ディナーのレストランへ向かう前にぽっかり時間が空いてしまった。宿に戻るには遠すぎるし、ディナーの時間には早すぎる。そこで見つけたのが北工房という喫茶店。すごく居心地のいいところですっかり寛いでしまった。

自家焙煎珈琲店 北工房へのアクセス

JR美瑛駅から歩いて5-6分くらいのところにある。住宅街のなかにあって、いわゆる美瑛っぽさは全くないエリアだ。お店の前には車をとめるスペースがあるので車でアクセスすることもできる。

自家焙煎珈琲店 北工房について

一軒家のなかに喫茶店がある感じで、誰かの家にお邪魔したかのような雰囲気がある。木目調の店内は暖かみがあり、かかっている静かな室内楽もまた心地よい。夕方どきに訪れたので他にお客さんもいなく、のんびりと過ごすことができた。

必見なのは、お店の壁に埋め込まれている大きなスピーカーでここから流れてくる音楽はそれほど大きな音量ではないのに、くっきりと音が見えるように聞こえてくる。お店の方がこの家を改築するときに、まずスピーカーの位置から決めたと話しをしていたがすごくこだわっている。

コーヒーもすごくこだわっていて、かなり厳選している。強すぎず、香りを楽しめるコーヒーって意外とないものだけど、ちゃんと一杯ずつ丁寧にコーヒーを淹れて出してくれるのは、もはやサードウェーブという言葉が陳腐すぎて使えないくらいだ。当たり前のことをやっているだけという雰囲気がある。

話しをしてみると、このあたりの料理が美味しいオーベルジュやレストランなどにはだいたいここのコーヒー豆を卸しているみたいで色々とよく知っている。喫茶店で飲むコーヒーはかなり良心的な金額で、この値段で元がとれているのかなって思うのだが、卸の方がメインなのだろうな。それでいうと、とても贅沢で貴重な穴場のようなところなのかもしれない。

ロケーションがいいとか、窓からみえる風景がきれいとかそういうことはなくて、どこにでもありそうな喫茶店なのだけど、その雰囲気のよさは格別だ。美瑛にもこんなところがあるんだなあってちょっと嬉しくなった。これだけ美味しいコーヒー豆を提供してくれるところがあるのもまた美瑛のよさなのかもしれないな。

自家焙煎珈琲店 北工房
住所:北海道上川郡美瑛町栄町3-5-31
時間:10:00-18:00
休み:水曜日

Related Post

カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...
新しい蔵前カルチャーの拠点、Nui.はホステルだけど、ラウンジ利用も楽しいのです。... ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。 Nui.へのアクセス 浅草線の蔵前...
やはり那須にきたら「1988 CAFE SHOZO」に訪れたい。... 去年もちょうど晩秋の頃に訪れたShozo Cafeの黒磯本店。カフェブームが始まる前の1988年に黒磯の古いアパートの2階にオープンしていて、いまではすっかり全国区で有名な老舗カフェになっているけれど、オープン当初からであろう、この落ち着いた雰囲気は変わりがないような気がする。まわりがどんな評価をし...
中札内における拠点みたいなところ「道の駅 なかさつない」... 十勝で泊まっているフェーリエンドルフはレストランが併設されているけれど、貸別荘みたいなコテージにはキッチンがついているので自分で食材とかを買ってきて料理する方が楽しい。 なんといっても、中札内には豊かな食材があり、それらを集めて作るだけで豪華な感じがする。 2015年の訪問:中札内の道の...
Urth Caffe Daikanyama に行ってきた この春くらいに出来たUrth Caffeに、もう何度か行っているのだけど、たしかにラテとラテアートはうまいし、外のテラスは最高に気持ちがいいのだが、それ以上の印象はあまりないというところ。 まあ・・平日にランチ食べるにしては味もボリュームもないわりに高いよな。すぐそばのサブウェイの方がうまいサ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください