一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。

踏切は江ノ電の鎌倉高校前を降りてすぐのところ。200mくらいしか離れていないので迷いようはない。ただし、踏切で電車を見送り、駅までダッシュしても間に合うような距離ではないので、のんびりと余裕をもって来るのがいいと思う。

このあたりは江ノ電はずっと海岸線沿いに走って行くので乗っていてもすごく気持ちがいいエリアだ。単線なので、対向列車のすれ違いのときに停車して見える江の島の風景もまた心和むものがある。普段からこの風景をみている人たちはなんて贅沢なんだろうか。

僕がこの踏切にきたタイミングは夕暮れどきだったので、太陽の傾きが海に反射して踏み切り側とのコントラストが強くなりすぎてしまっていた。ここはお昼時に来るのがもっとも美しい風景が見えるかもしれない。

ただし、あたりは完全な住宅街で普通に車の往来もあるからまわりに注意して静かに楽しみたい。台湾ですごい人気のスポットだと教えてもらい来てみたのだけど本当に旅行者でいっぱいでびっくりした。でも、美しいところだものな。来てみたいという気持ちはよくわかる。アニメの聖地巡礼とは関係なく絵になる場所だ。

Related Post

夜の高台寺のライトアップは美しい ちょうど京都旅の直前に万城目学の書いた「とっぴんぱらりの風太郎」を読んでいたので、北政所が住んでいた高台寺のことは気になっていた。 高台寺は旦那である豊臣秀吉の冥福を祈るために建立した寺院であり、寺の前は仏門に入った際につけられた「高台院」という名にちなんでいる。豊臣秀吉って飽くなき権力者であ...
源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...
スイティエン公園は強烈な体験だった・・... 世界でトップクラスに有名で、「狂ったディズニーランド」ともいわれているスイティエン公園にいってきた。 場所はホーチミン シティの北東9区にあって、ベンタイン市場のバスターミナルから19番のバスに揺られること60~90分ほど。バスの車掌に「スイティエン」っていうとバス料金教えてくれるのでそのまま...
マラカナンスタジアムを巡礼 MRTの駅 マラカナンスタジアムに来てしまった。この歴史がある巨大なスタジアムに来たっていうのは感動以外のなにものでもないな。 バルセロナのカンプノウもすごかったけれど、マラカナンのもつドラマチックさはまた違うものがある。 スタジアムはリオデジャネイロの北側にあって、あまり治安が...
篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です