帯広へやってきたら、この街のB級グルメである豚丼を食べてみたいというのは旅行者の気持ちとしてわかる。

でも、すごく混んでいて有名店などは1時間以上待ちそうな行列ができている。そこまでして食べたい、または食べる価値があるものだろうかと考えると、そこまでじゃない。僕には肉ノ五右衛門で買った豚肉があり、夕食にはそれを食べる予定もあるし。

しかし、帯広あたりでランチするなら豚肉を使った料理は外せないかなあと思って選んだのは精肉店が経営している食堂。帯広の市街地からは少し離れたところにあり、観光客の波は混雑しているものの、それほどすごくはない。そして、なによりここはとんかつが美味しそうだ。

十勝豚肉工房ゆうたくへのアクセス

帯広駅から歩いて7-8分のところにある。しかし、市街地からは外れていてちょっと郊外みたいな雰囲気なところ。お店の前には駐車場があるのだが、これがぎっしり入っていてそして狭いので運転になれていない人には駐車しづらいかもしれない。とはいえ、ほかに選択肢はないのだけど。

十勝豚肉工房ゆうたくについて

精肉店が経営しているレストランだけあり、豚肉料理はどれも気になる。地元である十勝産の豚肉を低温熟成して旨みをひきだしている。とんかつの肉は結構分厚く切られているのだけど、じゅわっと柔らかくて贅沢な味だ。こんなに美味しいとんかつは都内にもあまりないと思う。

帯広といえば、薄切りの豚肉を甘辛いタレで漬け込んでやいた豚丼が有名で、このお店でも提供している。たしかに、観光客と思われる人たちは豚丼を頼んで食べているのだが、普通に豚肉のあじを活かしていて美味しいのは「とんかつ」じゃないかって思う。

肉が本来もっている甘みも感じるくらいに旨みがつまったものを濃い味のタレで消してしまうのはもったいない。ここは、とんかつを選んで十勝豚肉を心ゆくまで堪能するのがいいと思う。それだけの価値があるお店だ。

十勝豚肉工房ゆうたく
住所:北海道帯広市東二条南12-2
時間:11:30-15:00,17:00-20:00
休み:水曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です