千円でべろべろに酔っ払える店のことを「せんべろ」と呼ぶのだが、せんべろをハシゴしていると、そもそも入店時に既にべろべろなのである。

カドクラとかたきおかを呑み歩いてから肉の大山にたどり着いたのだが(実質的な距離は15mくらい)、ここには朝イチのうちに来なくてはいけなかったんだと知る。

カドクラ、たきおか、そして肉の大山の三店舗をまとめて「アメ横ハムカツトライアングル」を形成しているらしいのだが、カドクラとたきおかでハムカツ食べて、よし大山もだ!と行くと売り切れていることが多い。お店の人によると午前中のうちにハムカツは売り切れてしまうらしい。

ここはせんべろ的なところではなく、肉屋がやっているイートイン的な感じでもある。ただ、お酒も出してくれるので、コロッケとかメンチカツとともにお酒を楽しむことができるので、結果としてせんべろみたいになっている。

ハムカツがなかったのでナミダをのんでメンチカツとコロッケを頼んでみたのだけど、メンチカツの美味しさは、ハムカツの悲しみを忘れるには充分なものだった。すごいジューシーで美味しい。

メンチカツとコロッケ
真剣に辛い一味唐辛子
暴力的に濃くて飲むのがつらかった黒ウーロン茶ハイ

すでにしたたかに飲んでいたので、健康も考えて黒ウーロン茶ハイなるものを頼んでみたのだけど、黒ウーロン茶の味の濃さとアルコールの濃度が絶妙に互いを高めあっていて、泥酔していなければ美味しく飲めたかもしれないのになあ・・と思える代物だった。つまり、濃すぎてあまり飲めず。

店内はメンチカツやコロッケのお客さんよりもステーキを食べに来る人の方が多いので、こんな酔っ払ったお客は少し浮いてしまう。このお店はアメ横せんべろ界隈においては最初に来なくちゃ行けないところかもしれないな。

今回やってきて、ここは改めてマジメに来ようと思った次第。お店の前では店頭販売もしているのでアメ横ショッピングの合間に立ち食いするのもいいと思う。

肉の大山 上野店
住所:東京都台東区上野6-13-2
時間:11:00-23:00(日祝22:00)
休み:元旦

Related Post

価格は大衆、質は割烹という町屋の「大衆酒蔵 甲州屋」... 都電荒川線にとことこ乗っていると着くというか、京成線でいつの間にか通り過ぎているというか、東京にあるのに地味な感じがある町屋というエリア。 駅前にスーパーがあったりして下町の住宅街という感じがあるけど、ここもわりと飲み屋が充実している街で散歩しつつ見逃せない街なのです。 今回行ってみたの...
旬の蔵パセリにいけば佐賀の日本酒がなんでも楽しめる... 前にも訪問したのだけど、このお店はやっぱりいい店だと思う。佐賀に来ると、だいたい来るところ。 で、ほぼ100%の確率で泥酔してお店を出ている。 なにがいいって、ここに来ると佐賀の日本酒はだいたい飲むこと出来るし、地元の旬の食材を楽しむことができるのがいい。お店は佐賀駅からはちょっと離れて...
味噌坐 玉響(湯島)これぞ居酒屋っていう雰囲気... 上野にこんなお洒落で雰囲気ある居酒屋あったのかって思ってしまった。外国人を連れてきたらすごい喜びそう。西麻布や、有楽町にある有名なお店より全然美味しいし、値段も手頃なのがいい。 カウンター席だと炊事場にいる店主が黙々と仕事をこなしていく様をみているのもいいし、奥の座敷は江戸時代の居酒屋ってこん...
清澄白河の古いアパートがおしゃれなカフェに!「fukadaso CAFE」でのんびりとした時間を過ご... 大手町まで地下鉄で10分で行けるところにこんな静かな街があったのかと思ってしまう清澄白河の雰囲気。ここが深川と呼ばれていた江戸から戦前にかけての空気感みたいなのが残っていて、ここだけ穏やかな空気が残っている感じがする。フカダソウカフェはそんななかで、古いアパート兼倉庫だった建物をリノベーションしてカ...
浅草 宿六ではまるでお寿司のようにカウンターでおにぎりをいただける。... 日本でも珍しいんじゃないかというおにぎり専門のお店。店構えや店内はお寿司屋さんのようだ。たかがおにぎりと侮るなかれ。こだりぬいて作られたおにぎりは絶品の味なので浅草散歩の際には立ち寄ってみてもらいたい。 浅草 宿六へのアクセス 浅草寺の北側にあり、公共交通機関だとつくばエクスプレスの浅草...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください