僕のなかでは「せんべろ」と同じくらい不思議な言葉だったのだが「ぎょびー」という言葉。餃子にビールという組み合わせを略したものなのだけど、この間違えない組み合わせ!感動するなあ。

ということで、街中で美味しそうな餃子をみつけたらビールと一緒に食べることにしている。上野ではアメ横商店街にある昇龍が餃子に限らず有名な中華料理店で、手頃な価格帯で美味しい料理を楽しむことができる。

僕が訪れたタイミングでは本店が改装中だったので、カドクラのすぐ横にある支店(昇龍 part2)にいってみることにした。地下にくだっていたところにお店があるのだが、ランチタイムを外していっても店の外に何人か待っている人がいる。

メニューはあれこれあったのだけど、とりあえず餃子とビールを頼むことにする。オーダーしてから料理が出てくるまではかなりはやい。そして、のんびり食べているとお店の人にせき立てられるのでせわしないのだが、外で待っているお客さんもいるし、もくもくと「ぎょびー」を楽しむのがここのスタイルだと思う。

餃子とビールで「ぎょびー」。餃子がでかい!
はるまきも食べてみる。こちらもボリューム満点でうまい

出てきた餃子はかなり大きくて、餃子だけでお腹いっぱいになると思う。ミシュランガイドにまで載った銀座の天龍と比べても同じくらいの巨大さでちょっと圧倒される。皮はもちもちで食べ応えがあるのだが、中身にニンニクが使われていないこともあり案外さっぱりと食べることができる。

そしてなにより値段が下町価格というか、かなり安い。ここは餃子とビールで1,000円くらいで楽しめる「せんべろ×ぎょびー」の世界なんだなと思ったりする。

もちろん、ビールを頼まず餃子を食べるだけでも満足できる料理だと思う。この値段でこれだけ質の高い餃子を食べられるのは上野という立地を考えても東京で最も美味しい餃子のひとつにいれてもいいくらいだ。

※part2の方は閉店したとのことで、part1というか昇龍本店に移転統合されたみたいです。

昇龍 part2
住所:東京都台東区上野6-13-2 B1F
時間:11:30−21:00(日祝19:30)
休み:月曜日

Related Post

煉瓦亭のポークカツレツを食べてきた... 池波正太郎のエッセイを読んでいると、どうにもお腹が空いてくるのだが、そのなかで思い出のメニューとしてたびたび登場してくるのが、煉瓦亭のポークカツレツ。 その表現があまりにも魅力的で、かつ抗いがたいものだったので週末のランチに訪れてみた。 ランチの予約は4人以上ということで予約は出来なかっ...
シンプルで定番「広尾のカレー」のカレーライス... インドカレーとかではなく、家で作るような普通のカレーライスを無性に食べたくなることがある。自分で作るには面倒くさい、多く作りすぎてそのあとしばらくカレーざんまいになる。ということを考えてしまい、自分で作るには躊躇してしまうことがある。 そんなときに行ってしまうのが広尾商店街のはずれにある「広尾...
門前茶屋のあさり飯を食べてみる 東京の下町エリアで活気がある街のひとつは門前仲町だと思う。富岡八幡宮の門前町として栄えていて、深川エリアの雰囲気が残っている下町らしいところ。 深川に来たら、深川めし!というシンプルな希望にもっとも応えてくれているのは門前仲町駅近くにある門前茶屋だと思う。 門前茶屋へのアクセス 東...
井筒屋でいただく「かめ塩のうなぎ」... 冬の信州を一泊二日で旅してきた。ひさびさに国内を列車で旅をしてきたのだが、のんびりしたローカル線の旅って楽しいものだなって改めて思う。そして、気軽にお酒を飲みながら旅をできるのも列車の旅ならではというところ。 まず向かったのは山梨の小淵沢。朝に列車に乗りこむけれど、到着する頃はお昼になるので、...
かわなで食べる旬の味(いくら編) 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのだけど、僕が一番好きなのはなんといっても秋の「いくら編」。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください