9月に信濃大町まで行って初秋の信州を楽しんで来たのだけど、またもや再びの信州旅。今度は秋深まる紅葉シーズンにきている。

夕方に到着して街を少し散歩してまわってみた。そんななかで見つけた小さなタップルーム。松本産のクラフトビールを醸造しているところですごい美味しいビールを楽しむことができる。

松本ブルワリー タップルームへのアクセス

松本駅からは歩いて10分くらい。松本城へ向かうところにある中町通りから少し筋をはいったところにある。松本城からも歩いてくることが出来る。中町通りは両側に蔵がならんでいる商店街で、夕方には店じまいを始めるところが多くて、ここのタップルームも19:00に閉店するという健康的なお店。なので訪れるタイミングには注意が必要。

近くには、地元産の漆器などを扱っている伊原漆器専門店や、ギャラリーをかねたショップのグレイン・ノートがあってぶらぶらと街歩きしているなかで行くことが出来る。小さな蔵にあるお店なので見逃さないように。

松本ブルワリー タップルームについて

そういえば前回来たときにメインバーコートの人が松本産のものを使ったクラフトビールを造りたいと思っていると話ししていたなあとふと思い出した。それがここだったのかとお店でビールを飲んでいるときにつながる。きいてみると、メインバーコートのほかに地元でも有名なの三代澤酒店とあと中華料理のお店だったかな・・と三社合同の事業としているみたいだ。

お店は古きものと新しいデザインがうまく組み合わさってあたたかい雰囲気。ロゴもかわいくてオリジナルグッズなども気になる。いい雰囲気のところだなあ。一階はカウンターで立ち呑みなのだけど二階もあるみたい。でも、カウンターでビールをさくっと楽しむというのもいいものだ。じっくり楽しみたい場合には少し離れたところにオールドロックというビアバーでも飲むことができる。

グッズもかわいい

ビールの種類は5種類あってどれも個性的。とくに僕の好きなエール系のビールが多くて悩んでしまう。飲んでみた感想としては、きりっとしたエールビールらしさがあってすごく好きなやつだ。はじめてアンカースチームのリバティエールを飲んだときの感動のように強烈な美味しさがある。ここのクラフトビールは本物だ。よなよなエールといい、長野にはいい醸造所があるなあ。

あれこれ飲みたくなってしまうが先があるのと、そろそろ閉店の時間だったので、移動することにする。松本まで飲みに来たいビールが出来てしまったなあと、はやくもほろ酔い気分で気持ちがいい。旅をしていてよかったなと思う瞬間。

松本ブルワリー タップルーム
住所:長野県松本市中央3-4-21
時間:13:00-19:00
休み:月火

Related Post

Quinary(クイナリー)で新感覚のミクソロジー・カクテルを楽しむ土曜日の夜。... なかなか終わらない土曜日の夜で旅の初日。毎回そうなのだけど、土日で行く香港旅行は初日が充実している。土曜日の夜がこんなにも楽しいとはって思える旅だ。 ホテルに戻る前に立ち寄ったのはSOHOエリア近くにあるQuinary(クイナリー)というカクテル・バー。土曜日の夜ともなれば人であふれかえってい...
ベルギービールウィークエンド2015(BBW2015)でビールを堪能... 今年もやってきたベルギービールのお祭りであるベルギービールウィークエンド(BBW)に行ってきた。場所は六本木ヒルズ。 訪れた時期なのかもしれないが、今年はわりと空いていて飲みたいビールを選ぶこともできたし、フード類も買いやすかった。 日比谷のオクトーバーフェストと比べると、やはり洗練され...
ベルギービールウィークエンド東京2014に行ってきた... 今年もベルギービールウィークエンドの季節! 2014年は9月4日~15日の期間で六本木ヒルズで開催されている。 金曜日とか週末にかけてはかなり混雑するみたいなので、僕がいったのは平日の夜。しかも、雨上がりの夜だったこともあり、気持ちのよい秋の空気でしかも比較的空いていたのはラッキーだった。 ...
プラナコーン ノーンレンのルーフトップバーは最高に気持ちがいい... 今回の旅で巡ったルーフトップバーのひとつ。 僕はすごく好きなのだけど、おそらくここがもっとも低い位置にあるルーフトップバーだと思う。三階建ての屋上だし。 でも、ここから見える風景はなんともいえず心に残る。たとえば、子供の頃の夏休みの夕方の風景、しかもどうってことのない風景をふと思い返した...
グランルーフ ビアラウンジで「German Fest JR東京駅」、ビールを飲んできた... instagramで知った情報。この夏から秋にかけて東京駅の八重洲口側にあるグランルーフのコンコースに小規模ながらビアガーデンが出来ていたので訪れてみることにした。 9月下旬からは東京駅とフランクフルト中央駅の姉妹駅締結1周年ということで、ドイツがテーマのイベントが開催されていた。ドイツのビー...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください