のどかな房総半島の旅が好きなのです。なかでも、南房総は関東にこんなのんびりした風景があるのかと思うくらい。

今回は館山のなかでも小さな港町である布良(めら)にある鮨屋さんへ行くことにした。布良は昔ながらの小さな漁港で船を引き上げる傾斜みたいなところがあったり、古い街並みが残っていたり、どことなく瀬戸内の鞆の浦を思い出すような風景があるすごく小さな港町。

お店がある布良の港
高台にある一軒家なお店
お店から港が一望できる

冨鮨はそのなかで高台にある一軒家のお店で、駐車場や店内からは港を一望できるロケーションにある。ここから見える風景が気持ちいい。冨鮨ではこの立地のとおり、布良の港や近隣の港に揚がる地魚を使った鮨が美味しくて有名なお店だ。

看板メニューは「地物すし」でかなり大ぶりなネタが9カン載って出てくるのは圧倒的。普通のお寿司の1.5倍くらいありそうだ。シャリ以上にネタも気前よくのっていて分厚く歯ごたえすらあって地魚の美味しさを堪能できる。

鯛とか白身魚の弾力あるぷりぷりの身はすごい感動するし、ちょっとしたひと手間がかけられていたりして、ただ魚を切っただけではない味わいがあるのがいい。そして、魚だけでなくシャリに使っているお米も房総半島南部の長狭米を使っていて、まさに地産地消のここでしか食べられない鮨を楽しめる。

看板メニューの地物すし
しめ鯖

もうひとつ忘れてはならないのがシメサバを単品で頼むこと。ちょっと値段が高いかと思われるかもしれないが、たっぷりと出てくる。どこまでも値段以上に気前がいい。

そして、シメサバは酸味がそれほど強くなくて、とろけるような絶妙の加減はいままで味わったことがないくらいに美味しい。酢でしめることで甘みも増すってどういうことなんだと。気軽に出てくるけれど、ボリュームも質もかなり満足できるところだと思う。

接客は怒ると恐そうだけど半分引退して飄々とした雰囲気の職人さんと、現在のご主人がふたりで握っている。ご主人の方はツッコミ役みたいな感じで本心ではもっと絡みたいが仕事に集中しているという感じがあって、どちらも好感がもてる。あー、千葉に来たなあというのんびりした接客は東京にはない味わいだ。この感覚って関西とかを旅行しているときに近いんだよな。

ちょっと遠いところにあるけれど、日帰りできる圏内にある鮨屋さん。ここまでやって来て楽しむ価値があるなあって思う。布良の風景とともに印象深いところだ。

冨鮨
住所:千葉県館山市布良300-6
時間:11:30-21:00
休み:火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)

Related Post

胡々里庵で地産地消な蕎麦御膳 花見山で豪勢なお花見をした後はランチの時間。ちょっと温泉にも行きたいしなってことで、福島の町外れの方へ向かって車をすすめた。行ってみたのは胡々里庵というところ。地産地消で美味しい蕎麦を楽しめた。 アクセス 福島市内からは車で20分くらい。花見山からだと30分くらい。磐梯吾妻ラインの方へ行...
小布施 竹風堂の栗おこわは絶品 小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。 秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。 8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ...
溜池山王の「鮨一新」で豪華な寿司を食べてきた... IT業界とその関係者だけが入ることができる寿司屋さんが溜池山王にある(前回の訪問:「鮨一新(溜池山王)で限定の高級寿司コースを体験」)。今回もまた縁がありまして潜入してきた。ちょっと高めの居酒屋みたいな価格帯で、これだけいい寿司が楽しめるのはすごい。 今回も特選コースというのを楽しんで来た。 ...
スーパー回転寿司やまと 館山店 – 手軽においしいお寿司を食べる... 寿司というものは手軽に食べられるファーストフードような存在だと思っている。ちなみに寿司1貫どれでも100円!とかいうところのは寿司じゃなくて、小さいおにぎりなので、あれはまた違うジャンルである。 もちろん、白木のカウンターの前にすわって「腐敗寸前のトロが一番うまい」とかい蘊蓄とともに食べる寿司...
北の屋台村とプチ・プレジール 「帯広に来たなら北の屋台村は外せない」という友人のアドバイスもあってやってきた。 北の屋台村は、帯広の繁華街の小さな路地裏にあって、常設の屋台村という感じ。福岡の屋台に似ている。共同だけどトイレもある。 お店のラインナップは居酒屋が多いのだけど、そんななかで今回訪れたプチ・プレジールは名...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください