「千円あればべろべろに酔っ払える=せんべろ」というジャンルがあって、上野のアメ横あたりにもそうしたお店が集まっている。なかでも、アメ横の商店街から少し横に入った路地にお店が密集していて、カドクラ、たきおか、大統領という三店舗が「アメ横せんべろトライアングル」を形成している。

そのなかでも人気が高くて僕も好きなのはカドクラだな。圧倒的なコストパフォーマンスと料理の質は、とりあえず1,000円で酔ってもいいし、2,000円で料理も楽しみつつ酔ってもいい。なお、カドクラ、たきおか、肉の大山の三店舗をつなげて「ハムカツのトライアングル」というエリアにもなっているらしい。

立飲みカドクラへのアクセス

アメ横商店街の上野駅に近いエリアにある。商店街のところからABCマートとかあるあたりを東側に曲がってすぐのところで、上野駅から行った方が近い。

お店の隣はせんべろで競合する「大統領」があり、そして路地をはさんで斜め向かいには同じく立ち飲みで有名な「たきおか」がある。このエリアを「アメ横せんべろトライアングル」といって呑み歩きするのも楽しい。

立飲みカドクラについて

お店の入口に近い方は立ち飲みエリアとなっていて、オーダーして料理と引き換えにお金を払うシステムとなっている。奥の方は座席があって、そこでは普通の居酒屋のように後会計でじっくりと飲むことができる。こちらの座席エリアは予約も可能とのこと。

どちらがいいかは好みの問題だとは思うけど、僕は気軽に飲みたいって感じがあるので、立ち飲みエリアにいる方が好きかなあ。定番なのはビールよりもカドクラハイボールという居酒屋感のあるハイボール。これは、コリドー街にあるマルギンで出しているのと同じようにレモンとか柑橘系のフレーバーがついたハイボールで、通常のものより飲みやすい。その分、飲みすぎに注意が必要な一杯だ。

カドクラハイボール
チーズハムカツ
モツ煮

これを飲みながら食べ物としてはハムカツを頼むことを忘れてはならない。コストパフォーマンスに優れた一品であり、とりあえずハムカツをつまみながらカドクラハイボールで飲むだけであれば、1,000円くらいで足りてしまう。少し贅沢に行くのであれば、築地から直送されてくる刺身をつまんでみるのもいい。意外なほどにちゃんとした料理が出てくる。

だいたいのものはかなりコストパフォーマンスに優れているので、ちょこっと飲み食いするだければ満足できる。そしてなにより昼から飲めるというのもポイントで、休日などはここら辺を呑み歩いて過ごすというのもまた楽しい東京散歩になると思う。せんべろトライアングルのなかでは最も好きなお店だ。

立飲みカドクラ
住所:東京都台東区上野6-13-1
時間:10:00−23:30
休み:なし

Related Post

佐賀の「花たろう」で佐賀的な地産地消を楽しむ... 佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。 食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので...
鎌倉立ち呑みビストロな「ランデブーデザミ」で過ごす夜... 鎌倉小旅行のシメはこのお店で過ごすことが多い。鎌倉駅からほど近いところにある立ち呑みのビストロで、友人がやっていることもありちょこちょこと立ち寄っている。前回もそうだけど、ここで紹介しようか迷ったが、まあ地元の人が集う居心地いい気さくなお店なので紹介しようかと思う。 前回の訪問:鎌倉立ち飲みビ...
花生食堂(船橋)はいい意味で常連さんのための食堂って感じ。... 船橋って不思議なところで、郊外型の町の感じで駅前には大きなデパートがあったりするのだが、その裏側には昔ながらの下町っぽい雰囲気が残っていたりする。駅から裏通りに入ってすぐのところにある花生食堂もそんなところにある。 昔はこの近くに大きな市場があって、そこに来る人たちを相手に食堂をはじめたみたい...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
カフェと革製品のお店が融合した蔵前の「CAMERA」は居心地のいい空間... 蔵前にあるカフェで気になっていたところ。国際通り沿いで、近くにはいい感じの家具店などもあったりして古い街並みと新しい雰囲気が融合してきている一画だ。そんな雑居ビルの1階にあるのが「CAMERA」というカフェ。居心地のいい空間は色んなものが混在した面白いところだった。 「CAMERA」へのアクセ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です