美瑛というところは、どこを切り取っても絵になるところで美しい。有名どころもあればそうじゃないところもあるが、今回の旅で写真をとってきたポイントをいくつかまとめてみたい。

僕は美瑛に詳しいわけじゃないし、風景写真にすごくこだわっているわけじゃないけれど、参考になればいいなと思う。

ジェットコースターの路とその周辺

美瑛ではなく、その南側にある上富良野町にあるエリア。国道から横道に入ったところにあり、数キロに渡り一直線の道が丘を通り抜けている。端から眺めるとその道路のアップダウンはジェットコースターみたいだ。運転していて結構楽しい道。

道路の沿線上や、この道に至るまでの周辺は眺めのよい場所が沢山あって、とくに大雪山を望む風景が美しい。雨上がりに通りと丘の端から端まで虹がかかっているのがみえて幻想的。

セブンスターの木

僕のなかでは、美瑛の丘の風景といえばというくらい好きな場所。美瑛の丘にあるカシワの木でこの写真を撮った裏側には広々とした駐車場もある有名な観光地。セブンスターという煙草のパッケージに使われたことからこの名前になったらしい。

名前は微妙だけど、ここから眺める風景は絶景。このあたりは畑の農作物が区分されていて「パッチワークの路」とも呼ばれている。遠く十勝岳も望めるところで朝霧の風景も昼間の風景も美しい。美瑛に来たら一度はみておいて損はない。

マイルドセブンの丘

今回泊まったスプウン谷のザワザワ村からも近くにあるカラマツの林。ここも煙草のプロモーションに使われて有名になった場所のようだ。いまでは信じられないが、昔はタバコ業界に広告予算がすごく使われていたんだなあと思わせるネーミング。

午後に訪れると逆光になるのだが、それでもこの木々のシルエットは美しくいい風景だなあって思う。車でアクセスする場合、駐車場はなくて丘の細い道の路肩にとめる感じになるので長時間とめることはできない。

北西の丘展望公園

白いピラミッド型の展望台が特徴的な公園。この展望台からは丘陵地帯の全景や十勝岳連峰が一望できる。このピラミッド型の展望台はザワザワ村からも見えてなんだろうかと思っていて、今回はじめて行ってみた。

ここでも驟雨というかサーッとした雨に降られたのだが、そのあと見えた大きな虹や、展望台からみえる十勝岳は雲間の光がカーテンみたいに流れていて幻想的。これを天使の梯子というのかと始めて知った。

新栄の丘展望公園

パノラマロードエリアで最も夕陽の美しい場所の一つなのだが、訪れたタイミングでは雨に降られて夕陽は見えず。雨が降っても雰囲気のある風景って沢山あるけれど、この丘は晴れたときに来た方が圧倒的に美しいだろうなあって思えるところだ。

ビブレ

ビブレは美瑛にできたグルメスポットのひとつ。ここから眺める美瑛の丘の風景もまた美しい。レストランや宿泊の部屋は南向きになっていて、とくに夕陽が美しく見えそうな感じがする。パンを買いに訪れたとき、ここからの風景を眺めてハッとするくらいに美しい。

ただ、泊まりたいかといわれると駐車場からレストランへの導線が部屋のすぐ下を通るのでちょっと騒がしそうだなという感じがあるのと、レストランもちょっとお店の雰囲気とはそぐわない殺伐感があるので食事をするために長時間いたいとは思えない。結論、パンを買いにちょこっと遊びに来るくらいがちょうどいいんじゃないかと思う。

今回泊まった、ちょっと変わった美瑛の宿からみえる丘の風景もまた美しいものだった。ちょうど丘の谷あい部分にあるので周囲を丘に囲まれている立地になる静かな場所。テラスにぼけーっとして流れる雲を眺めたりしていた。

この世界にこんな風景があって自分がその一部に属しているのかと思うとちょっと楽しくなるような場所だ。宿泊客じゃないとアクセスできない、特別な風景を楽しめるのもこの宿に泊まる価値だと思う。

そう、ここに泊まってしまうとあまり他の場所を見てまわらなくなってしまうのだ。なので、あまり見てまわらなかったのだけど、美瑛という場所はどこを切り取っても美しいところだよなあって思う。

Related Post

コパカバーナビーチを散歩 はじめてこのビーチについたとき「ついにやって来たー」っていう感慨と、時差ボケの眠さとの戦いだった。 コパカバーナの海岸は4キロに渡って続いていて、東端はレメ・ビーチといわれている。 なんとここも世界遺産「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」に含まれているらしい。 海岸...
二ヶ領用水(川崎)の桜並木をみてきた 関東圏の花見シリーズ、最近になって話題になってきている二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)の桜をみてきた。江戸時代に多摩川から引き込んだ用水路で南武線の登戸駅から宿河原駅の間くらい。 みどころは宿河原駅にほど近いところにある。あたりは普通の住宅地で南武線が通っているので桜と南武線という組み合わせをなが...
東京下町の穴場的存在、浅草の山谷堀公園でお花見... 浅草の北側から隅田川にかけて直線的に公園があり、ここはもともと江戸時代に隅田川と吉原を結ぶ運河が通っていてかつてはこの水路を通って吉原へ遊びに行くのが粋だったらしい。 いまでは下町の風景で、水路は暗渠になって上が公園になっている。そんなに人通りが多いわけではなく目立って美しいところというわけで...
ある冬の週末小旅行 週末に森美術館でやっていたPEANUTSの原画展「スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること」を観に行くがてら、浜松町から六本木までぶらぶらと散歩しながら行ってみた。週末の東京小旅行的な感じ。 まずは、芝公園にある「ル・パン・コティディアン(Le Pain Quotidien)」というパン屋さん...
小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください