夕方近くから飲める街である立石で待ち合わせをするにはうってつけのところが立石仲店商店街にあるカフェ・ルミエールという喫茶店。

もう昭和がまるごと残っているかのようなところで、全席喫煙可能なのとお手洗いも昭和仕様なのをのぞけば最高に雰囲気があっておもしろいところだ。

商店街のなかにお店がある
意外と広い店内
ひさびさに見かけた公衆電話

ここは「間宮兄弟」という映画のロケ地にも使われたところで、あのゆるい映画を観たことがある人にはより楽しめるところ。平日の夕方に訪れたのだけど、お客さんは僕だけでゆっくり過ごすことができた。

とりあえずブレンドコーヒーを頼んだのだけど、思い切りインスタントコーヒーみたいなのが出てきた。でも、なんだかそれすらこの店の味なんじゃないかと思えてしまう。店内には電話ボックスがあり、数年ぶりに公衆電話をみた気がする。

インスタントコーヒーを飲んでぼけーっとしていたのだけど、一匹の猫がお店の奥から歩いてきた。僕の横を通りすぎるときに一瞥をして、そして公衆電話の向こう側をまわってお店の奥へとふたたび消えていった。あれはなんだったのだろうか、店員さんだったのかなと思ったのだけど、お会計のときに看板猫だということを知る。すごいツンデレな看板だな。

立石で待ち合わせするときに0次会で先にお酒を飲むと予定がくるってしまうし、ノンアルコールでのんびりとできる場所というのは貴重なものだ。古くからある喫茶店の雰囲気も含めて立石では訪れておきたいお店のひとつ。

カフェ・ルミエール
住所:東京都葛飾区立石1-20-7
時間:10:30-19:00
休み:不定休

保存

Related Post

太古は夜におすすめのカフェ 夕暮れ時に新農街にやってきて、街が始まるにはまだちょっと間があるなというところで、ちょっと立ち寄ったカフェ。 薄暗い店内のなかに無造作にソファが置かれている感じは恵比寿にあるヌフ・カフェみたい(あのカフェ最近行ってないがまだあるかな)。もう日も暮れそうだしお酒でも飲むかなと思い、モヒートとフラ...
Cupping RoomのNitro Coffeeは全く新しい飲物である... PMQからほど近いところにあるカフェ。コーヒーが美味しくて有名なところで15:00過ぎにいったら店内は満席だった。 香港といえば、例えば美都餐室みたいな、出てきた時点でミルク入っているインスタントコーヒー、みたいなイメージだったのだけどすっかり変わったようだ。 ここでのおすすめは...
カフェ えどもんずでワインのようなブルーマウンテンコーヒーを味わう... アジフライで有名なさすけ食堂のほぼ向かい側にある古民家カフェの「カフェ えどもんず」。さすけ食堂の待ち時間に訪れる人も多いのだけど、美味しいコーヒーとゆっくりした時間を過ごすのであればやはり食後に訪れたいところ。挽き立てのブルーマウンテンコーヒーはワインのように深い味わいだった。 カフェ えど...
【閉店】カフェとアンティークショップが融合した「Love Lovely 美好生活古董行」... 店内のあちこちに骨董品のような雑貨が飾られていて、ヨーロッパの蚤の市のようなカフェ。おしゃれで面白い。でも、東京にもよくある雰囲気といえばそうなる。違いといえば、店員さんがメイドさんの格好をしているくらいかな。 女子うけするだろうなあ・・というエントランスから入ると代官山とかにあるよう...
不思議な隠れ家「秘氏咖啡」でマニアックなコーヒーを楽しむ... 正興街から北の方に少し歩いて行くと、細いとおりにがやがやとした市場にやってくる。ここは永楽市場という場所で台南の人の台所となって賑わう市場なのだけど、秘氏咖啡はそんな市場の二階にある。え、これどうやって二階上がるんだよ、みたいなところで二階は半分住居なのだろうか・・ひっそりと静まりかえっている。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください