十勝千年の森でセグウェイツアーに参加するとランチタイムまでかかってしまう。セグウェイツアーでも立ち寄ったカフェでランチを食べることにする。

ツアーは入口で解散となるので、そこから改めて森の中を歩いて行くのだが、これが結構遠い。ちょっとカフェでランチとか気軽に考えていたのだが入口から10分くらい歩いたような気がする。

とはいえ、十勝千年の森のまわりには食事ができる場所が全然ないので、敷地内にあるカフェなどに頼ることになるのだが、ここが素材はいいのにそれを活かせていない感じがした。

この森のコンセプトは素晴らしいし、風景もいい。近隣で採れる食材やチーズもいいのだが、なぜか食事が美味しくないという不思議な状況。ランチメニューは「三種のチーズと朝摘みハーブのピッツァ」か、「チーズプレート」の二択でピザの方は写真で見ただけで明らかにこれは違うという雰囲気を醸し出している。このピザの生地はあれだ、残念なやつだ。

ということで、チーズプレートを選択。チーズはここの工房で作られた「はおび」「ポタジェ」「モッツァレラ」という三種類が盛り付けられていて、サラダがついている。それぞれは不味くはないのだけど、美味しさを感じない。ここで美味しくアレンジされていたらショップで買うのだが、少なくとも買う気が失せてしまうレベル感ではある。

チーズプレート、見た目は悪くない

ここしかないのだから、来るだろうというのはあるのかもしれないが、少しお腹をすかせても他の場所に行けばよかったと後悔はした。コンセプトは素晴らしいし、素材もいいのに何故かアウトプットに失敗しているのは本当に残念だ。この森にきても食事をすることはないだろうなあと思った次第。

ガーデンカフェ ラウラウ
住所:北海道上川郡清水町羽帯南10線 十勝千年の森
時間:十勝千年の森のオープンに準ずる

保存

保存

Related Post

GARB 江ノ島で休日らしいランチを楽しむ... 秋の休日に江ノ島への日帰り旅をしてきた。土曜日の小旅行。都心から電車を乗り継いで竜宮城みたいな駅舎が印象的な片瀬江ノ島に到着して、国道沿いに少し歩く。秋の日射しがすごく気持ちいい。 片瀬江ノ島駅から国道沿いに江ノ島水族館の方へすすむと、いくつか観光客向けのお店が並んだりしている。今回はGARB...
海鮮どんやとびしま – 旬の味覚をあじわう贅沢な朝食がおすすめ... 鈴政と同様に、酒田における必須の食事処。酒田に来たからには!ここは外せないと思う。 前回のときと同様に、朝イチで行ってみた。今回は、鶴岡からアクセスしたので結構遠かったなあ・・車で30分弱といったところ。車でのアクセスは列車とは異なり、単なる移動というかイオンがあったりドラッグストアがあったり...
JRイン帯広に泊まった 外観 中札内のフェーリエンドルフには一泊しかできず、ちょっと離れた帯広に宿泊。今回の旅は毎日泊まるところが変わる流浪の旅行だな。 帯広は街中でごはん食べるのも美味しいよっていう話しを聞いていたので、今回は街中のホテルにしてみた。帯広駅から歩いて30秒くらいのJRイン。 帯広駅って...
絶品ふわふわ親子丼!神田の伊勢本店でお得すぎるランチ... 神田界隈って古いお店が残っていて物価も安くてわりと好きな街。それでいて日本橋からも近かったり交通の便もそこそこいいので穴場だと思う。 そんななかでランチに驚異的なコストパフォーマンスを発揮しているのが駅のガード下にある伊勢という鶏料理のお店。昼は親子丼、夜は焼鳥屋と業態を変えていて、今回はラン...
品川のウルフギャング・パックは手軽で無難なビジネスランチに向いている... まず大事なこととして、「ウルフギャング・パック」と「ウルフギャング・ステーキハウス」は全く別のお店であるということ。 かといって、「ウルフギャング・パック」はあざとい偽物ということではなく、アメリカ料理を変えた料理人として高名なシェフであり、アメリカ国内で自分の名前を冠したレストランを経営して...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.