お酒を飲んでいると入店できないお店がある立石のなかでは、ハシゴ酒に対応してくれるカジュアルな立ち呑みスタイルのお店。立石駅の南口を降りて線路沿いに青砥方面へ少し行ったところにあるのだが、ここら辺はやたらと道路と電車の距離が近い気がする。かなり迫力ある電車の通過を体験する。

毘利軒はL字型のカウンターだけの小さなお店で、気のいい女性の方がひとりで切り盛りしている優しい雰囲気のお店。カウンターの上にはビリケン様が乗っているのが関西っぽい。

エビとソーセージ
れんこん
れんこんかじったところで、鶏が登場
紅ショウガ
きす

二度付け禁止のソースの箱が几帳面に並べられている店内は清潔で一見さんでも入りやすいと思う。ただし、トイレは他のお店と共同らしく、外にあるとのこと。

料理は関西風の串かつがメインになっていて、まずはセットで注文するのが断然お得。酎ハイと串カツが何本かセットになって730円とかまさに「せんべろ」なお店だ。串かつというか串揚げのなかでは若鶏がボリュームあって美味しいのだけど、セットには入ってくるのでかなりお得感がある。これは骨付きのもも肉を揚げていて結構大きい。これをはふはふとかじりつきながらお酒を飲むというのが楽しいんだよな。

単品ではキスの串揚げとかが美味しかったな。酎ハイはアルコール度数で勝負している感じで、一杯で結構酔っ払える感じだ。そしてセットに単品をくわえてもひとり900円くらいだったはず。立ち飲みということもあり、時間をかけてのんびりすというよりも串かつ食べて酎ハイ飲んでお店の雰囲気楽しんで、そして値段に驚くというのがこのお店のスタイルかな。

ひとりでも入りやすいし、立石界隈の飲み屋では入りやすいお店だと思う。

毘利軒
住所:東京都葛飾区立石1-22-6
時間:17:00-22:00(土祝15:00-)
休み:日曜日

Related Post

蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...
アライズ コーヒー エンタングルにてのんびりとしたコーヒーを楽しむ... 清澄白河のブルーボトルから50mくらい離れたところにあるアライズ コーヒーの焙煎所。そこが新しくつくったカフェが清澄庭園のすぐ近くにあるというので行ってみた。 見た目は普通の喫茶店ぽくて、なかに入ると雑貨店みたいな雰囲気もある。結構色んな人が出入りしていて、朝から賑わっている。 ブルーボ...
賛否両論 Kakuuchiで一日の終わりに手軽な和食... 2016年10月に恵比寿ガーデンプレイスの端っこにオープンした「BRICK END」というおしゃれな横丁。そのなかの一軒に予約のとりづらい日本料理店のひとつである賛否両論の姉妹店があるので行ってみることにした。 賛否両論 Kakuuchiへのアクセス 恵比寿ガーデンプレスにある東京都写真...
味噌坐 玉響(湯島)これぞ居酒屋っていう雰囲気... 上野にこんなお洒落で雰囲気ある居酒屋あったのかって思ってしまった。外国人を連れてきたらすごい喜びそう。西麻布や、有楽町にある有名なお店より全然美味しいし、値段も手頃なのがいい。 カウンター席だと炊事場にいる店主が黙々と仕事をこなしていく様をみているのもいいし、奥の座敷は江戸時代の居酒屋ってこん...
大福 – 通な雰囲気の広島お好み焼屋さん... 街を歩いていて、Google Mapで発見。こんな場末のスナックとかあるような雰囲気のところにあるのか?と思ったら本当にあった。 カウンターだけのお店で、すっごい無口な男性の方がひとりでもくもくと焼いています。肉玉そばが450円で瓶ビールが500円。1,000円で満足できるというステキなお店。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください