世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)へのアクセス

市ヶ谷駅から麹町方面へ坂道をあがった途中にある。駅からそれほど離れていないけれど、駅前というには少し遠い距離。まわりはオフィス街で大手資本のチェーン店などが多いなかで貴重な存在だと思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)について

オーストラリアでオーガニックな環境で育てられたコーヒー豆を厳選して焙煎とブレンドをしている。コーヒーだけではなく紅茶もメニューにあり、これもちょっと気になるところだ。

シングルオリジンはスペシャリティコーヒーとして一杯ずつ淹れたものが出てくるようだけど、通常のショートブラックは保温された状態になっているのですぐ出てくる。それはそれで美味しい。

コーヒーは結構強めの焙煎になっていて、酸味よりもコーヒー豆のもっている強みをかなり感じるブレンドになっているが、スターバックスの「苦ければいいんでしょ」とはちょっと違う強さだなって思う。

店内はかなり狭くて座席はあるけれどイートインという表現が正しいくらいで、のんびりと寛ぐというよりかはちょっとコーヒー飲んで待ち合わせの時間を調整するとか、あるいはテイクアウトするというのがいいんだと思う。

フード類も意外なほどに充実しているので気になるところだ。木のぬくもりを感じる店内のインテリアはバイロンベイっぽさがあるし、店員さんもフレンドリー。なんだかオフィス街で殺伐とした雰囲気もある市ヶ谷あたりにおいては美味しいコーヒーを楽しめる貴重な存在だよなって思う。

バンコーヒー バイロンベイ(BunCoffee Byron Bay)
住所:東京都千代田区五番町4-2
時間:月-金8:00-18:00,土10:00-18:00
休み:日祝 ※時期により営業時間等は変動あり。

保存

Related Post

モンブラン(福岡) – 古くからある洋菓子店で食べる懐かしいモンブラン... 僕にとっての旅とは、旅先でおいしいものを食べることというのが割と大きな要素として存在している。 とくに、旅先で食べるソフトクリームとか、スイーツ系はとくに。モンブランも「ご当地」的に違いがあって面白い。秋に長野の小布施堂で食べたモンブランのお化けのような朱雀のインパクトはすごくて、もうこれでい...
品川のザ・シティ・ベーカリーはちょい飲みにも利用できる... 品川で少しディナーをしようかと思ったとき、渋い居酒屋かチェーンっぽいレストランかという選択肢になってしまうのだが、品川駅に直結しているシティ・ベーカリーだとそこそこ手軽で、お酒も豊富。意外と楽しめるということがわかった。 ザ・シティ・ベーカリー品川へのアクセス JR品川駅に直結しているの...
代官山のSATURDAYS SURF NYCで久々にコーヒーを飲んできた... 以前はよく来ていたのだけど、ちょっと縁遠くなってしまった渋谷の鉢山界隈。ひさびさに訪れたけれど、都会のなかのオアシスともいえるような、のんびりした空気が好きな町。 なかでも、旧山手通り沿いにあるSATURDAYS SURF NYCはニューヨークのブランドショップで主にアパレルを取り扱っているの...
PASSAGE COFFEE(三田)エアロプレス世界チャンピオンのお店で飲むコーヒー... 都営線の三田駅から少し歩いたところに2017年オープンした比較的あたらしいカフェ。エアロプレス世界チャンピオンの方がオーナーをしているということで、「コーヒー豆を、コーヒーに変える最後までこだわる」というメッセージを感じる美味しい一杯を楽しめる。 そしてなにより平日は朝7:30からやっているの...
安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください