上高地が山岳リゾートになるきっかけはここ上高地帝国ホテルだと思う。昭和8年(1933年)に開業したホテルで、いまは二代目の建物だが深紅の屋根や山小屋のようなつくりが森の風景に似合っている。一般車が入るようなところではないので広い駐車場もなく、こぢんまりとした雰囲気もいいな。

ロビーには巨大なマントルピースがありホテルの象徴的な存在になっている。このマントルピースは建て替えたタイミングで作られたそうだが、いまでは上高地帝国ホテルといえばというくらい有名なものだ。

上高地帝国ホテル

ホテルの敷地内には3つのレストランやラウンジがあって、朝早くからやっているのはホテルのロビーに併設されているグリンデルワルトというラウンジ。バリアフリー設計にはなっていないけれど、車いすなどはホテルのスタッフの方々が人力で階段持ち上げてくれるので、そのホスピタリティはすごいなって思う。宿泊客じゃなくても、ラウンジを利用する際にはそれが当然という感じに自然とやってくれるのは一流ホテルのもてなしだなあって思う。

いつかは泊まってみたいホテルではあるが、4月下旬から11月上旬までの期間営業であり、高級ホテルなだけに宿泊料金もかなり高いので泊まれるようになるには先の話になりそうだ。でも、雰囲気だけでも充分過ぎるくらい素敵なので上高地をめぐる際にはコースにいれて、リゾートとしての上高地の歴史を味わってみるのもいいと思う。

ロビーラウンジではカスタードプリンが有名なのだけど、寒くなってくるとコーヒーだけじゃなくてドイツで冬場に出されるグリューワインが美味しい。ノンアルコールのものもあるけれど、今回の旅では車を運転していないし、二日酔いも治ってきていたのでアルコール入りにしてみた。シナモンなどで風味付けされた赤ワインは身体をあたためてくれる。

なによりこの吹き抜けのロビーの感じが気持ちいいし、ソファもゆったりとしているんだよなあ。こういうところでホテルステイを楽しむのもいいんだろうなって思える場所だった。今回はラウンジだけだったけれど、必ず泊まってみたいホテルだ。

上高地帝国ホテル ロビーラウンジ グリンデルワルト
時間:8:00-17:00
期間:4月下旬から11月上旬までの期間営業

Related Post

【閉店】ニコラシャールのうさぎパフェ... ちょっと前のことなのだが、昨年末をもってジョエルデュランが閉店した跡地に同じ会社が作ったニコラシャールのカフェレストランに行ってきた。 「ニコラ・シャールって・・誰?」と思ったら、ジョエルデュランのときからいる方が独立して自分の店舗をもったということみたい。 店頭のうさぎシュークリーム...
春水堂 代官山店 – 本場のタピオカミルクティーを味わえる... 台湾で開発されたタピオカミルクティーの発祥のお店「春水堂」(チュンシュイタン) が日本に上陸したということでちょっと行ってきた。ランチタイム後に行ったこともあるのだが、店内はいっぱいであまり時間もなかったのでテイクアウトですませる。 場所は代官山駅から徒歩20秒くらいと近いのだけど、坂の下にあ...
始めて食べるのに懐かしい台湾スイーツ。谷中の「愛玉子」へいってきた。... 谷中のあたりを散歩しているとやたらと目立つ「愛玉子」という看板。「・・あいたまご?変わった名前の中華料理店だな」くらいに思っていたのだが、店先をのぞいてみると「台湾スイーツのオーギョーチー」と書いてあった。どうやら、喫茶店みたいなところだったらしい。ちょっと立ち寄ってみたら、すごい面白くて懐かしいよ...
富錦街とFujin Tree 353 Cafe 台北における西麻布から広尾にかけての雰囲気がある富錦街を散歩してきた。松山空港からほど近いこのエリアは落ちついていて雰囲気のいいギャラリーとかカフェなどが沢山あるいい街だなって思う。 富錦街へのアクセス そもそも富錦街へのアクセスについてはMRTなどは近くを通っていないので、バスかタクシ...
CHE MY 2(チェー ミー ハイ)でベトナムスイーツ... 外観 日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。 いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。 そのときはなに食べている...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください