一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。

踏切は江ノ電の鎌倉高校前を降りてすぐのところ。200mくらいしか離れていないので迷いようはない。ただし、踏切で電車を見送り、駅までダッシュしても間に合うような距離ではないので、のんびりと余裕をもって来るのがいいと思う。

このあたりは江ノ電はずっと海岸線沿いに走って行くので乗っていてもすごく気持ちがいいエリアだ。単線なので、対向列車のすれ違いのときに停車して見える江の島の風景もまた心和むものがある。普段からこの風景をみている人たちはなんて贅沢なんだろうか。

僕がこの踏切にきたタイミングは夕暮れどきだったので、太陽の傾きが海に反射して踏み切り側とのコントラストが強くなりすぎてしまっていた。ここはお昼時に来るのがもっとも美しい風景が見えるかもしれない。

ただし、あたりは完全な住宅街で普通に車の往来もあるからまわりに注意して静かに楽しみたい。台湾ですごい人気のスポットだと教えてもらい来てみたのだけど本当に旅行者でいっぱいでびっくりした。でも、美しいところだものな。来てみたいという気持ちはよくわかる。アニメの聖地巡礼とは関係なく絵になる場所だ。

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です