世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)へのアクセス

市ヶ谷駅から麹町方面へ坂道をあがった途中にある。駅からそれほど離れていないけれど、駅前というには少し遠い距離。まわりはオフィス街で大手資本のチェーン店などが多いなかで貴重な存在だと思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)について

オーストラリアでオーガニックな環境で育てられたコーヒー豆を厳選して焙煎とブレンドをしている。コーヒーだけではなく紅茶もメニューにあり、これもちょっと気になるところだ。

シングルオリジンはスペシャリティコーヒーとして一杯ずつ淹れたものが出てくるようだけど、通常のショートブラックは保温された状態になっているのですぐ出てくる。それはそれで美味しい。

コーヒーは結構強めの焙煎になっていて、酸味よりもコーヒー豆のもっている強みをかなり感じるブレンドになっているが、スターバックスの「苦ければいいんでしょ」とはちょっと違う強さだなって思う。

店内はかなり狭くて座席はあるけれどイートインという表現が正しいくらいで、のんびりと寛ぐというよりかはちょっとコーヒー飲んで待ち合わせの時間を調整するとか、あるいはテイクアウトするというのがいいんだと思う。

フード類も意外なほどに充実しているので気になるところだ。木のぬくもりを感じる店内のインテリアはバイロンベイっぽさがあるし、店員さんもフレンドリー。なんだかオフィス街で殺伐とした雰囲気もある市ヶ谷あたりにおいては美味しいコーヒーを楽しめる貴重な存在だよなって思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)
住所:東京都千代田区五番町4-2
時間:月-金8:00-18:00,土10:00-18:00
休み:日祝 ※時期により営業時間等は変動あり。

保存

Related Post

凰商號でパイナップルざんまい 台南で台湾産の質の高いパイナップルをつかったスイーツやお茶を楽しめるお店。暑い昼下がりにいくのがおすすめ。生き返る爽やかな甘みはいま思い出してもじわじわと幸せな気分になるくらい。 凰商號へのアクセス 杏本善と同様に正興街のすぐ側の西門市場にはいっている。杏本善からもすぐそばのところ。休日...
CHE MY 2(チェー ミー ハイ)でベトナムスイーツ... 外観 日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。 いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。 そのときはなに食べている...
Bloom Caféはプノンペンでは古めかしいカフェだけど落ち着ける... プノンペンで涼しくゆっくりと過ごせるカフェのひとつ。普通の邸宅のようでもあり、ちょっと不思議な感じなラウンジみたいな空間はプノンペンらしいといえばそうかもしれない。 あえてここまで来るかといわれると微妙なところだが、近くを通りかかれば立ち寄ってみるのもいいと思う。 Bloom Caféへ...
西門町芒菓冰 – 普通においしいマンゴーかき氷... 西門あたりを散歩していて、マンゴーかき氷の有名店と書いてあったので、立ち寄ってみた。 西門の繁華街からは外れているけれど、前に泊まったサービスアパートとか、足裏マッサージの足満足とかはかなり近い。なんで、前に来たときに何度も前を通っていたのに、なんで気がつかなかったんだろう。 ということ...
窄門咖啡(Narrow Door Cafe)ふたたび 台南という枠にとらわれずに世界中で行ったなかで好きなカフェのひとつ。建物への変なアクセス方法やそして、店内のゆったりとした雰囲気。通り抜ける風とか全てが心地よい。 前回の訪問:窄門咖啡 Narrow Door Cafeはフォトジェニックで時間を忘れて過ごせるカフェ 窄門咖啡(Narrow...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください