立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思えてしまう。

そんな立石界隈で、宇ち多゛と並ぶ人気の有名店なのにハシゴ酒を許してくれるのは、呑んべ横丁の端にある「江戸っ子」という居酒屋。ほぼ全席カウンターの居酒屋はいつ行っても行列が絶えない人気のお店だけど、意外なほどに回転がはやいのでちょっと待てば入ることができる。隣の人と肩寄せ合うくらいの雰囲気は知らない人とも打ち解けてしまうあたたかさがあるな。

肉豆腐とハイボール
串焼きは絶品、そして激安
だいたい何食べてもうまい

この雰囲気をつくっているのは、お店のオーナーの方を含めた女性陣のスタッフだと思う。男社会が多い立石の居酒屋で、女性がメインになっているのはちょっと珍しく、それもあってあたたかい雰囲気があるんだよな。うっかり「ただいま」とかいってしまいそうになる感覚がある。

ここのハイボールは酎ハイなのだがそれを頼んでみると、アルコール度数にびっくりする。そりゃ、こんなの飲んでいたら足に来るよな。優しい雰囲気だけど、気を抜くと危険なところだ。

料理は肉豆腐を頼むのは基本だと思う。あとは串焼きを適当に頼むのだが、メニューがあまりにも多くて迷ってしまうとも思う。そういうときにはお店の人やまわりの人にきいてみるのもいいと思う。というか一人で飲んでいるときに「なににしようかなあ・・」とか口走ると他のお客さんから「あれがいいよ」とかおすすめが出てくることがある。立石とは独り言が許されない街なのだな。誰かが拾ってくれる。

この距離感がいいと思うかどうかは人それぞれなのかもしれないけれど、本当に1,000円で酔っ払えるところがあり、このあたたかい雰囲気は下町ならではの感覚なのだと思う。立石の飲みをハシゴするときには二軒目以降にやって来てちょっと一休みしたい。

江戸っ子
住所:東京都葛飾区立石7-1-9
時間:16:00-21:00
休み:日曜日、不定休

Related Post

蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...
カカオ豆からシンプルにチョコレートを作る、蔵前の「ダンデライオン・チョコレート」が楽しい... 蔵前にあるDANDELION CHOCOLATEへ行ってきた。ここは、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作っているとか、古い倉庫をリノベーションした開放感あるお店の雰囲気とか、ブルーボトルコーヒーのチョコレート版みたいな感じがある。 と思ったら、ダンデライオン・チョコレートもブルーボ...
大木屋で肉のエアーズロックを堪能する... 超巨大なメンチ もんじゃ屋さんが本業なのだけど、ものすごいインパクトがあってフォトジェニックな分厚いステーキ肉を食べられることで有名な大木屋に行ってきた。 有名店なので、予約は1ヶ月くらい前にはもうほぼ埋まっている。1予約あたり最低5名以上で、これは死守しなくてはいけない数字。なので、...
清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
旬の蔵パセリにいけば佐賀の日本酒がなんでも楽しめる... 前にも訪問したのだけど、このお店はやっぱりいい店だと思う。佐賀に来ると、だいたい来るところ。 で、ほぼ100%の確率で泥酔してお店を出ている。 なにがいいって、ここに来ると佐賀の日本酒はだいたい飲むこと出来るし、地元の旬の食材を楽しむことができるのがいい。お店は佐賀駅からはちょっと離れて...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください