ときどき無性に食べたくなるのがカレーうどん。自分の欲望に抗うことは難しい。目黒にある「こんぴら茶屋」の名物メニューはカレーうどんで、目黒あたりでちょっと軽く食事したいなあというときに思いつくお店のひとつ。ランチタイムから夜遅くまで通しで営業しているのも便利なところ。

こんぴら茶屋へのアクセス

目黒駅から徒歩数分のところにある。JRの駅からは目黒通りを渡って反対側にあり、東急目黒線からの方がアクセスしやすい。すぐ近くにはクラフトビールが飲める「目黒リパブリック」もあり、「ビール飲んだらシメにうどん」というのもまた楽しい。

こんぴら茶屋について

「こんぴら」という看板をあげていることからわかるとおり、讃岐うどんのお店。太めでしっかりとしたコシがある麺は食べ応えがある。モチモチというより、コシがしっかり!という感じ。

ここの名物はなんといっても「牛かれーうどん」で、カレーうどん専用に出汁をとって濃厚なカレーを作り出している。

カレーにも小麦粉を使っているためなのか、しっかりとした麺もふくめて見た目以上に食べた感覚がある。薄切りにした牛肉が入っていて、これもまた美味しい。牛肉のカレーってちょっと贅沢だよなと思ってしまう。うどんもカレーもシンプルに定番なものを突きつめていて誰が食べても満足できるはず。

ほかのうどんも気になるところだが、カレーうどん好きであれば、ここのは一度食べておいて損はない。

こんぴら茶屋
住所:東京都品川区上大崎3-3-1 坂上ビル 1F
時間:11:00-25:00(土日祝23:30)
休み:きっと不定休

保存

Related Post

丸香のうどんは都内屈指の名店 もし、ランチタイムに神保町へ来ることがあれば、それが仕事中でも旅行中でもすこし時間を作って立ち寄ってみてもらいたいのが丸香のうどん。 讃岐うどんのスタイルなのだが、これだけ細部まで手抜きなくどこまでも美味しいのは本当にすごい。何度行っても飽きないものな。 いつ行っても並んでいるのが残念な...
痺れるほどに美味い四川料理は目黒にあり。「龍門」で堪能してきた。... 世界三大料理である中華料理のなかで、四川料理はもっともメジャーなもののひとつである。北京、上海、広東、四川を並べて中華四大料理と呼ぶらしい。 そのなかの四川料理は旨くて辛いイメージが強くちょっと敬遠してしまいがちだが、目黒にある龍門の四川料理は山椒のぴりっとしたスパイスが効いていて、これはこれ...
ここのカレーうどんは一度食べた方がいい。白金の「このむ」でのランチはすごく美味しい。... 群馬県産の食材をつかった料理が自慢のお店。ちょっと立地が悪いところにあるけれど、ランチでさえもわざわざやって来る価値があると思えるくらい素敵な店だと思う。 なんといっても、ここの名物であるカレーうどんは、いままで食べたカレーうどんが過去のものなってしまうくらい衝撃的に美味しい料理だった。 ...
新橋のランチで人気の稲庭うどんを食す... 新橋でランチといえば、駅前ビルにすいこまれてしまうのだが、そのなかでぶっちぎりに行列しているお店が二階にある「稲庭うどん 七蔵」。エスカレーターをあがっていつもこの行列をみては「おれの空腹はこの並びに耐えられぬ」と、すぐ近くで比較的空いている「ビーフン東」へと行ってしまう。 しかし、先日ちょっ...
祇園「おかる」のカレーうどんは懐かしい味... 友人から「おかるでカレーうどんです」という指令をうけて食べてきたところ。なんだか新宿の歌舞伎町をうんと小さくしたような祇園の一画で深夜まで営業しているうどん屋さん。 夜の仕事のお姉さんとかが出勤前や出勤後に立ち寄ったりするお店でもあるみたい。店内にはちらほらと夜のお仕事の人たちがいて、のんびり...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です