新橋駅のSL広場からすぐのところにある鳥割烹の老舗は、三島由紀夫が自決する前に最後の晩餐をしたところとしても有名なお店となっている。三島由紀夫が食べたのは鶏鍋がついている夜のコース料理なのだけど、新橋の外の喧噪が無縁な静かな店内で食べるランチもまたいいものだ。

 

お店の外観

「鳥割烹 末げん」のランチ

明治時代からつづく老舗の名店ということもあり、高齢の方を中心に人気の高いお店。ランチは12時を過ぎると近辺のサラリーマンが並んできて混雑するので、ランチタイムのピークはずらした方がいいかもしれない。

お店の入口で靴を脱ぐスタイルのお店で、本当に新橋の外の喧噪が嘘みたいに静かで凜としている。たまに団体客がいるとうるさくなるが、それでも大した問題ではない。

ランチのメニューは「かま定食」という親子丼が定番なのだが、から揚げ定食もまた劣らぬ人気メニューになっている。でもまあ、だいたいの人は親子丼を食べているかな。

普通盛りと大盛りは100円差なのだけど、値段ほどの大きさの違いがあるような感じもしない。僕は大盛りを頼んでしまったけれど。

ここの親子丼は「かま定食」という名前で、普通の親子丼との違いは鶏のそぼろをつかい、卵とじで出てくるスタイルなところ。混雑していなければ料理は驚異的なはやさで出てくる。つゆは結構甘みが強くてすき焼きみたいな感じもある。鶏肉はそぼろなので肉のジューシーさをあまり感じないのは少し好みが分かれるところだ。

かま定食
鶏そぼろで作られた親子丼

全体的な味つけとかは、老舗の味といえばそれまでだけど、いまの流行とは少し違っているのかもしれないな。ただ、お店の雰囲気も含めて上品さはあって新橋にいることを忘れる。親子丼としての美味しさは個人的な捉え方によって違うところはあるけれど、別の料理なんだとすれば(実際名前が違うし)鶏そぼろすき焼き風味定食とかいう感じで結構美味しいと思う。

なにより、この空間に三島由紀夫もいたのかあという歴史を感じさせる雰囲気がいいところだ。コストパフォーマンスはよくないと思うけれど、旅行的な感覚でたまにはいいと思う。

鳥割烹 末げん
住所:東京都港区新橋2-15-7
時間:11:30-13:30,17:00-22:00
休み:日祝、土曜日不定休

Related Post

「銀座しまだ」で本格的な割烹料理を手軽なお得さで食べる... ひさびさに銀座の「しまだ」へ行くことができた。少し遅めの時間だったこともあり、すんなりの入ることができたのは幸運としかいいようがない。 いまではさらに人気店となり、東京を代表する立ち呑みの割烹料理店になっている。今回もまた感動的な美味しさだった。 前回の訪問:「銀座しまだ」で味わう至高の...
「さかた海鮮市場」と「海鮮どんや とびしま」で豪華な朝食... 酒田に来たら朝食はここ以外に考えられない。酒田港のすぐそばにある「海鮮どんや とびしま」での朝食。 朝7時からやっているのは市場直営ならではって感じがする。前の訪問はこちら。 アクセスは酒田駅から2キロくらいなので、僕はホテルをチェックアウトしてそのまま向かうことにしている。とは...
恵比寿のイタリアン Delizioso Italia の平日ランチはお得... 恵比寿で平日のランチで予約できるところって案外少ないのだが(あっても、コースだけとか高い)、デリツィオーゾ イタリアは手頃な金額ながら予約ができるので重宝できるお店。 とくに平日のランチは、前菜にパスタかピザ、食後にカフェとチョコレートまでついて1,280円とこの質に対しての金額は納得感がある...
代官山 La femeでランチ お店にはテラス席もある 代官山の裏通りにあって、気軽な雰囲気でランチにも予約ができるレストランってあまりないのだが、La femeは予約できるし雰囲気もいいから好きなところ。 場所は駅からちょっと離れていて、並木橋の近くにある。Urth Caffeの近くの路地を入っていったあたりで、用...
都野菜 賀茂での朝食 「京野菜」ではなく、「京都で採れた野菜=都野菜」をビュッフェスタイルで食べられるところ。京野菜って京都以外でも作られているらしく、本当の地産地消ってことでいえば都野菜であるっていう考えでこの名前。 そして、朝からこんなに野菜を沢山食べられて幸せ以外の何ものでもない。なので、当然のことから人気店...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です