南房総をドライブしているなかで必ず立ち寄ってみてもらいたいところのひとつは房総半島の南端である野島崎から少し離れたところにあるシラハマアパートメントというところ。

パワースポットである野島崎もいいところだと思うけれど、そこしか行かないのはもったいない。近くにあるここのカフェで過ごすひとときは最高に気持ちがいい。道路をはさんだ向こう側にみえる海の風景と風はすごく贅沢なものだなって思うはず。

前回の訪問:シラハマアパートメント – 南房総のまったりカフェ

一階がカフェになっている

シラハマアパートメントは古いアパートをリノベーションした複合施設であり、一部では宿泊することもできるみたいだ。住人はアート関係の人たちとかが住んでいてちょっとおもしろそう。

一階がカフェになっていて軽い食事をとったりお茶したり、車の運転をしていないのであればビールやカクテルもあるのでお酒を楽しむこともできる。僕は車を運転しているのでお酒を飲むことはできないのだが、ここで飲むお酒は気持ちがよさそうだ。

食事についてはカフェ飯っぽさがあり、僕が訪れたタイミングではメニューを縮小していたので別のところで楽しんだ方がいいと思う。ここから車で10分くらいのところにある、布良の冨鮨でランチしてから来るのもいい。

店内
窓の外には海がみえる
ノンアルコールのモヒート

ラウンジみたいにソファでゆったり寛ぐのもいいし、カウンターで外の風景を眺めながらお茶をするのもいい。天気のいい日は外のテラスもよさそうだ。雨の日はお客さんも少ないだろうから、そんな日にやってきて過ごすのもまたよさそうだなあって思う。開放的でゆるさのある独特の空間は居心地がいい。

ノンアルコールのモヒートを飲んだのだけど、美味しかったなあ。アルコール入りは相当度数が強そうで休日の昼に飲むには最高そうだ。コーヒーを飲んでのんびりするのもいいし、ドライブの休憩にもいい。唯一トイレが少し残念なのは老朽した建物のせいだな。

南房総をドライブするときにはこのカフェをルートに組み込んでおいて間違えはないと思う。

and on cafe
住所:千葉県南房総市白浜町滝口6734-2 シラハマアパートメント1F
時間:11:00-20:00
休み:水曜日

保存

Related Post

神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...
鹿児島の天文館あたりでひと休みするカフェなら「みなみ風」がおすすめ... 鹿児島市内の中心地である天文館界隈は歩いてまわれるくらいのエリアなのだが、時間を気にせずゆっくりひと息つける居心地いいところというとあまり見かけない気がする。ここまで来てチェーン系のお店に行くのもなんだし。 そんななかで見つけたのが「みなみ風」というカフェ。名前がいいし、ロケーションも「唐芋ワ...
太古101は新農街にある気軽で雰囲気のいいカフェ... 新農街を散歩していて前から気になっていたカフェに行ってみることにした。外がやたらと暑かったせいもある。新農街の中心にある交差点に位置するこのカフェはその住所である101号から、太古101という名前になっていて、そうかここも太古というところなのかと知った。 太古101へのアクセス 新農街の...
Hachi Cafe – 越後妻有の地産地消カフェ... 絵本と木の実の美術館の1階に併設されているカフェ。学校のなかで職員室だったのかな、そんな感じなのだけど、ウッディなインテリアと明るく開放的な店内、そして開け放たれた窓から外の空気が入ってきて、すごく気持ちがいい雰囲気。Hachi というのはこの地区が鉢地区と呼ばれていることからつけられたネーミングみ...
ゆーゆー(尾道) – 古い銭湯をリノベーションしたカフェ... 尾道の商店街のなかにあって、見た目は完全に銭湯なんだけど、なかはカフェというユニークなお店。 約100年続いた銭湯「大和湯」を改造したとのこと。なので、ついついカフェ「大和湯」と思ってしまいそうだが、「ゆーゆー」というかなり一般的な店名なのがやや残念。 男女で出入り口の区別とかは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください