浅草の繁華街を抜けて、ちょっとのんびりとした住宅街にある千束通り商店街。古くからのお店が並んでいて地元感あふれるエリアだ。ここにある竹松鶏肉店は明治時代からつづく鶏肉専門店で、肉類以外にもお総菜を販売している。

店内で食べることはできないけれど、テイクアウトしたものを近くの公園で食べたりするのもまた楽しい。

竹松鶏肉店へのアクセス

浅草の繁華街を北にぬけて言問通りの向こう側にある。駅からは結構遠い、千束商店街という商店街のなかにあるお店で基本的には鶏肉専門店。テイクアウトはおまけみたいな感じ。

お祭り時には注文が殺到するので予約しないと買うことができない。近所にはおにぎり専門店の「浅草 宿六」とか、釜めしがおいしい「むつみ」など古くからのお店がある住宅街だ。

竹松鶏肉店について

明治時代からつづく、地元に愛される鶏肉の専門店。ここでお総菜を買って、すぐ近くにある酒の大枡でビールを買って、千束通りを北に向かって山谷堀の公園で焼き鳥とビールをつついたりするのも楽しい。

とくに花見の時期は桜が美しい穴場スポットなので、下町感ある風景もそうだしのんびりとできる。スカイツリーを眺めながらビール片手に焼き鳥つまむのもよい。

人気なのは手羽先を使った「なか焼き」なのだけど、結構売り切れてしまうことも多い。焼き鳥は一本から買えるので一人でふらふら散歩の途中に買い食いするのもいいんじゃないかと思う。

鴨肉と葱の焼き鳥はうまみがつまっている感じで美味しいし、定番のもも肉はジューシーで結構ボリュームがある。ビールにあう味だなあ。

いつもと違う浅草散歩や、のんびりとしたお花見のお供にもいいお店。浅草の地元名物な焼き鳥を楽しむのもいいものだ。

竹松鶏肉店
住所:東京都台東区浅草3-38-3
時間:9:30-20:00頃(お総菜は11:00から)
休み:水曜日、不定休

Related Post

カカオ豆からシンプルにチョコレートを作る、蔵前の「ダンデライオン・チョコレート」が楽しい... 蔵前にあるDANDELION CHOCOLATEへ行ってきた。ここは、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作っているとか、古い倉庫をリノベーションした開放感あるお店の雰囲気とか、ブルーボトルコーヒーのチョコレート版みたいな感じがある。 と思ったら、ダンデライオン・チョコレートもブルーボ...
清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
夏のルスルスはかき氷が美味しいのです。... 菓子工房のルスルスといえば焼き菓子が有名で、鳥のかたちクッキーとかはギフトにもぴったりなスイーツだと思う。 ショップは東麻布と松屋銀座、そして浅草にある。なかでも浅草のお店は古民家をリノベーションしていて雰囲気もいいし好きなところ。 真夏などは土日祝を中心にイートインのスペースが開放され...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...
浅草の純喫茶「ロッジ赤石」で洋食ランチを食べてきた。... 浅草にある有名な昭和の雰囲気が残る喫茶店。ゆったりした雰囲気が好きでたまに行くのだけど、のんびりできるのがいい。これで禁煙ならばっちりなのだが、100%喫煙なのがなあ、でもそういうところもまた昭和的ということなのだろう。 浅草の喫茶店といえば、モーニングなら雷門近くにある「銀座ブラジル」が好き...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください