東京にこんなところがまだあったのかという下町の面白さが残っている立石の街。そんな街のお寿司屋さんは立ち食い鮨だけど絶品の江戸前が楽しめる。

せんべろなお店が多い立石のなかでは少し高級店の部類に入るのだけど、もっとも高いネタでも380円というところだし、少しつまんで楽しむくらいがいいところ。すごい人気店で平日であっても16:00過ぎには品切れで店じまいしてしまうことがあるので立石めぐりのなかでは、ここではアルコールを飲まない前提で、まず最初に訪れたいところだ。

お店の場所は立石駅南口を降りて線路沿いに少し八広方面に向かったところにある。暖簾が目印で、夕方に店じまいしてしまうと暖簾が外されてしまう。平日でも並んでいることが多く、宇ち多”に入る列と同じ路地のところで待つことになる。タイミングを逃すと結構待つことになるが、地元の人だけであれば、まあわりと回転ははやい。

店内は混雑時には写真撮影が禁止となるので、週末などはここで鮨の写真を撮ることは不可能。平日のそれほど混んでいないときには鮨の写真を撮ってもOKというゆるいルールがある。お店の人に一声かけて確認しておくのが安全だ。

しめさば
ぶり
ほたて
ほたるいか

もっとも高級だった煮はまぐり
エビも高かった。とはいえ380円だけど。

江戸前の寿司店ということで、ここではトロとかわかりやすいネタよりも、コハダとか昆布〆の鯛とかが美味しい。あとは旬の魚もちょっと熟成させているのか濃厚な味わいがある。これだけの質の鮨を立ち食いでかなり気軽な料金で楽しめるのは幸せというほかにない。

生しらすとかちょっとずつ豪華にしていって、煮ハマグリや海老をラストにもってくるとかなり豪華な感じがあり満足度が高いのだが、お酒を飲まないこともあり一人あたりの料金は2,000円しないくらい。ここで満腹になってはダメだ!と思うのだが、それでもついつい結構食べてしまう。

立石の呑み歩きハシゴはまず鮨からスタートするという豪華さではじめてみるのがいい。

栄寿司
住所:東京都葛飾区立石1-18-5
時間:11:30-品切れまで(夕方には閉まることが多い)
休み:木曜日

Related Post

「もちもち」「ふわふわ」「しっとり」の三位一体!神がかった食パンな「ペリカンのパン」... 銀座のカフェ ド ロペで出会ったペリカンのトースト。外はかりっと、なかはふんわりした食感がすごい美味しい。こいつはただものじゃない食パンだと感じていた。 このお店が浅草の田原町にあると知って調べたところ、予約しないと買えないという。しかし、逆にいうと予約をしておけば並ばずに購入することができる...
フレンチな大衆居酒屋、森下の山利喜で飲んできた... 東京の東側にある森下という街はJR線も通っていなくて少しマニアックなところだけれど、地下鉄でのアクセスが便利な穴場の街だと思っている。そんな森下のなかで人気な居酒屋である山利喜で飲んできた。気さくで手軽なお店なのに、手が込んだ料理を出してくれて、ちゃんと美味しい。なんて幸せな居酒屋なのだろうか。こう...
清澄白河のブルーボトルコーヒー訪問... 日本にオープンすると知ってから、そして清澄白河!というところから気になっていたブルーボトル。オープン時の喧噪もそろそろ落ち着いたんじゃないだろうかと訪れてみることにした。 はじめて行ってみたのは平日の朝イチ。つぎに訪れたのは休日のやはり朝イチ。朝の時間帯だと、曜日に関わらずお店はのんびりとして...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...
立石のおでんやは名前そのまんま「おでんや」さんでした。... 立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください