンド」。仲介業者が入っていないみたいで生産者から直接買い付けたたまごは新鮮で濃厚。そして、ベースになっているコッペパンも店名の焼き印が入っていて、なんだかかわいい。なにより「ふっくら」していてそして「しっとり」した食感が絶妙だ。普通のサンドイッチよりももちっとした感じは結構お腹にたまるのでランチにも美味しい。

もうひとつ頼んだ「さばサンド」も鯖をフレーク状にしていて、レタスもしゃきっとして見た目にもきれいで美味しい一品。ちょっとアレンジがきいた鯖サンドもまた外せないな。でも、これ以外にも「マスカルポーネとあんこ」とか「チリコンカン」とか魅力的なラインナップ。

手前はチリコンカンサンド
たまごサンド、さばサンド
コーヒーは破格、カップもかわいい

そして、一番の驚きはその値段だと思う。コンビニで売っているパサパサでスカスカのものと比べちゃいけないが、値段で勝負できるくらいの安さなのは良心的だろう!とい度を越えた良心を感じてしまう。ドリンクも頼むのが申し訳なくなるくらいお得な価格帯。もう少し早くから営業してくれれば朝食にも毎日通って食べ比べしたくなるくらいだ。

シティベーカリーとかおしゃれで高額なベーカリーが沢山あるなかで、昔ながらな雰囲気と現代風な美味しさが混じり合いつつ良心的な価格帯での営業をしている「えびすぱん」は食べて応援したくなるベーカリーだと思う。

えびすぱん
住所:東京都渋谷区恵比寿1-23−16 第六大浦ビル1F
時間:11:00-20:00

Related Post

カヤバ珈琲で過ごす至福の時間 谷根千を散歩していると、言問通りの上野桜木交差点に建つ古い古民家のカフェがある。 お店の前のベンチには並んでいる人がいて人気店なのだろうなあと思っていたのだが、並ぶのは面倒だなと避けてきていた。 週末に谷根千を歩いていたら偶然にもわりと空いてそうだったのと、目当てにしていたカフェが閉店し...
cafe Red Book(中目黒)で食べるインドカレー... 店名もそうだし、雰囲気もカフェそのものなんだけど、ランチで出てくるのは本格的なインドカレーという不思議な魅力があるお店。 場所は中目黒駅からほど近い裏通りにあって、槍ヶ先交差点の近くにある小さなお店。店内はシックでバーのような雰囲気もあるカフェ。 ランチタイムにはカレーを提供していて、何...
めん処みやち(みやちそば) – 尾道でしか食べられない味... 尾道の坂道巡りから町中に戻ってきて、ランチを食べる店を決めかねていたのだが、商店街のなかに行列ができていたので聞いてみたら「ここの天ぷらラーメンはうまい」というので、ちょっと気になり僕も並んでみた。 10人前後のお客さんが並んでいたが、15分程度も待っていたらお店に入れた。店内はカウンターだけ...
蘑菇 Mogu Cafeで台湾クラフトビールを昼から飲む... 蘑菇 Boodayの二階にあるカフェ。お店には行ってすぐ右側にある階段をあがっていく。トイレなどは一階のショップのものを共有。お会計も一階で行う方式。大きな窓から入り込む光が気持ちよくておすすめのカフェ。 蘑菇 Mogu Cafeへのアクセス 蘑菇 Boodayの二階にあるので、アクセス...
Hachi Cafe – 越後妻有の地産地消カフェ... 絵本と木の実の美術館の1階に併設されているカフェ。学校のなかで職員室だったのかな、そんな感じなのだけど、ウッディなインテリアと明るく開放的な店内、そして開け放たれた窓から外の空気が入ってきて、すごく気持ちがいい雰囲気。Hachi というのはこの地区が鉢地区と呼ばれていることからつけられたネーミングみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.