まさかこんなに早くふたたびここの蕎麦を食べることができるなんて、と自分でもちょっと驚いた。上高地をあとにして、地元の人たちとランチはどこにしようかなって話しをしていたのだけど、それじゃあちょっと遠いけれど安曇野の蕎麦屋にしようかっていうことになって連れてきてもらったのは9月に着たばかりの安曇野翁だった。

前回の訪問(2016年9月):安曇野翁の蕎麦は地元でも人気

今回、もともと最初にここを教えてくれた友人とは別の人に連れてきてもらったのだが、やはり地元で人気の蕎麦店になっているとのこと。客層は地元の人も多いということなので、前回訪れたときの印象は正しいみたいだ。地元に愛される名店。

安曇野翁へのアクセス

前回の訪問でも書いたけれど、美術館などがある「あづみ野池田クラフトパーク」という公園に隣接している。基本的には車でのアクセスとなり、丘の上の高台の方へとのぼっていく。駐車場はお店の下にある雑木林に何台か止められるほか、お店の裏側にも駐車場がある。お店の裏側の方が広くて階段を使ってお店に行かなくてもいいから楽かもしれない。

安曇野翁について

以前にも書いたけれど、高台にあるお店のロケーションは最高に気持ちがよくて、ここから眺める安曇野の風景は遠く北アルプスの山並みまでみえて壮観で美しい。さっきまであの山の麓にいたのかと不思議な気分だ。厳しい自然を目の当たりにした後だと、手前にひろがる安曇野の田園風景がなにかとても大切なもののように思える。

メニューはつゆの種類はあるものの、基本的に「ざるそば」と「いなかそば」の二種類。そば粉は安曇野産にこだわらずそのとき最良と思えるものを自家製粉している。シンプルなメニュー構成で、前回はいなかそばを選んだけれど、今回は「ざるそば」にしようかと思う。でも、量が意外と少なかったしなあということで、思い切って「ざるそば」と「いなかそば」の食べ比べにしてみる。

「いなかそば」はそうそう、この無骨な少し太めの黒い麺が特徴的。蕎麦の風味を感じる力強さがある。これはこれですごく美味しいのだが、食べ比べてみて知ったのは「ざるそば」の絶妙なバランス感覚。ざるそばはきれいに揃えられた白くて細い麺。こちらの方が蕎麦の軽やかな香りと、つゆの香りのバランスが絶妙にそろっていて美味しいと思える。このざるそばは美味しいなあ。ざるそばを食べてしまうと「いなかそば」はちょっとどんくさいというか、強すぎてしまう。なお、今回はざるそばを撮っていて、いなかそばを撮り忘れていた。前回の写真はこちら。

安曇野翁のいなかそば
ざるそば

今回食べて比べてみて、僕は断然に「ざるそば」が好きだなと実感した。次回からはざるそばを二盛りにしたいくらいだ。かなりの人気店だけど、オペレーションがいいのでそれほど待つことなく入ることができると思う。ここから景色も含めて安曇野においては必見、必食のところだと思う。

安曇野翁
住所:長野県北安曇郡池田町大字中鵜3056-5
時間:11:00-15:00(蕎麦がなくなり次第終了)
休み:月曜日、第三火曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休)、不定休

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です