「千円あればべろべろに酔っ払える=せんべろ」というジャンルがある。上野のアメ横には路地をはさんでお店が密集していて、カドクラ、たきおか、大統領という三店舗が「アメ横せんべろトライアングル」を形成している。

ということで、そのなかで今回は「たきおか」編。たきおかはアメ横内に複数店舗を持っていて、どこも賑わっているのだが、なかでも支持されているのはやはり本店。カドクラの斜め前にあるので呑み歩きにも便利な立地だ。カドクラから出てふらふらっと歩くと数歩で到着。

蛍光灯に照らされた店内はシンプルな作りとなっていて、カドクラよりも機能的な感じがある。メニューは壁に書いてあったりするのをチェックすればいいと思うが、ここでもシンプルにハムカツは忘れずに頼んでおきたい。ドリンクはホッピーとか酎ハイあたりが定番。

僕の好みでいえば、カドクラのハムカツの方がチャラい感じがあって好きなのだが、まあそんなに違いが出るような食べ物でもない。せんべろ感でいうと、たきおかの本店はかなり本格的な感じがある。

ハムカツ
もうひとつ外せないのは「なめろう」

もうひとつメニューで品切れでなければ食べておきたいのはアジのなめろう。千葉の方でよく食べられる漁師レシピだと思うのだが、魚と香味野菜を刻んで味噌で味をととのえた料理。これをちびちびやりながら飲むお酒が美味しいのです。なめろうも色んな種類があるけれど、ここのはクセがなくて食べやすい。そして、コストパフォーマンスに優れた一品。

立ち飲みということもあり、長居をしてお酒を楽しむというよりも効率的に飲んで食って楽しむという感じ。アメ横や上野の散歩ついでにお酒のんで気分転換くらいの感じで立ち寄りたいお店だ。

立飲み たきおか
住所:東京都台東区上野6-9-14
時間:7:00-23:30(日祝22:00)
休み:なし

Related Post

一平(船橋) – 古きよき庶民的な居酒屋... 千葉にある船橋は、いまもむかしも料理待ち的なところがあって、昔の海岸線である国道14号線の近くは路地が迷路みたいに入り組んでいたり昔の名残が残っている地区がある。 整理された状態よりもこういう混沌とした状態の方が好きな僕としては、好きな街のひとつなのだけど駅前からちょっと外れたところに一平とい...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...
浅草の酉の市に行ってきた もう去年のことになるのだが、浅草の酉の市に行ってきた。昨年は三の酉まであったのだが、僕が行ったのは二の酉のタイミング。ひさびさに訪れたが、すごい熱気で楽しかった。夜市っていいよね。 浅草の酉の市に行くには最寄り駅は日比谷線の入谷駅になる。ここから徒歩10分くらい。帰りは浅草まで歩いたの...
池袋の三馬力で馬肉づくし お店の外観 いまでは貴重になった生肉を食べるということを、手頃な価格で心ゆくまで堪能してきた。 熊本で買った肉乃橋本の馬肉もそうだけど、馬肉がこんなにもさっぱりしていて美味しいなんて、新しい価値観を発見した気分だ。 お店の場所は池袋駅からはちょっと歩くのだが、すごい怪しいエリアで...
東京最古の居酒屋「みますや」(淡路町)は雰囲気のいい大衆酒場である。... 東京でもっとも古い居酒屋として有名な「みますや」へ行ってきた。創業は明治38年(1905年)というから、100年以上の歴史がある。建物は昭和初期のものらしく少し新しいけれど、それでも入口の縄のれんに赤ちょうちんは雰囲気があり、店内も映画のセットみたいに趣がある、すごく面白い酒場だと思う。 「み...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください