以前から名前だけは知っていて気になっていたロースターカフェであるオニバスコーヒー。「ONIBUS」とはポルトガル語で公共バスという意味で「万人の為に」という語源からとられている。そういえば、リオデジャネイロで空港から乗ったバスがオニバスだったのだけど、あれはバス会社の名前じゃなかったのか・・と数年越しで気づいた。

Onibus Coffee 中目黒へのアクセス

中目黒駅を降りて少しだけ祐天寺方面に行ったところにある。目黒区役所の建物を抜けて、鰓呼吸という居酒屋の横の路地をいくと公園があるのだが、その公園に面した古い建物をリノベーションしてカフェにしている。

二階建てになっていて、一階は焙煎機があり、コーヒーを販売するスタンドになっている。そして二階ではコーヒーを楽しむカフェスペースがあるみたいだ。ここでコーヒー買って横の公園で飲んだりするのも気持ちがいい。

Onibus Coffee 中目黒について

もともとは奥沢にあるお店の2号店が中目黒にできた。焙煎したコーヒー豆は卸しもしていて、蔵前にあるゲストハウス兼バーのNuiとか、隅田川沿いにあるLEAVES COFFEE APARTMENTなどでもオニバスコーヒーの豆を楽しむことができる。

そうそう、リオデジャネイロで乗ったバスが賑やかで暖かい雰囲気だったのだが、まさにオニバスコーヒーもそんな感じだ。喫茶店やカフェという枠だけじゃなくて、なにかちょっと新しい雰囲気があって楽しい。

コーヒーは一杯ずつ丁寧に淹れてくれるので、出てくるまでに少し時間はかかるけれど味は確か。朝イチで行ったのでラテを頼んだけれど優しい風合いで美味しかったなあ。横にある公園でのんびりするのもまたいい。

オニバスコーヒーの豆はここで飲んでもいいし、他のお店で出会っても「お、ひさしぶり」とかいう感じで古い友人に会ったような感覚がある。朝からやっているので、中目黒の散歩はここからはじめてみるのもいいと思う。

Onibus Coffee 中目黒
住所:東京都目黒区上目黒2-14-1
時間:9:00-18:00
休み:不定休

Related Post

越後しなのがわバルで土産土法で地産地消なランチ... ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。 キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面...
2014年のベストカフェ5選 2014年のカフェリスト5選。順位なんてつけられないくらい、どのカフェも素敵だった・・。ここには載せていないけれど、CAFE JUNKIESは今年もトップクラスにおすすめなので、去年のリストもあわせてみてもらいたい。 秋山堂 - 台中 国立台湾美術館の敷地内ににある喫茶室で、かな...
代官山のSATURDAYS SURF NYCで久々にコーヒーを飲んできた... 以前はよく来ていたのだけど、ちょっと縁遠くなってしまった渋谷の鉢山界隈。ひさびさに訪れたけれど、都会のなかのオアシスともいえるような、のんびりした空気が好きな町。 なかでも、旧山手通り沿いにあるSATURDAYS SURF NYCはニューヨークのブランドショップで主にアパレルを取り扱っているの...
タップルーム 中目黒でベアードビールを堪能する... すっかりクラフトビール好きなこの頃。中目黒にあるベアードビールの直営店に行ってきた。 直営店だけあり、種類がすごい多くて26のタップと4つのハンドポンプで定番と季節のベアードビールを提供している。 ビールの雰囲気としては全体的にアメリカのクラフトビールっていう感じで僕が好きなタイプが多い...
神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です