美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。

今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいように整備されていて便利になっていた。美しい風景は変わることがなく、美瑛で訪れる価値がある場所という点においては変わりがない。

「青い池」へのアクセス

美瑛の市街地からはだいぶ離れていて、上富良野の方へ南に進んだところにある。車がないとアクセスすることはかなり難しい。駐車場は整備されていて、普通車であれば100台くらい入るのでよほどピークの状態でなければ入ることはできる。駐車場からは砂利道が整備されているが、車いすだと厳しいと思う。フラットな公園の小径みたいな感じのところを5分ほど歩く。現在は道順が一方通行に整備されていて混雑緩和がはかられている。

「青い池」について

前に訪れたときは早朝で、光の加減から青さが薄いと思ったのだが、今回はお昼くらいに訪れたところだいぶ濃い碧をみることができた。晴れた日よりも曇り空の方が美しいかもしれない。青い池は自然災害対策で造られた、ため池で横にある川との間にコンクリートの堤防がつくられている。

川に含まれているアルミニウムの成分が化学反応を起こして水が青く見えるということだが、ちゃんと科学的には解明していないみたいだ。確実なのはこの池につかった白樺の木は立ち枯れしていて、池には生物が棲んでいる形跡がみえないということ。この立ち枯れた木が幻想的な風景をつくりだしている。

今回は曇り空のときに訪れたこともあり、水面の青さが増してみえた。世界的に人気が出ているみたいで、色んな言葉が飛び交っているが、みんな見入っている感じがある。美瑛観光のハイライトのひとつだと思う。

いつ来てもきれいだと思うが、静かに楽しみたいときには早朝がいいし、強い青色をみたい場合には日があがってからの方がいいように思える。冬場はライトアップされているみたいだが、さらに美しいのだろうな。

Related Post

美瑛のコーヒー文化を支えているところ。「自家焙煎珈琲店 北工房」で夕方の時間を過ごす... ディナーのレストランへ向かう前にぽっかり時間が空いてしまった。宿に戻るには遠すぎるし、ディナーの時間には早すぎる。そこで見つけたのが北工房という喫茶店。すごく居心地のいいところですっかり寛いでしまった。 自家焙煎珈琲店 北工房へのアクセス JR美瑛駅から歩いて5-6分くらいのところにある...
中之条ビエンナーレ2013(沢渡編) すっかり秋めいてきた群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観てきた。 六合~暮坂と進んで、中之条エリアの手前にある沢渡エリアに立ち寄る。沢渡では、暮坂峠から降りてきて最初のスポットである蛇野と、そこから中之条へと向かう途中にある丸伊製材所に行った。 沢渡の棚田...
香港の珍名所、萬沸寺参拝 香港でカルト的な人気を誇っている萬沸寺。写真をみせてもだいたいは「まあ・・面白そうなところだよね」という反応で終わるわけだ。 しかし、ホーチミン シティでは狂ったディズニーランドともいわれているスイティエン公園にも行き、この香港の珍名所ともいえる場所へ行ってみることにした。ちなみに、数年前にも...
ルアンパバンのナイトマーケット 東南アジアだと、どこの町でもやっている気がするナイトマーケット。毎日やっている夏祭りみたいで好きなのだけど、ここのナイトマーケットはかなり観光よりな感じで地元の人がそぞろ歩きしている感じはない。たぶん、早寝なんだろうな。 夕方くらいになると、王宮前の道が歩行者天国になってちょっとずつテントが張...
中之条ビエンナーレ2013(中之条編) 芸術の秋なので、それに乗り遅れるわけにはいかない。ということで、中之条ビエンナーレをみてきた。都心からみえて最も遠い六合エリアから順にまわってきて2日目最後は中之条エリアへ。 この、中之条ビエンナーレを見に来る人たちは、だいたいここからはじまるので、僕は逆から順番に辿っていった。 そして...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください