去年、十勝を旅しているときにも気になっていたところ。

東京に戻ってきて友人にきいてみたら「ここのセグウェイツアーはすごい楽しい!」というので、今年の旅では楽しもうと思っていた。

しかし、2016年の北海道は台風の被害が甚大で十勝地方もかなりの被害を受けていた。十勝千年の森も庭園が閉鎖されていたり、森にたどり着くまでの道が通行止めになっていたりと結構大変。橋が落ちている光景とかちょっと信じられないくらいだった。

ただ、そんな大変なことがあっても、晩秋の十勝平野を見下ろす風景や、森の中をすすむ気持ちよさは素晴らしい体験。はじめてセグウェイに乗ってみたけれどこれもまた楽しかった。この広大な森を見てまわるにはセグウェイツアーが一番いいと思う。

セグウェイのガイドツアーは数ヶ月前から予約できるのだけど、公式ページから申し込むよりも「そとあそび」というサイトから申し込んだ方が前もって予約できて、入場料が無料になるなどの特典がついていた。なので、セグウェイツアーは「そとあそび」から申し込んだ方がよさそう。ただし、申し込んだあとに確認メールが届かないことがあるので、電話でリコンファームしておいた方が安全。

十勝千年の森へのアクセス

帯広から一般道をつたっていこうとしたらあちこちで迂回することになり、結構時間がかかった。フェーリエンドルフからだと通常でも90分くらいかかるのだが、もう少しかかったような気がする。高速道路は通っていたので、高速からアクセスすればよかった。

セグウェイツアーは午前中に行われるため、結局フェーリエンドルフを朝のうちにチェックアウトすることになったのが少し残念ではある。

台風の被害から道路が寸断されていて全然車走ってなかった

十勝千年の森 セグウェイガイドツアーについて

10:00スタートで13:00近くまである。かなり広大な敷地なので結論としてはセグウェイツアーに参加してこの乗り物で見てまわるのがもっとも効率的で楽しめると思う。多少高いツアーだけど、十勝千年の森を満喫できる。とくにハイライトである丘の上までセグウェイで登って行くのはすごくらくちん。そして丘の上からの風景は圧巻だ。

セグウェイツアー
最初は森の説明とかブリーフィング

セグウェイツアーは初級者編から上級者までわかれているのだが、まずは初級者向けのツアーからはじまる。最初にトレーニングを行い、セグウェイの扱いに慣れてからツアーが始まるのだが、このトレーニングが結構面白い。

身体のかたむきでコントロールしていくのだが、意外と体幹を使う感覚があってバランス感覚なども普段とは違う感覚を要求されるイメージ。慣れれば自分の身体のように動き回れるようになるのだが、はじめて自転車の練習をしたときの感じに似ている。

この森は農場だったところからできた人工的な部分と自然が残っている森の部分から成り立ち、一般客が入れるのはごく一部のエリアに限られている。熊も住んでいるみたいで、たまに糞が落ちていたりするみたい。人と自然の距離感がすごく近くに感じる場所だ。

セグウェイで丘をあがっていく
雄大な十勝の風景

なので、テーマパークというよりかは広大な自然のなかで過ごすという感覚。イングリッシュガーデンで有名なのだが、台風の影響で庭園は閉鎖されていた。まあ、もう晩秋だったしここの庭園には改めて見に来よう。

セグウェイツアーはちょっと休憩した後に草原エリアで自由行動となる。草原のなかをセグウェイを操って事由に動き回れるのはすごく気持ちがいい。

スピードを出してみたり、スラロームしてみたり、坂道を上がってみたり。家の近場の移動は車からこれに置きかわっていくのもいいよなあ。少し未来を感じる。このセグウェイを乗るというのがこんなにも楽しいことだなんて。ちょっとはまりそう。

そして、この森の美しさは格別だ。十勝を旅するときには少し遠いけれど来てみる価値はあると思う。六花の森とはまた違う、自然の力強さを感じる公園です。

予約はそとあそびにて行った。

十勝千年の森
住所:北海道上川郡清水町羽帯南10線 十勝千年の森
時間:9:30-17:00(7/1-8/31は9:00から、9月以降は16:00まで)
休み:期間中無休
開園期間:4月29日-11月3日

Related Post

あまり行っても仕方なかった道の駅、びえい「丘のくら」... 地元産のワインでも買おうかなあって、美瑛駅の近くにある酒屋さんに行ったら全然置いてなくて、ここならあるかなと立ち寄ってみたのが道の駅「丘のくら」というところ。JRの美瑛駅すぐ横にあって、列車で移動する人には便利なところのように思える。 その名前の通り、蔵のような建物は雰囲気がある。なかは観光案...
お土産だけじゃない、フラノマルシェの魅力について... 札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。 地産地消というか、富良野の特産物をあつ...
バニラエア(成田新千歳)搭乗記。そして成田空港第三ターミナルで朝食。... 初秋の旅は1年ぶりの北海道への旅。去年の旅では美瑛の方を見てまわることなく、泊まりたいホテルにもふられていたので今年はもう少し計画的に旅してみようかと思う。ただ、結論としてはずいぶんとのんびりした旅になったのだが。 去年の旅では、成田空港第三ターミナルが遠すぎることについて、さんざん文句を書い...
北の屋台村とプチ・プレジール 「帯広に来たなら北の屋台村は外せない」という友人のアドバイスもあってやってきた。 北の屋台村は、帯広の繁華街の小さな路地裏にあって、常設の屋台村という感じ。福岡の屋台に似ている。共同だけどトイレもある。 お店のラインナップは居酒屋が多いのだけど、そんななかで今回訪れたプチ・プレジールは名...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です