世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)へのアクセス

市ヶ谷駅から麹町方面へ坂道をあがった途中にある。駅からそれほど離れていないけれど、駅前というには少し遠い距離。まわりはオフィス街で大手資本のチェーン店などが多いなかで貴重な存在だと思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)について

オーストラリアでオーガニックな環境で育てられたコーヒー豆を厳選して焙煎とブレンドをしている。コーヒーだけではなく紅茶もメニューにあり、これもちょっと気になるところだ。

シングルオリジンはスペシャリティコーヒーとして一杯ずつ淹れたものが出てくるようだけど、通常のショートブラックは保温された状態になっているのですぐ出てくる。それはそれで美味しい。

コーヒーは結構強めの焙煎になっていて、酸味よりもコーヒー豆のもっている強みをかなり感じるブレンドになっているが、スターバックスの「苦ければいいんでしょ」とはちょっと違う強さだなって思う。

店内はかなり狭くて座席はあるけれどイートインという表現が正しいくらいで、のんびりと寛ぐというよりかはちょっとコーヒー飲んで待ち合わせの時間を調整するとか、あるいはテイクアウトするというのがいいんだと思う。

フード類も意外なほどに充実しているので気になるところだ。木のぬくもりを感じる店内のインテリアはバイロンベイっぽさがあるし、店員さんもフレンドリー。なんだかオフィス街で殺伐とした雰囲気もある市ヶ谷あたりにおいては美味しいコーヒーを楽しめる貴重な存在だよなって思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)
住所:東京都千代田区五番町4-2
時間:月-金8:00-18:00,土10:00-18:00
休み:日祝 ※時期により営業時間等は変動あり。

保存

Related Post

方糖珈琲館(Sugar Cafe) – 台北で本格的パンケーキを堪能... 日本では空前のパンケーキブームなんだけど、台北でも徐々にその兆しが出てきている。ここ、方糖珈琲館は台北の若者の間でも話題みたいで、いつも賑わっている人気カフェのひとつ。 場所は信義エリアにあるので、この界隈の散歩中に立ち寄ってみたりするのがいいかも。パンケーキといえば、前に訪れたカフェ「Lov...
蘑菇 Mogu Cafeで台湾クラフトビールを昼から飲む... 蘑菇 Boodayの二階にあるカフェ。お店には行ってすぐ右側にある階段をあがっていく。トイレなどは一階のショップのものを共有。お会計も一階で行う方式。大きな窓から入り込む光が気持ちよくておすすめのカフェ。 蘑菇 Mogu Cafeへのアクセス 蘑菇 Boodayの二階にあるので、アクセス...
Seiffener Tippel(ザイフェナー ティッペル)で本場のバームクーヘンを発見... 山小屋な外観 阿蘇をドライブしているときに「バームクーヘン」という文字につられて立ち寄ったお店。そう、僕はバームクーヘンが大好きなのです。 お店はなんていうかかわいいヨーロッパの家という感じで阿蘇にこれは・・と思わなくもないけれど、なかにはいってみるとかなりドイツっぽい感じに作られてい...
Bloom Caféはプノンペンでは古めかしいカフェだけど落ち着ける... プノンペンで涼しくゆっくりと過ごせるカフェのひとつ。普通の邸宅のようでもあり、ちょっと不思議な感じなラウンジみたいな空間はプノンペンらしいといえばそうかもしれない。 あえてここまで来るかといわれると微妙なところだが、近くを通りかかれば立ち寄ってみるのもいいと思う。 Bloom Caféへ...
代々木上原で楽しむエチオピアコーヒーのお店、トモカコーヒーへ行ってきた... ひさびさに代々木上原へ行く用事があって、そのついでに時間つぶし出来るところないかなと見つけたところ。 エチオピアコーヒーといえば、ギルドコーヒーにあるイルガチェフG-1には衝撃をうけた。最初はあまりにも独特な香りで「この豆は大丈夫なんだろうか」って思ったものだが、いまではあの香りが好きになって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です