新橋駅のSL広場からすぐのところにある鳥割烹の老舗は、三島由紀夫が自決する前に最後の晩餐をしたところとしても有名なお店となっている。三島由紀夫が食べたのは鶏鍋がついている夜のコース料理なのだけど、新橋の外の喧噪が無縁な静かな店内で食べるランチもまたいいものだ。

 

お店の外観

「鳥割烹 末げん」のランチ

明治時代からつづく老舗の名店ということもあり、高齢の方を中心に人気の高いお店。ランチは12時を過ぎると近辺のサラリーマンが並んできて混雑するので、ランチタイムのピークはずらした方がいいかもしれない。

お店の入口で靴を脱ぐスタイルのお店で、本当に新橋の外の喧噪が嘘みたいに静かで凜としている。たまに団体客がいるとうるさくなるが、それでも大した問題ではない。

ランチのメニューは「かま定食」という親子丼が定番なのだが、から揚げ定食もまた劣らぬ人気メニューになっている。でもまあ、だいたいの人は親子丼を食べているかな。

普通盛りと大盛りは100円差なのだけど、値段ほどの大きさの違いがあるような感じもしない。僕は大盛りを頼んでしまったけれど。

ここの親子丼は「かま定食」という名前で、普通の親子丼との違いは鶏のそぼろをつかい、卵とじで出てくるスタイルなところ。混雑していなければ料理は驚異的なはやさで出てくる。つゆは結構甘みが強くてすき焼きみたいな感じもある。鶏肉はそぼろなので肉のジューシーさをあまり感じないのは少し好みが分かれるところだ。

かま定食
鶏そぼろで作られた親子丼

全体的な味つけとかは、老舗の味といえばそれまでだけど、いまの流行とは少し違っているのかもしれないな。ただ、お店の雰囲気も含めて上品さはあって新橋にいることを忘れる。親子丼としての美味しさは個人的な捉え方によって違うところはあるけれど、別の料理なんだとすれば(実際名前が違うし)鶏そぼろすき焼き風味定食とかいう感じで結構美味しいと思う。

なにより、この空間に三島由紀夫もいたのかあという歴史を感じさせる雰囲気がいいところだ。コストパフォーマンスはよくないと思うけれど、旅行的な感覚でたまにはいいと思う。

鳥割烹 末げん
住所:東京都港区新橋2-15-7
時間:11:30-13:30,17:00-22:00
休み:日祝、土曜日不定休

Related Post

アンクルトムのスパゲッティは通ってしまいたくなる味... 恵比寿にあるスパゲッティの名店。ランチタイムには店内は満席で混み合っている。カウンター席が多くて一人のお客さんも多い。そして、かかっているBGMの音楽はビートルズというのも好きなポイント。 アンクルトムへのアクセス 恵比寿駅の東側にある。猿田彦珈琲の横の路地を入っていってすぐのところ。た...
フジタ水産のマグロがいただける、築地「にっぽん漁港食堂」... 築地場外のメインストリートにある観光者向けフードコート感ある「築地にっぽん漁港市場」にあるお店。ここにある「にっぽん漁港食堂」は思いきり観光客向けの雰囲気なのだけど、知る人ぞ知る貴重なお店なのです。 ミシュラン星付きのお店をはじめとして名だたる寿司店が指名買いするマグロの卸問屋である築地市場屈...
うなぎ割烹山田 – 佐原にある鰻の名店... そろそろ夏も近づいてきて鰻を食べたいなあっていう気分。佐原の古い町並みをみるついでに、鰻を割烹山田で鰻を食べてきた。 ここは予約は4名以上じゃないとできなくて、11時の開店にあわせて行かないと、すごい待つことになる。鰻って回転が悪いので最初のターンで入れないと結構面倒。 お店は佐原駅のす...
代官山のロザリー(Rosalie)でランチ 代官山の駅近く、八幡通り沿いにある商業施設でテラス席がすごい目立っているレストランがあり、あれなんなんだろうって思っていたのだけど、モデルの梨花さんがプロデュースしたセレクトショップとカフェレストランだったのかと知る。 セレクトショップはおしゃれすぎて「これは縁遠い」というところだが、レストラ...
恋する豚研究所 – ブランディングの勝利、結構おいしい豚肉カフェ... 場所的にいうと、香取から成田空港へ抜ける道すがらにあって、千葉の米所で知られている多古のあたりにある豚肉の製造販売所とカフェ。 本道から少し入ったところにあるのだけど、結構目立つ外観なのでだいたいのところまで行けば迷わないと思う。かなり代わった外観で、豚肉の製造販売というよりかはデザイン事務所...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください