十勝千年の森でセグウェイツアーに参加するとランチタイムまでかかってしまう。セグウェイツアーでも立ち寄ったカフェでランチを食べることにする。

ツアーは入口で解散となるので、そこから改めて森の中を歩いて行くのだが、これが結構遠い。ちょっとカフェでランチとか気軽に考えていたのだが入口から10分くらい歩いたような気がする。

とはいえ、十勝千年の森のまわりには食事ができる場所が全然ないので、敷地内にあるカフェなどに頼ることになるのだが、ここが素材はいいのにそれを活かせていない感じがした。

この森のコンセプトは素晴らしいし、風景もいい。近隣で採れる食材やチーズもいいのだが、なぜか食事が美味しくないという不思議な状況。ランチメニューは「三種のチーズと朝摘みハーブのピッツァ」か、「チーズプレート」の二択でピザの方は写真で見ただけで明らかにこれは違うという雰囲気を醸し出している。このピザの生地はあれだ、残念なやつだ。

ということで、チーズプレートを選択。チーズはここの工房で作られた「はおび」「ポタジェ」「モッツァレラ」という三種類が盛り付けられていて、サラダがついている。それぞれは不味くはないのだけど、美味しさを感じない。ここで美味しくアレンジされていたらショップで買うのだが、少なくとも買う気が失せてしまうレベル感ではある。

チーズプレート、見た目は悪くない

ここしかないのだから、来るだろうというのはあるのかもしれないが、少しお腹をすかせても他の場所に行けばよかったと後悔はした。コンセプトは素晴らしいし、素材もいいのに何故かアウトプットに失敗しているのは本当に残念だ。この森にきても食事をすることはないだろうなあと思った次第。

ガーデンカフェ ラウラウ
住所:北海道上川郡清水町羽帯南10線 十勝千年の森
時間:十勝千年の森のオープンに準ずる

保存

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です