以前から名前だけは知っていて気になっていたロースターカフェであるオニバスコーヒー。「ONIBUS」とはポルトガル語で公共バスという意味で「万人の為に」という語源からとられている。そういえば、リオデジャネイロで空港から乗ったバスがオニバスだったのだけど、あれはバス会社の名前じゃなかったのか・・と数年越しで気づいた。

Onibus Coffee 中目黒へのアクセス

中目黒駅を降りて少しだけ祐天寺方面に行ったところにある。目黒区役所の建物を抜けて、鰓呼吸という居酒屋の横の路地をいくと公園があるのだが、その公園に面した古い建物をリノベーションしてカフェにしている。

二階建てになっていて、一階は焙煎機があり、コーヒーを販売するスタンドになっている。そして二階ではコーヒーを楽しむカフェスペースがあるみたいだ。ここでコーヒー買って横の公園で飲んだりするのも気持ちがいい。

Onibus Coffee 中目黒について

もともとは奥沢にあるお店の2号店が中目黒にできた。焙煎したコーヒー豆は卸しもしていて、蔵前にあるゲストハウス兼バーのNuiとか、隅田川沿いにあるLEAVES COFFEE APARTMENTなどでもオニバスコーヒーの豆を楽しむことができる。

そうそう、リオデジャネイロで乗ったバスが賑やかで暖かい雰囲気だったのだが、まさにオニバスコーヒーもそんな感じだ。喫茶店やカフェという枠だけじゃなくて、なにかちょっと新しい雰囲気があって楽しい。

コーヒーは一杯ずつ丁寧に淹れてくれるので、出てくるまでに少し時間はかかるけれど味は確か。朝イチで行ったのでラテを頼んだけれど優しい風合いで美味しかったなあ。横にある公園でのんびりするのもまたいい。

オニバスコーヒーの豆はここで飲んでもいいし、他のお店で出会っても「お、ひさしぶり」とかいう感じで古い友人に会ったような感覚がある。朝からやっているので、中目黒の散歩はここからはじめてみるのもいいと思う。

Onibus Coffee 中目黒
住所:東京都目黒区上目黒2-14-1
時間:9:00-18:00
休み:不定休

Related Post

北野であれば「粟餅所 澤屋」ははずせない。330年を越える老舗の粟餅は絶品。... 大徳寺で寺院めぐりしていると日もあがってきて、そこからさらに京都市街へと戻ってくる。バスで10分くらい、歩いても20-30分くらいで北野天満宮があるエリアまでやって来ることができる。 ここまで来ると北野天満宮への参拝もいいけれど(今回はパスしましたごめんなさい)、門前にある「粟餅所 澤屋」に行...
鳳冰果舖のフルーツは他では味わえないクオリティだと思う... 前回の台南旅行でみつけたお店で、フルーツ店の多い台南のなかでも洗練されたお店の雰囲気とか、立地のよさ含めて一番好きなところのひとつだ。 過去の記事:鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ 鳳冰果舖へのアクセス 赤嵌楼から数分くらいの新美街という路地にある。この通りのあたり...
新美街(台南)の気になるジェラテリア「富貴冰淇淋 (Rich Gelato)」に行ってきた... 新美街というか米街のあたりは台南の新しいカルチャーがうまれてきているところで、最近おもしろそうなお店が増えてきている。 フルーツショップの鳳冰果舖やカフェとゲストハウスを兼ねている来了はすぐ近くにある。ちょっとした大通りを渡れば大天后宮があって、TCRCという台南でも有名なバーがある。観光にも...
Chang Innでの朝食はルアンパバンでおすすめ... ルアンパバンでの朝食でこんな優雅な時間が過ごせるとはってびっくりした。ラオスでとれたコーヒー豆を使ってサイフォンコーヒーを淹れて飲むとか、なんだか時間がゆったり流れていてこの町らしいなあって思う。 そしてサイフォンコーヒーの機材は日本製だった、なかなか手に入らないらしくすごく丁寧に取り扱われて...
太古は夜におすすめのカフェ 夕暮れ時に新農街にやってきて、街が始まるにはまだちょっと間があるなというところで、ちょっと立ち寄ったカフェ。 薄暗い店内のなかに無造作にソファが置かれている感じは恵比寿にあるヌフ・カフェみたい(あのカフェ最近行ってないがまだあるかな)。もう日も暮れそうだしお酒でも飲むかなと思い、モヒートとフラ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です