東京の下町のなかでもさらにのんびりしている都電荒川線の沿線。あらかわ遊園という昭和感があるレトロな遊園地のすぐ近くにある駄菓子屋では、お店の半分に鉄板があってもんじゃ焼きや焼きそばを食べることができる。お店の名前は「こどもの家 きくや」という名前だけど、瓶ビールが置いてあって大人でも楽しめる。

「こどもの家 きくや」へのアクセス

都電荒川線の荒川遊園地前で降りてあらかわ遊園の方に向かってある遊歩道の横にある。お店の名前が書いてあるので、都電荒川線で来ると間違えなくお店が見つかるはず。駅から歩いて1分くらいのところ。

「こどもの家 きくや」について

こどもの家という名前がついているように、駄菓子屋がメインになっている。お店の半分のスペースに鉄板がおかれたテーブルが4つあってそこでもんじゃや焼きそばを楽しめる。

お店の貼り紙によると、土日祝しかもんじゃが楽しめないみたいだ。きっと昔は学校帰りの子供がここでもんじゃを焼いたりして楽しんだのだと思うけれど、最近では学校帰りに寄り道とかしていたら怒られそうだしスケジュールが忙しそうだから、もんじゃを楽しむ余裕があるのは大人だけなのかもしれないな。

こどもの家だけどビールがあるのが嬉しい
もんじゃ焼き
焼きそば

味については上記の通りなので期待をするというのはまた違うかなと思っている。美味しいもんじゃを楽しみたければ月島とか行けばいいわけだし。ここは、雰囲気がいいよなあ。子供が駄菓子を買うついで楽しむレベルなので値段も安い。鉄板に油をひいてかき回したもんじゃをどばーっとひいて少し炒めたあとはヘラで端から食べて行く。土手を作ったりするのではなく手軽に作れるのがいい。

焼きそばの具材は揚げ玉とキャベツというシンプルなもので、ソースを上からかけて自分で味つけしていく。どうってことのないものなのだけど、なんだかとびきりのどかな下町の駄菓子屋さんで瓶ビール過ごしながら食べるのは、これはこれで優雅な時間の過ごし方だよなあって思う。

昔は色んなところにあったのかもしれないが、いまでは貴重な下町の駄菓子屋で楽しむもんじゃの味というのもいいものだ。

こどもの家 きくや
住所:東京都荒川区西尾久6-32-10
時間:9:30-17:00
休み:火水(もんじゃや焼きそばは土日祝のみとの貼り紙あり)

Related Post

中目黒ランチ:ワイン&キッチンびーふてい... 中目黒の駅から徒歩2分くらいのところにあって、結構人気な焼肉店がランチもやっているので、ちょっくら行ってみた。 黒毛和牛が売りなお店なので、ランチもそうしたラインナップ。ハンバーグにしようか悩んだのだが、見た目がおいしそうな「黒毛和牛のカルビ丼」を注文。 待つこと10分程度で出てきたのが...
新橋の穴場的な名店「とんかつ 明石」でカツ丼のランチ... 新橋駅を挟んで、新橋駅前ビルと双璧をなすサラリーマン的な怪しいビルであるニュー新橋ビル。 そのなかでも、もっとも変なところにあるとんかつ屋さん。ニュー新橋ビル自体が結構独特の雰囲気なのに、その4階ともなるとシャッター街みたいになっている。その一画にあるのだが、シャッターだらけのところにとんかつ...
Feel Myanmar Food – ヤンゴン郊外にあるカジュアルで清潔なレストラン... ヤンゴン国際空港から市街地に向かう途中にランチで立ち寄ったレストラン。ちょっと裏通りな雰囲気の道路に車がびっしりと路駐されていて、みんなこのレストランのお客さんなのだとのこと。 ということで、ヤンゴンでも富裕層に人気な Feel Myanmar Foodレストランは、安全においしくミャンマー料...
間人(まにん)で食べる山形の板そば... 恵比寿駅からちょっと離れたところにある蕎麦屋さん。しゃぶしゃぶもやっているのだけど、ランチでそこまで・・ということで、もっぱら蕎麦を頼むことになる。 ここの蕎麦は山形の板蕎麦で、大ぶりな板に豪快に盛りつけられた蕎麦を、黒豚のつけ汁でいただきます。 このつけ汁が、山形ではあまり見かけないの...
カオソーイ ラムドゥアン – チェンマイのカオソイ老舗名店... チェンマイを含めた北部タイ料理って半端なく辛いものが多くて、はっきりいって僕は苦手なのだが、そんな辛いものが苦手な方や日本人にあう風味をもった料理といえばカオソイになるんじゃないかなって思う。 カオソイとは、簡単にいえばカレーラーメンみたいなもので、鶏ガラ出汁のイエローカレーにココナッツミルク...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください