※[2017年8月4日]立石駅の高架化開発のため、駅から離れたところに移転となったみたいです。。

夕方から立石で呑み歩いていると22時には深夜のような気分になる。江戸っ子で話しをしていた方が「駅前にある与作っていうお店で飲むの結構いいですよ。駅前だから安心だし」というアドバイスをもらった。たしかに、泥酔した夜であれば駅に近いところで飲むのが安心だ。

与作は立石駅の北口出てすぐ目の前のところにあるお店で、昼間は定食屋さん、夜は終電近くまで定食屋さん兼居酒屋みたいな感じになっている。メニューはアジフライ定食とか書いてあったりするのだが、アジフライだけ頼むこともできる。例によって値段は立石価格で結構飲んだけれど1,000円ちょっとだった。

酔って写真撮っているのでかなり適当ですが、これが外観です
ポテトサラダ
ホタルイカの刺身、めずらしい
のどぐろの焼き魚
食べた記憶あまりないけど、各種フライ

さらにここは居酒屋としての秘めたる実力があると思う。僕が行ったときには鮮度がないと出せない生ホタルイカの刺身があったし、焼き魚のラインナップにしれっと高級魚のノドグロがあったりする。そして、どちらも魚屋で買うより安い金額であったりするのが驚きだ。こういうところで、美味しい魚をつまみながら飲むお酒というのも、またいいよなあ。

だいたいにおいて、ここのお店にたどり着くときには泥酔しているので色々とあやういのだが、それでもお店のオヤジさんは優しいし、なんだか居心地がいい。下町情緒ある隠れた名店だと思う。

なにより終電を気にしつつ飲んでいても、時間になればすぐに駅につけるのがいいよな。さすが立石常連さんによる貴重な情報。呑み歩きのラストに行く店としてはとてもいいところだと思う。

2017年8月4日追記:立石駅前の再開発に伴い移転しました。

与作
住所:東京都葛飾区立石4-25-11
時間:8:00-23:00
休み:日曜日、不定休

保存

保存

Related Post

ふく手羽 佐賀 – 佐賀まちなかバル1軒目... 11月の連休に大雨の唐津から戻ってきた。で、佐賀市内では「佐賀市街なかバル」というイベントをやっていて、当日券で3,500円で5枚チケット(5軒巡れる)という食べ歩きができるので、ちょっと参加してみた。 佐賀駅の観光案内所でチケットを購入して、地図を眺めながらまずたどり着いたのは、「ふく手羽」...
浅草の老舗喫茶店「銀座ブラジル」でモーニングを楽しんできた... 浅草にあるけど銀座。支店というけど銀座にある本店はつぶれてしまったのでいまではここが実質本店。 銀座だけどブラジル、いやむしろ「銀座×ブラジル」ということなのだろうか。 店名はもはや「浅草ブラジル」でもいいような気がしてしまうが、それだとサンバカーニバルと勘違いされそうだからやはり「銀座...
「の毛 わかば」は正しき居酒屋だった... 野毛のちょっと端っこに近いエリアの雑居ビルみたいなところの二階にあるお店。 居酒屋というか小料理屋と呼んでもいいような感じで、一品料理が秀逸に美味しいところだった。そうだよな。 お酒を楽しむところというのはこういうところがいいよなって思えるお店。 お店は雑居ビルみたいなとこ...
お腹いっぱいでも食べられてしまう絶品餃子。立石の蘭州で最高にうまい水餃子を堪能する。... せんべろな飲んべえの聖地である立石において、蘭州の餃子も外すことができない人気店だ。ランチ営業はしていなくて、夜しかやっていない中華料理店なのだけど、平日でも混雑していてお店の前に待つことになる。大人数で行っても入れないと思うので、立石めぐりをするときは少数精鋭でのぞみたい。 お店の場所は立石...
昔ながらの暖かい雰囲気、荒木町の「酒房 一」で過ごす夜... はじめて訪れたお店なのに始めてじゃないみたいな感覚。たまにそういう場所に出会うことがあるのだが、荒木町の「酒房 一」はまさにそんなところだった。のんびりとした雰囲気、せかされることなくお酒を楽しむ、そういう夜を過ごすことができる。 酒房 一へのアクセス 荒木町にあるのだが、具体的には丸ノ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください