地元産のワインでも買おうかなあって、美瑛駅の近くにある酒屋さんに行ったら全然置いてなくて、ここならあるかなと立ち寄ってみたのが道の駅「丘のくら」というところ。JRの美瑛駅すぐ横にあって、列車で移動する人には便利なところのように思える。

その名前の通り、蔵のような建物は雰囲気がある。なかは観光案内所が併設されていて、ソフトクリームやちょっとした食事などを食べることもできるのだが、それほど魅力的なラインナップではない。とりあえず旅先で食べるソフトクリームが好きなので食べてみたのだが、フラノマルシェで食べたやつのほうが美味しかった。

お土産物は・・うーん。当たり障りのない配り土産を買い求めるにはいいかもしれないけれど、僕としてはそれなら、美瑛選果に行ったらもっと洗練された面白いお土産ものが沢山あるからそっちがいいなって思ってしまう。

駅に用事があれば、こちらの道の駅に来るのも悪くないとは思うけれど、普通に考えると美瑛の魅力は美瑛選果の方に集まっているなというのが実感としてある。地元産のワインもぜんぜんなかったし。

ということで、タイトルにもある通りであまりいっても仕方がないなと思えるところだった。列車で旅をしている人には便利かもしれない。

びえい「丘のくら」
住所:北海道上川郡美瑛町本町1丁目9−21
時間:9:00-17:00
休み:年末年始

Related Post

質の高い十勝ワインはここで手に入る。帯広の「ワインプラザ カワイ」へ行ってきた。... 去年もここで十勝ワインを買ったところ。北海道の十勝地方といえば古くからワイン生産をしているところで、ヴィンテージのワインなどもできてきている。観光客向けには手頃なジュースみたいなワインを出しているけれど、ちゃんとしたワインを飲んでみたいなと思って探し出したところ。 帯広競馬場からそれほど離れて...
十勝千年の森にある貴重な食事処「ガーデンカフェ ラウラウ」でのランチは残念... 十勝千年の森でセグウェイツアーに参加するとランチタイムまでかかってしまう。セグウェイツアーでも立ち寄ったカフェでランチを食べることにする。 ツアーは入口で解散となるので、そこから改めて森の中を歩いて行くのだが、これが結構遠い。ちょっとカフェでランチとか気軽に考えていたのだが入口から10分くらい...
おもちゃみたいなモコモコのソフトクリームは見た目だけじゃない美味しさ、広尾の「MELTING IN ... 週末とかのお休みになると観光している人で賑わう広尾界隈。そのなかで、やけに目立つのはおもちゃみたいなソフトクリームもって商店街を歩いている女の子たち。写真撮ったりしているけど、なんだあれ。やたらとかわいいじゃないかということで、大元をたどっていったらついたのはMELTING IN THE MOUTH...
豚丼だけじゃない!定番のとんかつが美味しい「十勝豚肉工房ゆうたく」でランチ。... 帯広へやってきたら、この街のB級グルメである豚丼を食べてみたいというのは旅行者の気持ちとしてわかる。 でも、すごく混んでいて有名店などは1時間以上待ちそうな行列ができている。そこまでして食べたい、または食べる価値があるものだろうかと考えると、そこまでじゃない。僕には肉ノ五右衛門で買った豚肉があ...
「道の駅たるみず」で足湯使ってひとやすみ... 霧島近くの栗野岳にある南洲館をあとにして、向かってみたのは大隅半島。薩摩半島と対をなすこの半島も相当に大きくて、今回はじめて足を踏み入れるエリアである。 秘境っぽイメージがあったのだけど、車で移動するには気持ちのいいドライブコースが続いていて、鏡のように穏やかな海ではカンパチの養殖をしている。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください