一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。

踏切は江ノ電の鎌倉高校前を降りてすぐのところ。200mくらいしか離れていないので迷いようはない。ただし、踏切で電車を見送り、駅までダッシュしても間に合うような距離ではないので、のんびりと余裕をもって来るのがいいと思う。

このあたりは江ノ電はずっと海岸線沿いに走って行くので乗っていてもすごく気持ちがいいエリアだ。単線なので、対向列車のすれ違いのときに停車して見える江の島の風景もまた心和むものがある。普段からこの風景をみている人たちはなんて贅沢なんだろうか。

僕がこの踏切にきたタイミングは夕暮れどきだったので、太陽の傾きが海に反射して踏み切り側とのコントラストが強くなりすぎてしまっていた。ここはお昼時に来るのがもっとも美しい風景が見えるかもしれない。

ただし、あたりは完全な住宅街で普通に車の往来もあるからまわりに注意して静かに楽しみたい。台湾ですごい人気のスポットだと教えてもらい来てみたのだけど本当に旅行者でいっぱいでびっくりした。でも、美しいところだものな。来てみたいという気持ちはよくわかる。アニメの聖地巡礼とは関係なく絵になる場所だ。

Related Post

旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
星峠でみた夜明け 前から気になっていた星峠で夜明けをみてきた。 アクセスは松代の奥の方なので、泊まっていたベルナティオからだと、車で1時間近くかかる。はっきりいってすごく遠い。夜明け前にホテルを出発するときには、なんで大変な思いして行くんだろうかと自問自答したりもしたが、星峠からみえる景色をみたらそんなこと忘れ...
埼玉の地下神殿、那須の紅葉。 じつは去年も観に行ってきたのだけど、なぜか地下神殿にいる間はカメラが壊れていて、まったく写真が残っていなかった。地上に戻ったら直っていて、家に帰って写真がないことに気がついた。 結構ショックな出来事だったのだが、地下神殿にまたやって来る理由ができたというものだ。地下神殿とはいうものの、実際には...
ペナン街歩き クアラルンプールからペナンまでは飛行機で40分くらい。すぐのところにある。 マレーシアのペナンはクアラルンプールから飛行機で40分くらい。結構大きな島でクアラルンプールに次いで第二の都市になっている。200年くらい前はジャングルだったとか信じられないが、島の東側はまだまだ緑が多い。 リ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください