浅草の繁華街を抜けて、ちょっとのんびりとした住宅街にある千束通り商店街。古くからのお店が並んでいて地元感あふれるエリアだ。ここにある竹松鶏肉店は明治時代からつづく鶏肉専門店で、肉類以外にもお総菜を販売している。

店内で食べることはできないけれど、テイクアウトしたものを近くの公園で食べたりするのもまた楽しい。

竹松鶏肉店へのアクセス

浅草の繁華街を北にぬけて言問通りの向こう側にある。駅からは結構遠い、千束商店街という商店街のなかにあるお店で基本的には鶏肉専門店。テイクアウトはおまけみたいな感じ。

お祭り時には注文が殺到するので予約しないと買うことができない。近所にはおにぎり専門店の「浅草 宿六」とか、釜めしがおいしい「むつみ」など古くからのお店がある住宅街だ。

竹松鶏肉店について

明治時代からつづく、地元に愛される鶏肉の専門店。ここでお総菜を買って、すぐ近くにある酒の大枡でビールを買って、千束通りを北に向かって山谷堀の公園で焼き鳥とビールをつついたりするのも楽しい。

とくに花見の時期は桜が美しい穴場スポットなので、下町感ある風景もそうだしのんびりとできる。スカイツリーを眺めながらビール片手に焼き鳥つまむのもよい。

人気なのは手羽先を使った「なか焼き」なのだけど、結構売り切れてしまうことも多い。焼き鳥は一本から買えるので一人でふらふら散歩の途中に買い食いするのもいいんじゃないかと思う。

鴨肉と葱の焼き鳥はうまみがつまっている感じで美味しいし、定番のもも肉はジューシーで結構ボリュームがある。ビールにあう味だなあ。

いつもと違う浅草散歩や、のんびりとしたお花見のお供にもいいお店。浅草の地元名物な焼き鳥を楽しむのもいいものだ。

竹松鶏肉店
住所:東京都台東区浅草3-38-3
時間:9:30-20:00頃(お総菜は11:00から)
休み:水曜日、不定休

Related Post

ただの焼き鳥屋じゃなかった「俺の焼き鳥」... 圧倒的なコストパフォーマンスを誇る「俺のシリーズ」のなかで、焼き鳥屋バージョンの予約が取れたのでちょっと行ってみることに。 90分制で入れ替えとなっているので時間通りに行かないとちょっと面倒。でもまあ、コストパフォーマンス至上主義を楽しむためには仕方のないことだな。 銀座九丁目となってい...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...
浅草の老舗喫茶店「銀座ブラジル」でモーニングを楽しんできた... 浅草にあるけど銀座。支店というけど銀座にある本店はつぶれてしまったのでいまではここが実質本店。 銀座だけどブラジル、いやむしろ「銀座×ブラジル」ということなのだろうか。 店名はもはや「浅草ブラジル」でもいいような気がしてしまうが、それだとサンバカーニバルと勘違いされそうだからやはり「銀座...
塩で味わう天婦羅が魅力!浅草「天婦羅 晴光」でボリュームたっぷりのランチを食べる... 2015年から3年連続でミシュランガイドに掲載されている浅草の名店。4代つづく天ぷらの専門店で、カウンターとボックス席があるだけの小さなお店だけど、ボリュームたっぷりのランチを食べることができる。 表通りでごま油の匂いを過剰に出している天ぷら屋に行くくらいなら、こっちに来た方が断然いい。比べる...
価格は大衆、質は割烹という町屋の「大衆酒蔵 甲州屋」... 都電荒川線にとことこ乗っていると着くというか、京成線でいつの間にか通り過ぎているというか、東京にあるのに地味な感じがある町屋というエリア。 駅前にスーパーがあったりして下町の住宅街という感じがあるけど、ここもわりと飲み屋が充実している街で散歩しつつ見逃せない街なのです。 今回行ってみたの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください