東京の下町のなかでもさらにのんびりしている都電荒川線の沿線。あらかわ遊園という昭和感があるレトロな遊園地のすぐ近くにある駄菓子屋では、お店の半分に鉄板があってもんじゃ焼きや焼きそばを食べることができる。お店の名前は「こどもの家 きくや」という名前だけど、瓶ビールが置いてあって大人でも楽しめる。

「こどもの家 きくや」へのアクセス

都電荒川線の荒川遊園地前で降りてあらかわ遊園の方に向かってある遊歩道の横にある。お店の名前が書いてあるので、都電荒川線で来ると間違えなくお店が見つかるはず。駅から歩いて1分くらいのところ。

「こどもの家 きくや」について

こどもの家という名前がついているように、駄菓子屋がメインになっている。お店の半分のスペースに鉄板がおかれたテーブルが4つあってそこでもんじゃや焼きそばを楽しめる。

お店の貼り紙によると、土日祝しかもんじゃが楽しめないみたいだ。きっと昔は学校帰りの子供がここでもんじゃを焼いたりして楽しんだのだと思うけれど、最近では学校帰りに寄り道とかしていたら怒られそうだしスケジュールが忙しそうだから、もんじゃを楽しむ余裕があるのは大人だけなのかもしれないな。

こどもの家だけどビールがあるのが嬉しい
もんじゃ焼き
焼きそば

味については上記の通りなので期待をするというのはまた違うかなと思っている。美味しいもんじゃを楽しみたければ月島とか行けばいいわけだし。ここは、雰囲気がいいよなあ。子供が駄菓子を買うついで楽しむレベルなので値段も安い。鉄板に油をひいてかき回したもんじゃをどばーっとひいて少し炒めたあとはヘラで端から食べて行く。土手を作ったりするのではなく手軽に作れるのがいい。

焼きそばの具材は揚げ玉とキャベツというシンプルなもので、ソースを上からかけて自分で味つけしていく。どうってことのないものなのだけど、なんだかとびきりのどかな下町の駄菓子屋さんで瓶ビール過ごしながら食べるのは、これはこれで優雅な時間の過ごし方だよなあって思う。

昔は色んなところにあったのかもしれないが、いまでは貴重な下町の駄菓子屋で楽しむもんじゃの味というのもいいものだ。

こどもの家 きくや
住所:東京都荒川区西尾久6-32-10
時間:9:30-17:00
休み:火水(もんじゃや焼きそばは土日祝のみとの貼り紙あり)

Related Post

豚丼だけじゃない!定番のとんかつが美味しい「十勝豚肉工房ゆうたく」でランチ。... 帯広へやってきたら、この街のB級グルメである豚丼を食べてみたいというのは旅行者の気持ちとしてわかる。 でも、すごく混んでいて有名店などは1時間以上待ちそうな行列ができている。そこまでして食べたい、または食べる価値があるものだろうかと考えると、そこまでじゃない。僕には肉ノ五右衛門で買った豚肉があ...
白金商店街の「手打そば佶更」でランチを楽しむ... 白金商店街って山の手にある下町感があって好きなエリア。通りには車が行き交っていてやや忙しないけれど、散歩をしていて楽しいエリアだと思う。 手打そば佶更はその商店街のなかほどにあるところで、平日のランチであれば空いていてのんびりと楽しめるお店。 すぐ近くには同じく蕎麦店としてミシュランで星...
新宿でのうどんの名店 – うどん 慎... お店の外観 いろんな友人に「ここ食べておけ」とおすすめされていたところ。 新宿に出かける用事があり、ちょっとルートと違っていたのだけれど、ここで食べなければということで立ち寄ってみた。それほど大きな店構えではなくて、むしろちょっと狭い。外国人のお客さんが来ていたところをみると海外でも有...
井筒屋でいただく「かめ塩のうなぎ」... 冬の信州を一泊二日で旅してきた。ひさびさに国内を列車で旅をしてきたのだが、のんびりしたローカル線の旅って楽しいものだなって改めて思う。そして、気軽にお酒を飲みながら旅をできるのも列車の旅ならではというところ。 まず向かったのは山梨の小淵沢。朝に列車に乗りこむけれど、到着する頃はお昼になるので、...
コッペパンサンドの専門カフェ「えびすぱん」(恵比寿)は”すごく”良心的なとこ... 恵比寿駅から白金方面にバス通りをすすんだところに新しくカフェみたいなのが出来ていたので行ってみた。 もともとはお総菜屋さんがあったような気がする。外観も店内もおしゃれなカフェという感じ。働いている人たちもイケメン、または美人さん。だけど、売っているのはコッペパンに具を挟んだコッペパンサンド。ド...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください