広尾を散歩しているときって、祥雲寺の境内を歩いていることが多くて広尾商店街の端っこの方は見逃していた。ひさびさに歩いてみたらイタリアンがあったのでランチに入ってみることにした。表通りのまっとうなイタリアンという感じ。

ACQUAVINO (アクアヴィーノ)へのアクセス

広尾駅から商店街を通り抜けたところにある。地下は有名な老舗イタリアンであるアクアパッツァ。ここはその支店となる。ハンバーガーで有名なHomework’sを通りすぎ、広尾のカレーのすぐ横にある。駅から歩いて5分もしないくらいかなあ。表通りの路面店でテラス席もあるので季節がよければ気持ちがいいかもしれない。ただ、抜け道になっているので車の通りは案外ある。

ACQUAVINO (アクアヴィーノ)について

平日のランチに訪れたら地元のご婦人の社交場になっているのか、やたらと女性の割合が高かった。場所がわかりやすいイタリアンということになると、こういう客層になるのかもしれない。

ランチはサラダ(またはスープ)とメインがついて1,000円という広尾の表通りのお店にしてはコストパフォーマンスがいい方ではある。コーヒーをつけるといきなり値段があがるけれど、出てくるものはごく普通なので、他のカフェで飲んだ方がいいかもしれない。

僕はスープを選択したのだが、これはちゃんとしていて美味しかった。自称フォカッチャみたいなパンが出てきたのだが、消しゴムみたいな感じで食べるよりも画材用の食パンにした方が便利そうな感じがする。少なくとも僕にはこれがフォカッチャであるというのは食べきってもよくわからなかった。こういうパン、たまに機内食で出てくる。

スープ
自称フォカッチャ

メインは定番なのはラザニアみたいでまわりの人たちも結構食べている。これはそこそこボリュームがあって美味しいけれど無難な感じがするな。ただ、ランチに食べる料理としてはこれを選んでおけば間違えがないかもしれない。

自分の意見に自信がもてず、牛肉のタリアテッレを頼んでみたこともあるのだが、追加料金を払うほどの感じはなかった。まずいわけではないけれど、通いたいということではない。とりあえず出てきたものを食べられるという感覚がある。

無難なラザニア
タリアテッレ、麺は美味しい

わかりやすい立地や開放的な店内という感じからは、カジュアルなビジネスランチに利用するくらいがいいかもしれない。ただ、隣との席幅はかなり近いので、会話の内容はお店の雰囲気同様にたわいもないくらいが無難だな。接客については、このくらいのお店ならばこんなものかなというくらい。期待をしてはいけない。

好き嫌いが多い人との食事とか、どうしようもない仕事の会食とかに利用するお店だなあというところ。すごく無難なイタリアンレストランだ。しかし、アクアパッツァの支店シリーズであれば指宿にあるフェニーチェの方が全てにおいて断然楽しいランチだった。

ACQUAVINO (アクアヴィーノ)
住所:東京都渋谷区広尾5-17-10
時間:11:30-15:00,17:00-23:00(土日祝11:30-23:00)
休み:月曜日、年末年始

保存

Related Post

「あづみ野ごはん 風ゆら」でランチ 穂高駅で安曇野に住んでいる友人と合流。ランチを食べようと向かったのは犀川沿いにあるレストラン。地元の人たちのなかでは有名みたいで、オープン前から人がならんでいてびっくりした。ランチは予約ができないので、オープンちょっと前に来てならぶらしい。 友人曰く、来るときには「また、"風ゆら"かあ・・って...
恋する豚研究所でランチを食べる 前回に訪れたときはそのネーミングの強烈さに驚いた「恋する豚研究所」。 成田空港の近くにあって意外な穴場なのだが、最近は近くの道の駅や高速道路のサービスエリアでも、商品をみかけるようになってきてちょっと嬉しい。 ひさびさに、そして今回こそはランチを食べてみることにした。前に来たときよりも確...
ヨシカミ浅草店 – 古き伝統的な洋食... 僕にとって、浅草とは洋食の街だなあ・・と思っていて、フジキッチン、モンブランに並ぶ有名店であるヨシカミの浅草店(もう一店舗はなんと羽田空港にある)。 場所はつくばエクスプレス浅草駅にほど近いところにあって、浅草観光にも便利じゃないかと思う。人力車のお兄さんが「ここはむちゃくちゃ混んでい...
長白小館 – 絶品酸菜白肉鍋(辛くない火鍋)... おしゃれな頂好(ディンハオ)エリアを歩いていて、そろそろ夕食時か・・ということになったら、僕なら迷わずここのお店に向かいます。ダッシュで。 お店は大通りからちょっと裏に入ったところにあるのだけど、看板が目立つのでだいたいの場所分かっていれば迷うこともなくお店まで行けるはず。地元でも人気...
モナリザ恵比寿でのランチ夏編 ひさびさのモナリザ恵比寿でのランチ。というか、僕にとって5,000円のランチなんてそうそう行くようなところでもないのだけれど。 しかし、それにしても変わらずのモナリザのランチのクオリティ。ひと言であらわすならば「乙女感のあるランチ」だったなあ。だって、花が散らしてあったりするんだぜ・・。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください