恵比寿にいると知ってる人も多いけれど、そうじゃない人はほとんど知ることがない吉柳という居酒屋。そこのランチで出しているカレーのテイクアウト専門店というか、イートインもあるよっていう場所が恵比寿の住宅街のなかにある。

見た目はごく普通の住宅の一部を店舗にしていて、ものすごい隠れ家っぽい。でも、そんなにハードル高くなく、すごく美味しいカレーを出すところなのです。

吉柳 文化倶楽部へのアクセス

恵比寿ガーデンプレイスからそれほど遠くないところにある。ガーデンプレイスの前にある通りを西側へ陸橋を渡り、目黒の清掃工場の方へ少し向かい、そこからさらに路地を入ったところ・・、わかりづらいので地図を参考にアクセスしてもらいたい。ただし、お店の近くまでいけばカレーのいい匂いが漂ってくるので、あとは匂いの元へ向かえばいいだけだ。

お店なのかどうか、入っていいのかすごいためらう

吉柳 文化倶楽部について

もともとは恵比寿界隈に出ていた屋台が元になっているお店で、居酒屋は恵比寿駅の方にある。居酒屋ではランチをやっていたときにカレーを出していてそれが有名になったのだが、いまではランチが不定営業となっていて、こちらに来た方が確実にランチにありつける。ただし、営業は平日の12:00-14:00とかなり短くて、それがこのお店を隠れ家としていると思う。

そんな変わったお店なのに近所では知られた存在でランチタイムにはテイクアウト含めてお客さんが絶えず訪れている。メニューは日替わりのカレー一種類のみなので、お店につくとなにもいわずにカレーが出てくる。ライスは巨大な炊飯器にターメリックライスが入っていて、自分で好きなだけよそっていただく。基本的にはセルフサービスのお店。

いろいろセルフサービス。お茶もしかり。
ごはんとカレー
セットします。これが辛くてうまい。

カレーはインドカレーでもタイカレーでもなく、洋食のカレーでもない独特の進化をしているもので、スパイスがかなり効いていて食べていて汗をかくほどに辛い。

でも、それがまたクセになる。僕は辛いのが得意ではないのだけどここのカレーはちょっとハマってしまう。この風味はどうやって出しているのだろう。さらっとしたスープみたいなカレーだけどかなり手間がかかっている感じがする。

これを書いていても汗が出てくるくらいなのだが、たまに食べたくなるカレー。お店の雰囲気も含めてカレー好きであれば一度は行ってみて損はない。ちなみに、文化倶楽部の意味はわからなかった・・。

吉柳 文化倶楽部
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-27-10
時間:12:00-14:00
休み:土日祝

Related Post

十勝千年の森にある貴重な食事処「ガーデンカフェ ラウラウ」でのランチは残念... 十勝千年の森でセグウェイツアーに参加するとランチタイムまでかかってしまう。セグウェイツアーでも立ち寄ったカフェでランチを食べることにする。 ツアーは入口で解散となるので、そこから改めて森の中を歩いて行くのだが、これが結構遠い。ちょっとカフェでランチとか気軽に考えていたのだが入口から10分くらい...
sun2diner(サントゥーダイナー)の絶品ハンバーガー... 中目黒商店街の僻地というか、ほとんど祐天寺じゃん!というところにひっそりとあるアメリカンダイナーのお店。 こんな駅から離れたところでレストランなんて・・と思うのだが、結構人気でランチタイムでも人がちゃんと入っている。 理由は簡単で、行ってみればわかるのだが、きちんと美味しいハンバーガーが...
広尾の庶民的な洋食店ランチ「キッチンふるはし」喫煙可能なのが人を選ぶところ。... 広尾商店街のはずれにある洋食店。古くからある感じで、選ぶのが大変なくらい沢山のメニューからランチを選ぶことができる。ただ、組み合わせが多いという印象で使われている食材が沢山あるという感じではない。 場所は広尾のカレーからすぐ近くのところで、はす向かいくらいのところにある。広尾駅からの商店街を歩...
【閉店】千葉の食材をつかったイタリアンが恵比寿にもあった – ピッツェリア エ トラット... 恵比寿でのランチ。ちょっと時間外したなと思ってどこに行こうかと考えていたのだが、ブラッカウズの斜め向かいにあるイタリアンにしてみた。 千葉の食材の地産地消とか、BOSSOという店名とかどこかでみたことあるなと思っていたら、市原湖畔美術館に併設されているPIZZERIA BOSSOの系列店だった...
熊本駅で桂花の熊本ラーメンを食べる... 熊本駅でレンタカーを返して九州新幹線に乗って鹿児島へ行くことに。でも、ちょっとその前に熊本駅で軽く食事をしようかと思って駅ビルのなかにある桂花のラーメンを食べてみることにした。 熊本ラーメンってどんなものなのかあまり想像つかなかったのだけど、豚骨ベースの濃いめの感じが熊本ラーメンというのだろう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください