美瑛というところは、どこを切り取っても絵になるところで美しい。有名どころもあればそうじゃないところもあるが、今回の旅で写真をとってきたポイントをいくつかまとめてみたい。

僕は美瑛に詳しいわけじゃないし、風景写真にすごくこだわっているわけじゃないけれど、参考になればいいなと思う。

ジェットコースターの路とその周辺

美瑛ではなく、その南側にある上富良野町にあるエリア。国道から横道に入ったところにあり、数キロに渡り一直線の道が丘を通り抜けている。端から眺めるとその道路のアップダウンはジェットコースターみたいだ。運転していて結構楽しい道。

道路の沿線上や、この道に至るまでの周辺は眺めのよい場所が沢山あって、とくに大雪山を望む風景が美しい。雨上がりに通りと丘の端から端まで虹がかかっているのがみえて幻想的。

セブンスターの木

僕のなかでは、美瑛の丘の風景といえばというくらい好きな場所。美瑛の丘にあるカシワの木でこの写真を撮った裏側には広々とした駐車場もある有名な観光地。セブンスターという煙草のパッケージに使われたことからこの名前になったらしい。

名前は微妙だけど、ここから眺める風景は絶景。このあたりは畑の農作物が区分されていて「パッチワークの路」とも呼ばれている。遠く十勝岳も望めるところで朝霧の風景も昼間の風景も美しい。美瑛に来たら一度はみておいて損はない。

マイルドセブンの丘

今回泊まったスプウン谷のザワザワ村からも近くにあるカラマツの林。ここも煙草のプロモーションに使われて有名になった場所のようだ。いまでは信じられないが、昔はタバコ業界に広告予算がすごく使われていたんだなあと思わせるネーミング。

午後に訪れると逆光になるのだが、それでもこの木々のシルエットは美しくいい風景だなあって思う。車でアクセスする場合、駐車場はなくて丘の細い道の路肩にとめる感じになるので長時間とめることはできない。

北西の丘展望公園

白いピラミッド型の展望台が特徴的な公園。この展望台からは丘陵地帯の全景や十勝岳連峰が一望できる。このピラミッド型の展望台はザワザワ村からも見えてなんだろうかと思っていて、今回はじめて行ってみた。

ここでも驟雨というかサーッとした雨に降られたのだが、そのあと見えた大きな虹や、展望台からみえる十勝岳は雲間の光がカーテンみたいに流れていて幻想的。これを天使の梯子というのかと始めて知った。

新栄の丘展望公園

パノラマロードエリアで最も夕陽の美しい場所の一つなのだが、訪れたタイミングでは雨に降られて夕陽は見えず。雨が降っても雰囲気のある風景って沢山あるけれど、この丘は晴れたときに来た方が圧倒的に美しいだろうなあって思えるところだ。

ビブレ

ビブレは美瑛にできたグルメスポットのひとつ。ここから眺める美瑛の丘の風景もまた美しい。レストランや宿泊の部屋は南向きになっていて、とくに夕陽が美しく見えそうな感じがする。パンを買いに訪れたとき、ここからの風景を眺めてハッとするくらいに美しい。

ただ、泊まりたいかといわれると駐車場からレストランへの導線が部屋のすぐ下を通るのでちょっと騒がしそうだなという感じがあるのと、レストランもちょっとお店の雰囲気とはそぐわない殺伐感があるので食事をするために長時間いたいとは思えない。結論、パンを買いにちょこっと遊びに来るくらいがちょうどいいんじゃないかと思う。

今回泊まった、ちょっと変わった美瑛の宿からみえる丘の風景もまた美しいものだった。ちょうど丘の谷あい部分にあるので周囲を丘に囲まれている立地になる静かな場所。テラスにぼけーっとして流れる雲を眺めたりしていた。

この世界にこんな風景があって自分がその一部に属しているのかと思うとちょっと楽しくなるような場所だ。宿泊客じゃないとアクセスできない、特別な風景を楽しめるのもこの宿に泊まる価値だと思う。

そう、ここに泊まってしまうとあまり他の場所を見てまわらなくなってしまうのだ。なので、あまり見てまわらなかったのだけど、美瑛という場所はどこを切り取っても美しいところだよなあって思う。

Related Post

篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...
中之条ビエンナーレ2013(伊参編) 世の中では芸術の秋みたいなので、僕は中之条ビエンナーレを観に行ってきた。六合~暮坂~沢渡~四万温泉と移動して、民宿中村屋で一泊。翌朝は伊参エリアからスタート。 ちょっと小雨が降る天候だったのだが、山深い伊参ではそれが幻想的な雰囲気を作っている。朝イチで行ったので、まだあまり人もいない。 ...
清水寺の紅葉は2020年までおあずけという感じ... この京都旅行は2016年に行ったものなのだが、たしかに一部で修繕工事をしていた記憶がある。そして、この旅のあと2017年2月からは本堂を覆う本格的な修復工事に入ったみたいで、現在はすっぽりと覆いに被さっているらしい。 工期は2020年までかかる大規模な工事とのことで、覆いが被さった清水寺の風景...
水戸の偕楽園で梅を愛でて、ゆるキャラに絶句する... 鹿島から国道を北上して水戸までやってきた。ちょうど梅が咲いている時期だったこともあり、偕楽園へ行ってみることにする。都市にある公園ではセントラルパークに次ぐ敷地で、岡山の後楽園、金沢の兼六園とともに日本三大名園として有名。 偕楽園へのアクセス 梅の時期には常磐線が特急などもふくめて目の前にある偕...
ルアンパバンから夕陽をながめるならメコン川岸がおすすめ... ルアンパバンって夕陽がきれいな町でメコン川のかなたに沈んでいく夕陽とか、だんだんと紫色にそまっていく古い町並みとかをみるのがいい。ああ・・こうやって時間は流れているんだなって思ったりする。 ガイドブックでは旧市街の真ん中にあるプーシーの丘に登って眺めるのをおすすめされるのだけど、もはや大混雑過...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください