立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合をいれてグッとあける必要がある。

外観、中の様子まったくわからない
扉はグッと開けること

外からはお店の様子がまったくわからず、混んでいるのか空いているのかも伺えないので、結構ハードルが高いお店だなあと思う。しかし、だいたいは混んでいて入れたらラッキーというお店なのだから立石はおもしろい。すごく静かなお店なので大人数で騒ぐと怒られそうな感じがある。少人数でおでんと日本酒をちびちびと楽しむのがいい。

店主の方はもの静かでちょっと無愛想に思えるかもしれないが、細かいところまで気が利いていて、オーダーもちゃんと通っている。こういうのって慣れとか呼吸をあわせるとかいうのだろうが、お店の雰囲気があえばすごく居心地のいい空間だ。僕はこのこぢんまりとした感じがとても好き。時代劇のセットに入り込んだようだ。

おでんと日本酒
おでんは上品でおいしかった

おでんは定番ものから、ちょっと変わったものまで何点かある。僕はもうハシゴをしてきたところなのでおでんは控えめにして日本酒を楽しむことにする。日本酒は店主みずから探してきたこだわりのものが並んでいて、常温で飲むものから冷やで飲むものまでそろっている。まずはおすすめを飲んでみて、好みを伝えて自分にあったものを選ぶのもまた楽しいのではないだろうか。

すごく静かなお店なので、江戸っ子みたいなアットホームな感じとは違うけれど、宇ち多”みたいな敷居の高さがあるわけでもない。ちょっと通って日本酒を楽しみたいお店だなあって思えるところだ。店主の方のいい味もまた魅力のひとつなんだと思う。

おでんや
住所:東京都葛飾区立石7-1-7
時間:19:00-23:00
休み:月曜日

Related Post

エビス新東記で食べるシンガポール料理... 恵比寿にあって、シンガポール政府観光局お墨付きのレストランである新東記に行ってきた。恵比寿の駅から坂道を上がっていくので、距離のわりには面倒だな・・と思ってしまう立地。お店の雰囲気は居酒屋みたいな感じで、神楽坂にある支店の方は好きで何度か行っているのだけど神楽坂の方は閉店してしまったので恵比寿へ訪問...
「の毛 わかば」は正しき居酒屋だった... 野毛のちょっと端っこに近いエリアの雑居ビルみたいなところの二階にあるお店。 居酒屋というか小料理屋と呼んでもいいような感じで、一品料理が秀逸に美味しいところだった。そうだよな。 お酒を楽しむところというのはこういうところがいいよなって思えるお店。 お店は雑居ビルみたいなとこ...
浅草の酉の市に行ってきた もう去年のことになるのだが、浅草の酉の市に行ってきた。昨年は三の酉まであったのだが、僕が行ったのは二の酉のタイミング。ひさびさに訪れたが、すごい熱気で楽しかった。夜市っていいよね。 浅草の酉の市に行くには最寄り駅は日比谷線の入谷駅になる。ここから徒歩10分くらい。帰りは浅草まで歩いたの...
カカオ豆からシンプルにチョコレートを作る、蔵前の「ダンデライオン・チョコレート」が楽しい... 蔵前にあるDANDELION CHOCOLATEへ行ってきた。ここは、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作っているとか、古い倉庫をリノベーションした開放感あるお店の雰囲気とか、ブルーボトルコーヒーのチョコレート版みたいな感じがある。 と思ったら、ダンデライオン・チョコレートもブルーボ...
超絶コストパフォーマンスのいい江戸前な居酒屋「魚三酒場」で魚を食べる... 門前仲町にある老舗の有名店。地元の人からは「愛想の悪い、どうってことねえ居酒屋だよ。あんなの観光客向けだ。」という人もいるけれど、どんなもんだろうと行ってみた。いつも混雑していてなかなか入れない人気店だけど、平日は20時半くらいを過ぎるとだんだん空いてくるので、タイミングをはかっていけばスムーズに入...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください