友人から美瑛に訪れたならば、ランチでいいから一度は訪れた方がいいとすすめられていたレストラン。

ミシュランガイドにも掲載されているこの店は人気店でランチはかなり前に予約しないと埋まっている。ディナーの方がまだ少し予約しやすいくらい。今回はディナーで訪れたのだが、アスペルジュとはまた違ったアプローチでの料理は絶品だった。

「オステリア・バローレ」へのアクセス

美瑛の市街地からはかなり離れていて、公共のアクセスはないので車、またはタクシーで行くことになる。美瑛駅からは20分くらい離れているので、タクシーの料金はかなり高くなりそう。お酒が楽しめないのは残念だが、今回は車で行ってノンアルコールで楽しんだ。

レストランへの入口は舗装されていない小道となり、夜だと街頭もなく真っ暗となる。森に囲まれているのでお店の明かりも外からは見えないので、カーナビを頼りにしてゆっくりと慎重にアクセスした方がいい。車の鍵を落としたらもう見つけられないんじゃないかというくらい真っ暗で本当にびっくりした。

「オステリア・バローレ」について

ランチは予約しないとまず入ることができず、ディナーは仕込みもあるので完全予約制。つまりは予約がないとここのレストランに行くことはほぼ不可能。

ディナーはいくつかのコースにわかれているのだが、一番手頃なものを選ぶことにした。スープ、季節野菜の盛り合わせ、パスタとメイン料理、そしてデザートがついてくる。ゆっくりと2時間くらいのコース。

写真撮影については料理のみとなっている。大きな一眼レフをテーブルに置いて構えて撮るとかはちょっと雰囲気壊しそうなので遠慮しておきたい。ここではコンパクトカメラくらいで記録を残すくらいで料理に集中する方が楽しいと思う。

料理は基本的に季節の素材を取り入れたものになっているみたいで、そのときどきで少しずつ違ってくるのだと思う。アスペルジュがフレンチで、バローレはイタリアンという違いはあるけれど、どちらも美瑛の素材をそれぞれの解釈で料理にしているのは見た目にも美しく、そして心から美味しいと思えるものだ。

スタートはトウモロコシを使ったスープで甘くて、身体にしみわたる美味しさ。そして、季節の野菜の盛り合わせはアスペルジュと似たような感じだけど、ソースなどのアプローチが異なっているのと盛り付けや野菜のセレクトにも違いがあり、どちらも食べていて見た目にも美しく楽しい。

トウモロコシのポタージュ

パスタは上品な盛り付けで量が少ないかなあと思わなくもないが、見た目にもきれいでこういうイタリアンもあるんだなって思えるものだ。メインの肉料理も盛り付けが印象的でジューシーさが抜群の美味しさ。僕は一瞬でこれを食べているけれど、仕込みには何倍もの時間がかかっているのだろうなって思わせる丁寧な一品だ。

デザートもまたきれいで美味しい。写真を撮りたいっていうのはよく分かるし、僕も撮ってしまいたくなる。この料理の思い出は見た目にもきれいだよなあ。

そしてなにより心に残るのはお店の人たちの接客だと思う。暖かみのあるお店の雰囲気もそうだし、料理を作っている人の説明やスタッフの接客が率直で気取らず、そして感じがよくて居心地のいい食事が楽しめた。

来てよかったなあってしみじみ感じるレストラン。アスペルジュよりも高いし、不便なところにあるけれどここまで来る価値はあると思う。

オステリア・バローレ antica osteria del Valore
住所:北海道上川郡美瑛町美沢共生
時間:11:30-15:00,18:00-22:00(ディナーは完全予約制)
休み:木曜日

保存

Related Post

豚丼だけじゃない!定番のとんかつが美味しい「十勝豚肉工房ゆうたく」でランチ。... 帯広へやってきたら、この街のB級グルメである豚丼を食べてみたいというのは旅行者の気持ちとしてわかる。 でも、すごく混んでいて有名店などは1時間以上待ちそうな行列ができている。そこまでして食べたい、または食べる価値があるものだろうかと考えると、そこまでじゃない。僕には肉ノ五右衛門で買った豚肉があ...
池袋の三馬力で馬肉づくし お店の外観 いまでは貴重になった生肉を食べるということを、手頃な価格で心ゆくまで堪能してきた。 熊本で買った肉乃橋本の馬肉もそうだけど、馬肉がこんなにもさっぱりしていて美味しいなんて、新しい価値観を発見した気分だ。 お店の場所は池袋駅からはちょっと歩くのだが、すごい怪しいエリアで...
【移転】BISTRO GYORAN 魚籃で食べるジビエの味... ジビエが得意な魚濫坂にあるビストロに行ってきた。女子会的なもののアレンジで行ったのだけど(注:僕は男性です)、店内は僕以外すべて女性だった・・。 ということで、女性向き、女子会向けなお店なのだと思う。 店内はカウンターメインでテーブル席は奥の方にひとつあるだけなので、大人数での利用には向...
San Kabar Restaurant & Pub(バガン)はちょい飲みに最適... からっとしているけれど、だらだらと暑いバガンのお昼時からのんびりビールを飲んだりできるイタリアン レストラン。 メニューのラインナップはイタリアンなのだが、とりあえず便宜的という感じでミャンマー料理もおいてある。 が、これはいまいちだった。 無難なのはピザあたりなのだが、これもまあ...
橋底辣蟹は大人数で行けば楽しい 中華料理って大人数でいった方が楽しい。ということで、今回の旅では現地集合の旅だったので夕食に選んだのは橋底辣蟹。 場所は香港島の灣仔エリアで地下鉄の銅鑼湾駅から歩いてすぐのところ。もともとは橋の下にあるお店だったということで店名だけは残っているけれど、いまは陸地にあがってきて立派なお店になって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です