せんべろな飲んべえの聖地である立石において、蘭州の餃子も外すことができない人気店だ。ランチ営業はしていなくて、夜しかやっていない中華料理店なのだけど、平日でも混雑していてお店の前に待つことになる。大人数で行っても入れないと思うので、立石めぐりをするときは少数精鋭でのぞみたい。

お店の場所は立石駅の北口にあり、歩いて1分くらいのところ。呑んべ横丁とは商店街をはさんで反対側にあり、結構静かなエリアにある。店内はほぼカウンターで奥に少し座敷席があるくらい。ここも長居をするようなお店ではないので、お客さんの回転ははやい。

厨房のなかの息子さんと思われる人はひたすらに餃子を焼いていて、かなり手際がいい。この餃子って作り置きとかしているのかなと思ったら、カウンターの向こう側でお店のお母さんがひたすらに超絶的なスピードで皮をつくって具をつつんで餃子を組み立てていた。作り置きをしない(またはオーダーが入りすぎてできない)餃子は美味しいに決まっている。

焼き餃子と水餃子、そして瓶ビールを頼んで待つこと数分。最高のぎょびー(餃子とビール)の風景だよなあって思う。焼き餃子はシンプルにカリッとした皮と具のボリュームがあって食べ応えがある。ラーメンも気になったのだがハシゴしているしなあ・・と今回は断念。

焼き餃子
水餃子とビール、ぎょびー
水餃子にはパクチーをちらすトッピングも美味しい

そして、なにより驚くのは水餃子の美味しさだ。作りたての餃子の皮はもちもちでほどよき分厚さがつくる食感は抜群に美味しい。餃子がこんなに美味しいのかと、そして中国の蘭州に行けばこんな料理がたくさんあるのかと感動するくらい。帰りの電車のなかで蘭州がどこにあるのか調べてしまった(ちょっと行ってみたい)。

皮の美味しさもそうだし、具材もまた味わい深いんだよなあ。つけだれのラー油も自家製のようでこれもまた絶品の味だ。それでいてここもやはりぎょびーをしてひとり1,000円いかないくらいという料金なのは幸せすぎる。お腹いっぱいであっても、ここの餃子は別バラで食べられてしまうと思う。

蘭州
住所:東京都葛飾区立石4-25-1
時間:18:00-25:00
休み:月曜日

Related Post

クアラルンプール最大の屋台街のジャラン・アローで夕食を楽しむ!... ペトロナスタワーでのんびりと噴水をみたあとは、少し早めだけど夕食を食べにクラアルンプール最大の屋台街であるジャラン・アロー(Jalan Alor)へ行ってみることにした。 原宿と新宿を足したような繁華街のブキッ・ビンタンというエリア。そのなかで、歩いて数分くらいの小さな裏通りであるジャラン・ア...
東京のお花見散歩「桜橋と隅田公園」編... 山谷堀公園を隅田川の方へ歩いて行くとスカイツリーがだんだん大きく見えてくる。大通りを渡ったところで隅田川の護岸に出てくるのだが、ここにあるのがX字型にかけられたデザインが特徴的な桜橋が見えてくる。 ここは歩行者専用の橋なのでのんびりと渡れるのが、浅草のあたりで好きな場所だ。 桜橋の上か...
橋底辣蟹は大人数で行けば楽しい 中華料理って大人数でいった方が楽しい。ということで、今回の旅では現地集合の旅だったので夕食に選んだのは橋底辣蟹。 場所は香港島の灣仔エリアで地下鉄の銅鑼湾駅から歩いてすぐのところ。もともとは橋の下にあるお店だったということで店名だけは残っているけれど、いまは陸地にあがってきて立派なお店になって...
ヨシカミ浅草店 – 古き伝統的な洋食... 僕にとって、浅草とは洋食の街だなあ・・と思っていて、フジキッチン、モンブランに並ぶ有名店であるヨシカミの浅草店(もう一店舗はなんと羽田空港にある)。 場所はつくばエクスプレス浅草駅にほど近いところにあって、浅草観光にも便利じゃないかと思う。人力車のお兄さんが「ここはむちゃくちゃ混んでい...
中みっちゃん(立石)は地元密着型な居心地いい居酒屋... 立石を飲み歩いているときに看板とお店の雰囲気が全然違うところがあり、これは閉店した店舗で内輪で飲んでいるのかと思っていたくらい。 でも、何度か通るうちにどうやら赤提灯もあるし、小さい看板もあるのでお店らしいと気づく。お店の看板は天ぷらやなのだが、店先にある赤提灯の「中みっちゃん」というのがこの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください