ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。

Nui.へのアクセス

浅草線の蔵前駅から徒歩数分というところ。浅草から歩いても15分くらいなので、下町観光するには便利な場所だ。大通りから少し入った裏道にあるが、コンビニも近くにあって宿泊するにも便利だと思う。隅田川からすぐのところにあるけれど、川沿いというわけではないのでリバービューの部屋は状況によっては「とりあえず川がみえる」くらいかも。

Nui.について

古くからあった倉庫ビルをリノベーションしてホステル兼ラウンジとして営業している。1階がラウンジになっていて、宿泊客でなくても食事やバーを楽しめる。奥には倉庫時代からある巨大なエレベーターがあり、そこは宿泊者専用。

ラウンジは朝から日中はカフェとして営業していて、夜はバーになっている。ライブなども開催されていたりするので週末にはかなり賑わっていて楽しい。まわりはなにもないところなのに、ここだけ若者が集まっている感じ。

ラウンジは外からガラス張りでみえるので開放的で入りやすい。段差があって不思議なつくりなのだが、ツリーハウスみたいな巨木がまん中にあったりして独特の雰囲気がある。

開放的なラウンジ
ホステルにもなっていて、客じゃなくても朝食は食べられる

日中はこの近辺にあるカフェと同じように食事やコーヒーを出してくれるところになっていて、わりとちゃんとした食事をとることができる。ホステルなので朝から営業しているのがいいよな。

夜は25時くらいまで営業するバーになっていて、これがまた楽しい。宿泊客にくわえて外からも結構人がやってくるのでまさにラウンジ的な盛り上がりがある。

クラフトビールもそろっているし、カクテルもそこそこ美味しいので、蔵前あたりでは貴重なナイトスポットになっている。僕としては夜のラウンジ的な盛り上がりの方が独特な感じがあって好きだな。終電を気にせず、なんなら泊まってみるのもよさそうだ。

夜のバーもまた楽しい

宿泊客は出会いを求める外国人から、就職活動中の若者までさまざまな人たちが集まっている印象。ドミトリーだと安いけれど、シングルやツインルームということになるとすぐ近くにあるアパホテルとあまり差がないような感じがある。

快適な滞在ということであれば近くのビジネスホテルに泊まって、ここはラウンジだけ楽しむというのでもいいかもしれない。

Nui. | HOSTEL & BAR LOUNGE
住所:東京都台東区蔵前2-14-13
時間:8:00-25:00
休み:なし

Related Post

広尾のカフェアパショナートは二階席で寛ぐ時間が気持ちいい... 広尾界隈でのランチでちょっとのんびりしたくて立ち寄ったところ。通りに面した一階席は軽くコーヒーを飲んだりするのにちょうどいいスペースで、二階席はソファや一人掛けのスペースもあって一人でも居心地よく過ごすことができる。 食事については少し微妙だなと思うけれど、コーヒーは美味しいしちょっと寛ぐ時間...
リノベーションカフェから個性派まで、台南で外せないオススメなカフェリスト7選... 台南って古い建物がたくさん残っていて、一部は廃墟になってしまったりしている。最近はちょっとしたリノベーションブームが起きていて、古い建物を使ったカフェなどができていたりする。 そして、それに影響されるように面白いカフェも増えてきていて、東京や台北にも負けないくらい楽しい。この街の規模でこれだけ...
ICE MONSTERでマンゴーかき氷を食べる 今回の旅で最も台北的で観光的な行為といえば、ここICE MONSTER(冰館)でかき氷を食べたこと。ここは日本人、台湾人でにぎわっていました。 場所はMRT板南線 國府紀念館駅駅の近く。誠品書店の隣の駅でタクシーで移動しても100元かからないくらいなので、ちょこっと一緒に行ってみるのがいいかも...
ロマンティックで幻想的な青の世界 、喫茶「ソワレ」でゼリーポンチ... かさぎ屋に続いて竹久夢二の世界観。四条通りをすこし入ったところ、南座の近くにあるロマンチックな雰囲気の純喫茶のお店。 友人におすすめされていて、一度行ってみようと思っていたのだがお店の前でばったりその友人と遭遇。東京住んでいるのに、まさか同じタイミングで京都にきていて、おすすめのお店で遭遇しち...
阿憨鹹粥の虱目魚肚粥は台南で最高の朝食のひとつ... 台湾でよくみかける魚である「虱目魚」。サバヒーと呼ばれる魚で鯖の仲間かと思ったら全然違うらしい。ミルクフィッシュと呼ばれる白身の魚で熱帯から亜熱帯にかけて生息する魚であるということ。でも、味も大きさも鯖に似ていると思う。 阿憨鹹粥はサバヒーを使ったお粥をだすお店で、地元でも名店のひとつ。ガイド...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください