「千円あればべろべろに酔っ払える=せんべろ」というジャンルがあって、上野のアメ横あたりにもそうしたお店が集まっている。なかでも、アメ横の商店街から少し横に入った路地にお店が密集していて、カドクラ、たきおか、大統領という三店舗が「アメ横せんべろトライアングル」を形成している。

そのなかでも人気が高くて僕も好きなのはカドクラだな。圧倒的なコストパフォーマンスと料理の質は、とりあえず1,000円で酔ってもいいし、2,000円で料理も楽しみつつ酔ってもいい。なお、カドクラ、たきおか、肉の大山の三店舗をつなげて「ハムカツのトライアングル」というエリアにもなっているらしい。

立飲みカドクラへのアクセス

アメ横商店街の上野駅に近いエリアにある。商店街のところからABCマートとかあるあたりを東側に曲がってすぐのところで、上野駅から行った方が近い。

お店の隣はせんべろで競合する「大統領」があり、そして路地をはさんで斜め向かいには同じく立ち飲みで有名な「たきおか」がある。このエリアを「アメ横せんべろトライアングル」といって呑み歩きするのも楽しい。

立飲みカドクラについて

お店の入口に近い方は立ち飲みエリアとなっていて、オーダーして料理と引き換えにお金を払うシステムとなっている。奥の方は座席があって、そこでは普通の居酒屋のように後会計でじっくりと飲むことができる。こちらの座席エリアは予約も可能とのこと。

どちらがいいかは好みの問題だとは思うけど、僕は気軽に飲みたいって感じがあるので、立ち飲みエリアにいる方が好きかなあ。定番なのはビールよりもカドクラハイボールという居酒屋感のあるハイボール。これは、コリドー街にあるマルギンで出しているのと同じようにレモンとか柑橘系のフレーバーがついたハイボールで、通常のものより飲みやすい。その分、飲みすぎに注意が必要な一杯だ。

カドクラハイボール
チーズハムカツ
モツ煮

これを飲みながら食べ物としてはハムカツを頼むことを忘れてはならない。コストパフォーマンスに優れた一品であり、とりあえずハムカツをつまみながらカドクラハイボールで飲むだけであれば、1,000円くらいで足りてしまう。少し贅沢に行くのであれば、築地から直送されてくる刺身をつまんでみるのもいい。意外なほどにちゃんとした料理が出てくる。

だいたいのものはかなりコストパフォーマンスに優れているので、ちょこっと飲み食いするだければ満足できる。そしてなにより昼から飲めるというのもポイントで、休日などはここら辺を呑み歩いて過ごすというのもまた楽しい東京散歩になると思う。せんべろトライアングルのなかでは最も好きなお店だ。

立飲みカドクラ
住所:東京都台東区上野6-13-1
時間:10:00−23:30
休み:なし

Related Post

ふく手羽 佐賀 – 佐賀まちなかバル1軒目... 11月の連休に大雨の唐津から戻ってきた。で、佐賀市内では「佐賀市街なかバル」というイベントをやっていて、当日券で3,500円で5枚チケット(5軒巡れる)という食べ歩きができるので、ちょっと参加してみた。 佐賀駅の観光案内所でチケットを購入して、地図を眺めながらまずたどり着いたのは、「ふく手羽」...
「そばきり みよ田」(松本)は蕎麦がいただける居酒屋みたいな感じ... 上諏訪の呑み歩きに参加した翌日。そのまま戻るのももったいないが、あいにくの雨だったこともあり、行き慣れた松本へ移動してみることにした。 上諏訪から松本まではローカル線で30分ほど。わりと混んでいる。 大信州を呑んでみる 松本について帰りの特急の予約をしてから街に出たのだが、はやく...
多幸坊(門前仲町)は質の高い料理とお酒が楽しめる落ちついた居酒屋... 門前仲町界隈の居酒屋で一番好きなところ。もっと有名なところも沢山あるけれど、騒がしいしせわしないので、ゆっくり落ちついて料理とお酒を楽しむのであれば多幸坊がおすすめ。裏通りにある古きよき居酒屋という言葉がぴったりするいいところだと思う。 多幸坊へのアクセス 東京メトロの門前仲町駅から徒歩...
カヤバベーカリーのパンを買ってのんびりと過ごす... 谷根千あたりで人気のカフェといえば言問通り沿いにあるカヤバ珈琲。古民家をリノベーションしたカフェはすごく居心地がいいけれど、週末には混雑してなかなか入ることができない。 そんなときにはカヤバ珈琲から少し離れたところにあるカヤバベーカリーに行ってみるのもいいと思う。カフェではないけれど、天気のい...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください