「千円あればべろべろに酔っ払える=せんべろ」というジャンルがあって、上野のアメ横あたりにもそうしたお店が集まっている。なかでも、アメ横の商店街から少し横に入った路地にお店が密集していて、カドクラ、たきおか、大統領という三店舗が「アメ横せんべろトライアングル」を形成している。

そのなかでも人気が高くて僕も好きなのはカドクラだな。圧倒的なコストパフォーマンスと料理の質は、とりあえず1,000円で酔ってもいいし、2,000円で料理も楽しみつつ酔ってもいい。なお、カドクラ、たきおか、肉の大山の三店舗をつなげて「ハムカツのトライアングル」というエリアにもなっているらしい。

立飲みカドクラへのアクセス

アメ横商店街の上野駅に近いエリアにある。商店街のところからABCマートとかあるあたりを東側に曲がってすぐのところで、上野駅から行った方が近い。

お店の隣はせんべろで競合する「大統領」があり、そして路地をはさんで斜め向かいには同じく立ち飲みで有名な「たきおか」がある。このエリアを「アメ横せんべろトライアングル」といって呑み歩きするのも楽しい。

立飲みカドクラについて

お店の入口に近い方は立ち飲みエリアとなっていて、オーダーして料理と引き換えにお金を払うシステムとなっている。奥の方は座席があって、そこでは普通の居酒屋のように後会計でじっくりと飲むことができる。こちらの座席エリアは予約も可能とのこと。

どちらがいいかは好みの問題だとは思うけど、僕は気軽に飲みたいって感じがあるので、立ち飲みエリアにいる方が好きかなあ。定番なのはビールよりもカドクラハイボールという居酒屋感のあるハイボール。これは、コリドー街にあるマルギンで出しているのと同じようにレモンとか柑橘系のフレーバーがついたハイボールで、通常のものより飲みやすい。その分、飲みすぎに注意が必要な一杯だ。

カドクラハイボール
チーズハムカツ
モツ煮

これを飲みながら食べ物としてはハムカツを頼むことを忘れてはならない。コストパフォーマンスに優れた一品であり、とりあえずハムカツをつまみながらカドクラハイボールで飲むだけであれば、1,000円くらいで足りてしまう。少し贅沢に行くのであれば、築地から直送されてくる刺身をつまんでみるのもいい。意外なほどにちゃんとした料理が出てくる。

だいたいのものはかなりコストパフォーマンスに優れているので、ちょこっと飲み食いするだければ満足できる。そしてなにより昼から飲めるというのもポイントで、休日などはここら辺を呑み歩いて過ごすというのもまた楽しい東京散歩になると思う。せんべろトライアングルのなかでは最も好きなお店だ。

立飲みカドクラ
住所:東京都台東区上野6-13-1
時間:10:00−23:30
休み:なし

Related Post

魚金(五反田店)- ちょっとがっかりな海鮮居酒屋... 魚金といえば、新橋に本店があっていつも大人気で予約を取るのも難しい居酒屋というイメージだったのだが、五反田にも支店があるということで予約してみたら、結構あっさりいけたので訪問。 結論からいうと、そんなに安くないし、そんなに美味しくない。 場所は五反田駅から徒歩3~4分といったとこ...
「そばきり みよ田」(松本)は蕎麦がいただける居酒屋みたいな感じ... 上諏訪の呑み歩きに参加した翌日。そのまま戻るのももったいないが、あいにくの雨だったこともあり、行き慣れた松本へ移動してみることにした。 上諏訪から松本まではローカル線で30分ほど。わりと混んでいる。 大信州を呑んでみる 松本について帰りの特急の予約をしてから街に出たのだが、はやく...
浅草橋のテンテコマイでオリジナリティある串揚げを食べる... ビリケンさんがお店の目印 美味しい串揚げ食べたくて、大阪まで行くのもいいなあとか思っていた矢先に発見した浅草橋の名店。 人気店で予約なしだと時間制限があったりするけれど、それでもさくっと訪れて串揚げを楽しむ価値があるお店だと思う。 「大阪串かつ テンテコマイ」へのアクセス ...
アメ横せんべろトライアングル「立飲み たきおか」で昼から呑み歩く... 「千円あればべろべろに酔っ払える=せんべろ」というジャンルがある。上野のアメ横には路地をはさんでお店が密集していて、カドクラ、たきおか、大統領という三店舗が「アメ横せんべろトライアングル」を形成している。 ということで、そのなかで今回は「たきおか」編。たきおかはアメ横内に複数店舗を持っていて、...
上野「うさぎや」のどら焼きはお土産におすすめ... 上野に来ることがあればだいたい立ち寄るのが、上野広小路にある「うさぎや」さん。ここのどら焼きは絶品で、自分用に買うのがメインだけど、人にあげるのにも最適なのでお土産に買っている。 銀座「空也」の最中ほど入手困難なものでもないし、それでいて上品な美味しさがある和菓子というと、ここのどら焼きは万人...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください