上高地が山岳リゾートになるきっかけはここ上高地帝国ホテルだと思う。昭和8年(1933年)に開業したホテルで、いまは二代目の建物だが深紅の屋根や山小屋のようなつくりが森の風景に似合っている。一般車が入るようなところではないので広い駐車場もなく、こぢんまりとした雰囲気もいいな。

ロビーには巨大なマントルピースがありホテルの象徴的な存在になっている。このマントルピースは建て替えたタイミングで作られたそうだが、いまでは上高地帝国ホテルといえばというくらい有名なものだ。

上高地帝国ホテル

ホテルの敷地内には3つのレストランやラウンジがあって、朝早くからやっているのはホテルのロビーに併設されているグリンデルワルトというラウンジ。バリアフリー設計にはなっていないけれど、車いすなどはホテルのスタッフの方々が人力で階段持ち上げてくれるので、そのホスピタリティはすごいなって思う。宿泊客じゃなくても、ラウンジを利用する際にはそれが当然という感じに自然とやってくれるのは一流ホテルのもてなしだなあって思う。

いつかは泊まってみたいホテルではあるが、4月下旬から11月上旬までの期間営業であり、高級ホテルなだけに宿泊料金もかなり高いので泊まれるようになるには先の話になりそうだ。でも、雰囲気だけでも充分過ぎるくらい素敵なので上高地をめぐる際にはコースにいれて、リゾートとしての上高地の歴史を味わってみるのもいいと思う。

ロビーラウンジではカスタードプリンが有名なのだけど、寒くなってくるとコーヒーだけじゃなくてドイツで冬場に出されるグリューワインが美味しい。ノンアルコールのものもあるけれど、今回の旅では車を運転していないし、二日酔いも治ってきていたのでアルコール入りにしてみた。シナモンなどで風味付けされた赤ワインは身体をあたためてくれる。

なによりこの吹き抜けのロビーの感じが気持ちいいし、ソファもゆったりとしているんだよなあ。こういうところでホテルステイを楽しむのもいいんだろうなって思える場所だった。今回はラウンジだけだったけれど、必ず泊まってみたいホテルだ。

上高地帝国ホテル ロビーラウンジ グリンデルワルト
時間:8:00-17:00
期間:4月下旬から11月上旬までの期間営業

Related Post

兩倆は台南古民家カフェの最先端な場所... 台南の新しいトレンド発信地が新農街から信義街にもひろがってきているような感じがするカフェ。カフェだけでなく、新しいアートの発信地としても面白い。 兩倆へのアクセス 台南市街地からみると北西側、新農街から北に向かって進んだエリアである信義街という路地にある。兩倆以外にも古民家をリノベーショ...
お土産だけじゃない、フラノマルシェの魅力について... 札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。 地産地消というか、富良野の特産物をあつ...
秋山堂は春水堂の高級店バージョン 国立台湾美術館の敷地内ににある喫茶室で、かなりおしゃれ。 春水堂があるところと同じ建物内には秋山堂では中国茶を本格的なスタイルで楽しむことができる。 春は水で、秋は山ってこと?なんだかそういうところもセンスを感じる。 春水堂は代官山にもあるしな・・ということで秋山堂にしたのだけど、...
Dexter Cafe & Barはバンコクでも美味しいコーヒーが飲める貴重な場所... インスタントコーヒーではない、まともで美味しいコーヒーが飲める場所が増えてきたバンコクではあるけれど、そのなかでもここのコーヒーはトップクラスに美味しい。丁寧に淹れられた水出しコーヒーが手頃な価格で飲めるのも嬉しいところ。 このあたりは結構色々と開発が進んできている地域なので、ちょっとひと休み...
カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください