ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。

Nui.へのアクセス

浅草線の蔵前駅から徒歩数分というところ。浅草から歩いても15分くらいなので、下町観光するには便利な場所だ。大通りから少し入った裏道にあるが、コンビニも近くにあって宿泊するにも便利だと思う。隅田川からすぐのところにあるけれど、川沿いというわけではないのでリバービューの部屋は状況によっては「とりあえず川がみえる」くらいかも。

Nui.について

古くからあった倉庫ビルをリノベーションしてホステル兼ラウンジとして営業している。1階がラウンジになっていて、宿泊客でなくても食事やバーを楽しめる。奥には倉庫時代からある巨大なエレベーターがあり、そこは宿泊者専用。

ラウンジは朝から日中はカフェとして営業していて、夜はバーになっている。ライブなども開催されていたりするので週末にはかなり賑わっていて楽しい。まわりはなにもないところなのに、ここだけ若者が集まっている感じ。

ラウンジは外からガラス張りでみえるので開放的で入りやすい。段差があって不思議なつくりなのだが、ツリーハウスみたいな巨木がまん中にあったりして独特の雰囲気がある。

開放的なラウンジ
ホステルにもなっていて、客じゃなくても朝食は食べられる

日中はこの近辺にあるカフェと同じように食事やコーヒーを出してくれるところになっていて、わりとちゃんとした食事をとることができる。ホステルなので朝から営業しているのがいいよな。

夜は25時くらいまで営業するバーになっていて、これがまた楽しい。宿泊客にくわえて外からも結構人がやってくるのでまさにラウンジ的な盛り上がりがある。

クラフトビールもそろっているし、カクテルもそこそこ美味しいので、蔵前あたりでは貴重なナイトスポットになっている。僕としては夜のラウンジ的な盛り上がりの方が独特な感じがあって好きだな。終電を気にせず、なんなら泊まってみるのもよさそうだ。

夜のバーもまた楽しい

宿泊客は出会いを求める外国人から、就職活動中の若者までさまざまな人たちが集まっている印象。ドミトリーだと安いけれど、シングルやツインルームということになるとすぐ近くにあるアパホテルとあまり差がないような感じがある。

快適な滞在ということであれば近くのビジネスホテルに泊まって、ここはラウンジだけ楽しむというのでもいいかもしれない。

Nui. | HOSTEL & BAR LOUNGE
住所:東京都台東区蔵前2-14-13
時間:8:00-25:00
休み:なし

Related Post

老舗の陸羽茶室で楽しむ飲茶は高いが雰囲気いい... 香港随一の老舗で高級店の部類に入る陸羽茶室。朝食に行ってもいいし、ランチに行っても楽しめる。 僕にとっては飲茶といえば蓮香樓なのだけど、陸羽茶室は同じジャンルの料理なのか?っていうくらい雰囲気が違う。 アンティークな感じの店構え、案内してくれるスタッフの洗練された身のこなし、やたらと高級...
テラス席も気持ちがいい、恵比寿のMLB Cafe Tokyoでのランチ... 恵比寿ガーデンプレイスの通りをはさんで向かい側にあるレンガ調なちょっと雰囲気のある建物とレストラン。なんだか高いレストランが入っているのかと思っていたのだが、そこはMLB Cafe Tokyoで手頃なカフェだった。晴れた日にはテラス席が気持ちよさそう。 僕が訪れたときはちょっとテラスで...
CHILLOUT STYLE COFFEEで安曇野の風景を眺めながらコーヒーを楽しむ... 安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。 チルア...
ミーケウ シエムリアプで食べる地元の朝食... 旅に出れば体験したくなるのは地元の料理。カンボジアではアモックとか川魚とかいろいろあるけれど、おすすめなのは朝食に食べられるクイトゥーという麺料理。 クイトゥーはベトナムのフォーのように米の麺をだしのきいたスープで食べるというもので、中華料理にでてくる揚げた花巻みたいなものと一緒に食べるのがお...
NAOZOのパンを買うためだけに那須へ行ってもいいくらい... 紅葉シーズンに日帰りでちょこっと那須に行ってきた。小旅行というより本当の散歩みたい。あいにくの天気で紅葉は車のなかから見ているだけだったのだが、まさに錦繍の美しさだった。 那須ICのあたりはだいたい混んでいるので、手前の黒磯板室で高速を降りることが多い。 そして、向かうのは那須の中心街か...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください