世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)へのアクセス

市ヶ谷駅から麹町方面へ坂道をあがった途中にある。駅からそれほど離れていないけれど、駅前というには少し遠い距離。まわりはオフィス街で大手資本のチェーン店などが多いなかで貴重な存在だと思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)について

オーストラリアでオーガニックな環境で育てられたコーヒー豆を厳選して焙煎とブレンドをしている。コーヒーだけではなく紅茶もメニューにあり、これもちょっと気になるところだ。

シングルオリジンはスペシャリティコーヒーとして一杯ずつ淹れたものが出てくるようだけど、通常のショートブラックは保温された状態になっているのですぐ出てくる。それはそれで美味しい。

コーヒーは結構強めの焙煎になっていて、酸味よりもコーヒー豆のもっている強みをかなり感じるブレンドになっているが、スターバックスの「苦ければいいんでしょ」とはちょっと違う強さだなって思う。

店内はかなり狭くて座席はあるけれどイートインという表現が正しいくらいで、のんびりと寛ぐというよりかはちょっとコーヒー飲んで待ち合わせの時間を調整するとか、あるいはテイクアウトするというのがいいんだと思う。

フード類も意外なほどに充実しているので気になるところだ。木のぬくもりを感じる店内のインテリアはバイロンベイっぽさがあるし、店員さんもフレンドリー。なんだかオフィス街で殺伐とした雰囲気もある市ヶ谷あたりにおいては美味しいコーヒーを楽しめる貴重な存在だよなって思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)
住所:東京都千代田区五番町4-2
時間:月-金8:00-18:00,土10:00-18:00
休み:日祝 ※時期により営業時間等は変動あり。

保存

Related Post

カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...
昭和が丸ごと残っているかのような立石のルミエールで待ち合わせをする... 夕方近くから飲める街である立石で待ち合わせをするにはうってつけのところが立石仲店商店街にあるカフェ・ルミエールという喫茶店。 もう昭和がまるごと残っているかのようなところで、全席喫煙可能なのとお手洗いも昭和仕様なのをのぞけば最高に雰囲気があっておもしろいところだ。 商店街のなかにお店が...
Urth Caffe Daikanyama に行ってきた この春くらいに出来たUrth Caffeに、もう何度か行っているのだけど、たしかにラテとラテアートはうまいし、外のテラスは最高に気持ちがいいのだが、それ以上の印象はあまりないというところ。 まあ・・平日にランチ食べるにしては味もボリュームもないわりに高いよな。すぐそばのサブウェイの方がうまいサ...
神楽坂のMojo Coffeeは夕方の時間も居心地がよかった... 数年前にニュージーランドからひっそりとやってきたモジョコーヒーへ久々に行ってきた。神楽坂で朝からやっている貴重なカフェで、ニュージーランド版ラテともいえる「フラットホワイト」のコーヒーが美味しい。 朝の訪問:Mojo Coffee(神楽坂)でゆったりとした朝の時間を過ごす Mojo Co...
京橋のデンマーク・ザ・ロイヤルカフェテラスで朝食はおすすめ... 東京メトロの京橋駅に隣接するビルにあるデンマーク・ザ・ロイヤルカフェテラスで朝食をする機会があったのだが、オフィスビルに併設されているカフェとはいえ、ちゃんとしていて朝から充実した時間を過ごすことができた。 アクセス 東京メトロ銀座線の京橋駅に隣接している東京スクエアガーデンにあるので、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください