世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)へのアクセス

市ヶ谷駅から麹町方面へ坂道をあがった途中にある。駅からそれほど離れていないけれど、駅前というには少し遠い距離。まわりはオフィス街で大手資本のチェーン店などが多いなかで貴重な存在だと思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)について

オーストラリアでオーガニックな環境で育てられたコーヒー豆を厳選して焙煎とブレンドをしている。コーヒーだけではなく紅茶もメニューにあり、これもちょっと気になるところだ。

シングルオリジンはスペシャリティコーヒーとして一杯ずつ淹れたものが出てくるようだけど、通常のショートブラックは保温された状態になっているのですぐ出てくる。それはそれで美味しい。

コーヒーは結構強めの焙煎になっていて、酸味よりもコーヒー豆のもっている強みをかなり感じるブレンドになっているが、スターバックスの「苦ければいいんでしょ」とはちょっと違う強さだなって思う。

店内はかなり狭くて座席はあるけれどイートインという表現が正しいくらいで、のんびりと寛ぐというよりかはちょっとコーヒー飲んで待ち合わせの時間を調整するとか、あるいはテイクアウトするというのがいいんだと思う。

フード類も意外なほどに充実しているので気になるところだ。木のぬくもりを感じる店内のインテリアはバイロンベイっぽさがあるし、店員さんもフレンドリー。なんだかオフィス街で殺伐とした雰囲気もある市ヶ谷あたりにおいては美味しいコーヒーを楽しめる貴重な存在だよなって思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)
住所:東京都千代田区五番町4-2
時間:月-金8:00-18:00,土10:00-18:00
休み:日祝 ※時期により営業時間等は変動あり。

保存

Related Post

Le Café Ban Vat Sene はルアンパバンでもっとも居心地いいカフェ... 今回のルアンパバン旅で一番の発見だったのは、このカフェを見つけたことだなって思う。フレンチコロニアルな建物は雰囲気あるし、デザートは美味しいし、なにより朝から深夜まで営業時間が長いのがいい。 托鉢をみたあとに朝食をとるのもいいし、夜寝る前に少しここでクールダウンして一日の旅を振り返るのもまたい...
浅煎りコーヒーが東京でもっとも美味しいカフェのひとつ。神保町の「GLITCH COFFEE&... 台南にあるコーヒーマニアな道南館の人たちと話をしていて、東京で浅煎りのコーヒーを楽しむなら神保町のグリッチが一番いいよねっていうことで意見が一致したことに驚いた。道南館のオーナー夫妻は東京のコーヒー店を歩き回りグリッチが一番印象に残っているらしい。 僕もここのエチオピアの浅煎りコーヒー飲んだと...
「Cafe Hermosa 艾爾摩莎」台南の裏路地にひっそりとある居心地のいいカフェ... 台南らしい雰囲気のいい裏通りにあるカフェはスペイン語でHermosa(美しい)を意味する店名。小さいながらも台南らしい美しさがあり、居心地のよさがある隠れ家のようないいカフェだった。 スペイン料理店とのことで、スペイン料理も出すレストランなのだがコーヒー一杯でも気兼ねなく入れてのんびりできるの...
Paper St. Cafeはバリスタのいるストイックなカフェ... 華山1914のすぐ近くにある洗練されたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。 午前中のオープン直後に行ったのでお客さんはいなくてのんびりできた。バリスタの人がいて焙煎する豆を選別している。 かな...
專治口渴のカラフルなドリンクは見た目に美しそう... 台南旧市街を南北に通る海安路にある小さなドリンクバー的なお店。カウンターはあるものの、基本的には持ち帰り専門店。 夜遅くまでやっていて、お店のまわりにはビアガーデンのようなお店も多いので、夕食をビアガーデンで楽しんだあとに、ここでお茶とか買ってぶらぶら散歩するというのが楽しい。 ここでの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください