地元産のワインでも買おうかなあって、美瑛駅の近くにある酒屋さんに行ったら全然置いてなくて、ここならあるかなと立ち寄ってみたのが道の駅「丘のくら」というところ。JRの美瑛駅すぐ横にあって、列車で移動する人には便利なところのように思える。

その名前の通り、蔵のような建物は雰囲気がある。なかは観光案内所が併設されていて、ソフトクリームやちょっとした食事などを食べることもできるのだが、それほど魅力的なラインナップではない。とりあえず旅先で食べるソフトクリームが好きなので食べてみたのだが、フラノマルシェで食べたやつのほうが美味しかった。

お土産物は・・うーん。当たり障りのない配り土産を買い求めるにはいいかもしれないけれど、僕としてはそれなら、美瑛選果に行ったらもっと洗練された面白いお土産ものが沢山あるからそっちがいいなって思ってしまう。

駅に用事があれば、こちらの道の駅に来るのも悪くないとは思うけれど、普通に考えると美瑛の魅力は美瑛選果の方に集まっているなというのが実感としてある。地元産のワインもぜんぜんなかったし。

ということで、タイトルにもある通りであまりいっても仕方がないなと思えるところだった。列車で旅をしている人には便利かもしれない。

びえい「丘のくら」
住所:北海道上川郡美瑛町本町1丁目9−21
時間:9:00-17:00
休み:年末年始

Related Post

十勝千年の森にある貴重な食事処「ガーデンカフェ ラウラウ」でのランチは残念... 十勝千年の森でセグウェイツアーに参加するとランチタイムまでかかってしまう。セグウェイツアーでも立ち寄ったカフェでランチを食べることにする。 ツアーは入口で解散となるので、そこから改めて森の中を歩いて行くのだが、これが結構遠い。ちょっとカフェでランチとか気軽に考えていたのだが入口から10分くらい...
北海道屈指のパン工房 – bi.blé(ビブレ)でパンを買ってきた... 北海道で最も美味しい三つ星フレンチである札幌のモリエールや、美瑛にてミシュランガイドで一つ星を獲得している「アルペルジュ」など、北海道を代表するレストランを手がけているところが2014年に作った複合施設。 廃校になった小学校の敷地を活用して「北瑛小麦の丘」という名前の複合施設を作っている。敷地...
質の高い十勝ワインはここで手に入る。帯広の「ワインプラザ カワイ」へ行ってきた。... 去年もここで十勝ワインを買ったところ。北海道の十勝地方といえば古くからワイン生産をしているところで、ヴィンテージのワインなどもできてきている。観光客向けには手頃なジュースみたいなワインを出しているけれど、ちゃんとしたワインを飲んでみたいなと思って探し出したところ。 帯広競馬場からそれほど離れて...
蜷尾家甘味処(台南)のソフトクリーム... 台南で泊まっていた宿の斜め前にあって、11時の開店から夜に閉店するまで行列が絶えない店がある。なんの店なのだろうと思っていたのだが、どうもソフトクリーム屋さんみたいで、日本式であることが売りらしい。 前回来たときはあまりの行列に面倒くさくなりパスしていたのだが、今回はちょうど宿について荷物おい...
バニラエア(成田新千歳)搭乗記。そして成田空港第三ターミナルで朝食。... 初秋の旅は1年ぶりの北海道への旅。去年の旅では美瑛の方を見てまわることなく、泊まりたいホテルにもふられていたので今年はもう少し計画的に旅してみようかと思う。ただ、結論としてはずいぶんとのんびりした旅になったのだが。 去年の旅では、成田空港第三ターミナルが遠すぎることについて、さんざん文句を書い...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください