旅行に限らず、みんな携帯電話のアラームを使っていて、たしかに手軽で便利だけど結構危ないよなと思っている。

それというのも僕のうっかりさもあり、携帯電話の目覚ましについては結構苦労しているのです。仮眠するとき、iPhoneのSiriに「(夜の)11時に起こして」とお願いしたときには、朝の11時まで起こしてくれなかったりしたこともある。携帯電話でもAMとPMを見逃して、朝起きようとしているのに夜起こされてからは24時間表示が必須です。

あるいは夜寝ている間にスマートフォンがフリーズしていて朝に目覚ましが鳴らないとかいうこともあった。アラーム機能としてのスマホは絶対に信じられない。この携帯電話はまだ過渡期の技術なんだなと思っている。

なので、アラームという機能についてはいまだにシンプルな目覚まし時計をひとつもっていた方が安全だし便利。僕が普段から使っているのはシチズン(いまはリズム時計になっている)のトラベルクロック。結構前に買ったのだけど耐久性は抜群で長年愛用している。

この時計のいいところは以下の部分かなあ。

  • 値段が安い。
  • 文字が大きめで視認性が高い。
  • とにかく耐久性が高い。
  • 蓋をしめると操作ボタンが隠されるので誤作動も少ない。
  • 電波時計なので日本にいるときは正確。設定を切ることも可能。
  • 24時間表示が利用できる。
  • 単四電池で動くので世界中で電池の調達ができる。

電池は充電式のものを使っているので、まあだいたい問題ないし電池がきれかかると表示が薄くなったり「もうダメです」アピールしてくれるからいい。なにより夜寝る前にスマホに向かって「お前・・明日の朝まで元気でやってろよ」と突然死の恐怖におびえることがないのがいい。

安い買い物だし、あると便利だと思います。Amazonで買ったけれどすぐに届くので、旅行直前に買ってもいい。

Related Post

フォーチュン モールはモバイルガジェット好き聖地である... もはやサイアムのMBKはモバイルガジェット好きにとって唯一無比の聖地ではないと、ここに確信した日の出来事。 ラマ9世エリアにあるフォーチューンモールはモバイル&PC関連のショッピングモールとしてはかなり巨大で、新品の製品を求めるのであればこちらに来た方が確実にいいものが手に入る。 もはや...
旅における活字問題の革命的存在 人類が旅を続けることにおいて、活字を渇望するのに、本はやたらと荷物になるから、あまり持ちたくない・・でも読みたいという葛藤は長年の問題であった。 かつて、アメリカ大陸を旅するカウボーイは読み物がなさ過ぎて手持ちのクスリの効能書きまで読んでいたというし、僕だって読むものなさすぎて Lonely ...
GlocalMe G2は普段使いもできる世界対応のWiFiルーター... 僕が使っている携帯はSIMフリーなので、だいたいの国では空港でSIMを手に入れて通信をすることができる。 しかし、一部国ではSIMが手に入りづらかったりすることもある。そして、旅の同行者がいたりするとその人たちの通信手段を確保しておいた方が便利なことは多々ある。毎回、空港でWiFiをレンタルす...
旅行になくてもいいけど、あると幸せなアイテム 5選... 旅行の持ち物っていつも迷っている。いろいろ持っていきすぎてつらいこともあれば、厳選しすぎて不便になったりもする。 僕がたどり着いたのは「好きなものだけを持っていく」というスタンスなのだが、そんななかで「なくても困らないけれど、あると旅が豊かになる」アイテムをいくつか紹介したい。 モバイル...
機内で快適な睡眠がとれた極上トラベルピロー『UNO Rough(ウノ・ラフ)』をつかってみた... 台湾のクラウドファンディングで人気が出たらしいトラベルピロー。日本のクラウドファンディングでも紹介されていたのだが、なぜか楽天で普通に売っていたのでそっちから購入してみた。値段も結構手頃で7,000円くらい。いつものトラベルピローと比べると確かに高い方にはなるけれど、十分元が取れる価値がある。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください