北鎌倉において円覚寺と同じくらいに有名なお寺。円覚寺をまわりこむようにして少し奥に行ったところにある。北鎌倉駅からは歩いて15分くらいかなあ。

初夏にはあじさいの名所として知られているようだが、秋には紅葉が美しい。錦繍とまではいかないまでも、よく手入れされた鮮やかな風景というのは自然の紅葉とはひと味違う感じだ。

ここには円い窓越しにみえる風景が有名で、同様の借景を利用した円い窓といえば京都にある源光庵の「悟りの窓」が有名だが、明月院のものはそれより少し小さくて、そして窓までの距離が遠い。そして、明月院の丸窓も「悟りの窓」ということを知る。

悟りを開くということは、カドがとれて窓も人間もまるく穏やかになるというこだろうか。

この悟りの窓越しにみえる絵画のような美しさは必見だな。手前の部屋には赤い絨毯がひかれているので、室内が赤みがかっていて、手前に置かれた茶器がいいアクセントになっている。その奥にある庭園は通常であれば非公開ということだが、紅葉シーズンは限定公開されていることもあり、窓の奥で人が動いたりすることがある。これがおもしろい。

この美しい悟りの窓なのだけど、残念ながら紅葉のピークには行列ができてゆっくりと眺めることができない。15時過ぎに行くと、列が長すぎて「いまから並んでも悟りの窓は見られません」といわれることもあるみたいだ。写真を撮るのも結構せわしなくて、悟りについて考える時間もないくらい。この窓を観にいくならば、朝イチで行ってゆっくりをみることが必要なのだろうなあ。

 

明月院
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189
時間:9:00-16:00(6月は8:30-17:00)

Related Post

横浜トリエンナーレ2014をみてきた 2014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。 とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。 見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃない...
二ヶ領用水(川崎)の桜並木をみてきた 関東圏の花見シリーズ、最近になって話題になってきている二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)の桜をみてきた。江戸時代に多摩川から引き込んだ用水路で南武線の登戸駅から宿河原駅の間くらい。 みどころは宿河原駅にほど近いところにある。あたりは普通の住宅地で南武線が通っているので桜と南武線という組み合わせをなが...
金瓜石で古きよき日本家屋を探訪する... 九分行きのバスで知り合った日本人に「九分の先にある金瓜石に行かれるということですが、そこはどういったものがあるんですか?」と聞かれたのだが、僕はそれに対して答えをもっておらず、ずいぶん怪しい回答をしたと思う。 しかし実際問題として金瓜石になにがあるのか知らなかったのだから、それは仕方が...
ヴァンクリーフ&アーペルのプロジェクションマッピングをみてきた... 去る2013年12月11日、12日の2日間、恵比寿にあるジョエル・ロブションの建物を利用したプロジェクションマッピングが上映されていたのでみてきた。 クリスマスシーズンだったこともあり、ロブションがある恵比寿ガーデンプレイスも巨大なツリーやイルミネーションの並木道があってかなり煌びやかな雰囲気...
台南の大天后宮は霊験あらたかな恋愛の神様をまつっている... 台湾でもっとも古い街である台南には神様の存在も圧倒的。国家一級古跡に指定されている台南大天后宮は台湾最古の廟のひとつであり、その御利益はかなりのものだという。今回泊まっていた、興居 台南からすぐ近くなこともあり朝の散歩をかねて行ってみることにした。 台南大天后宮へのアクセス 国鉄の台南駅...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください