恵比寿ガーデンプレイスの敷地内にあるとりわけファンタジックなお屋敷のような建物。

あれ、なかに入れるって初めて知った。しかも、レストランだったとは。

今回、そのお屋敷のような建物に入っているガストロノミー ジョエル・ロブションに行ってきた。ミシュラン三つ星を獲得している、ジョエル・ロブション印のレストランのなかでも最高峰に光り輝いている。

ドレスコードがあって、今回はスーツで行ってきた。普段着慣れないから疲れたが、こういうドレスアップもまた高級レストランに行く楽しみのひとつでもある。

一緒に行った人数が多かったので、最上階にあるサロンと呼ばれる個室を予約。なんかもうマリー・アントワネットの映画を思い出した。もはや現実ではないんじゃないかと思うくらいだが、窓の外ではガーデンプレイスを散歩している半ズボンのおっちゃんがみえるので・・・やっぱこれ現実だ。

アミューズ・ブーシュ
アミューズ・ブーシュ
ズワイガニ なめらかなアヴォガドのフォンダンにトマトのジュレを添えて
ズワイガニ なめらかなアヴォガドのフォンダンにトマトのジュレを添えて

結構緊張しながら席についたのだけど、サービススタッフがとても気さくでなにより「一見さん」の扱いに慣れていて、特別な日に来たからには楽しんでいってねという対応にとても励まされちゃう感じがある。

これが、日本料理とかだといままでの関係性で対応変わったりするところが多いのだけど、ジョエル・ロブションでは全然そんな感じがない。なので、リラックスして楽しく食事に向き合えるので、はじめての訪問だからといって萎縮する必要なんてないんだなということである。こうしたところもすごく好感が持てる。

料理は今回のランチのために用意されたコースとなっていて、ここのところジョエル・ロブションの懐石料理への興味が料理にあらわれている感じのラインナップとなっている。

このなかで驚いたのは、真鯛 ポロネギのエテュベとシトロネルの香りのクリームという魚料理。

真鯛 ポロネギのエテュベとシトロネルの香りのクリーム
真鯛 ポロネギのエテュベとシトロネルの香りのクリーム

レモングラスの風味がエスニック料理のようで、夏にさっぱりした味付けが白身魚の素材をひきたたせていると思うが、もはやフランス料理の枠にはおさまりきらない発想である。

メインの肉料理、ハーブ豚 ゆっくりとグリエし、満願寺唐辛子とチョリソーのジュレと共に
メインの肉料理、ハーブ豚 ゆっくりとグリエし、満願寺唐辛子とチョリソーのジュレと共に

 

もうひとつ驚いたのはデザート。

キャラメル フレッシュマンゴーと弾ける飴を忍ばせ、マンダリンのソルベと共に
キャラメル フレッシュマンゴーと弾ける飴を忍ばせ、マンダリンのソルベと共に

ヴィヴィアン・ウエストウッドみたいなパンキッシュな装いで、ランダムに丸い穴があけられている蓋はキャラメルで出来ている。

驚愕なのは、一番下にしかれた弾けるキャンディー。かつて、駄菓子屋で「ドンパッチ」と呼ばれていたあれが入っていて、口のなかで爆発が起きたかのように弾けている。

まさにパンクな見た目そのままの衝撃的なデザートで、フランス料理の概念を再構築しているかのようだ。

そしてランチを終えてお店を出たらあっという間に3時間近くが経過していた。値段の高いレストランではあるけれど、ミシュラン三つ星のクオリティを証明している価格以上の価値を提供しているレストランだと思う。

これなら1回旅行に行くのをやめても来る価値があるし、東京へ旅行しにきたときには是非予算を奮発して訪問してみてもらいたい。

Joel Robuchon

Related Post

水炊きしみず(中目黒)は美味しいけれどせわしない... 中目黒にある水炊きの有名なお店である「しみず」へ行ってきた。 中目黒駅からちょっと歩く距離にあって、駅から歩いてみると地図でみるよりも離れているような印象を受けると思う。 場所は目黒側沿いなので、春であれば桜の見物客で賑わうと思うが、それ以外のときは静かな路地の一角にある感じ。 食...
恵比寿で落ち着いてコーヒー飲むなら「ヴェルデ」がいいかも... 恵比寿でコーヒーといえば猿田彦珈琲が好きなんだけど、ちょっと狭いのと混んでいることが多い。 そして、純粋にコーヒーを楽しむということであれば、恵比寿駅西口にあるヴェルデの方がおすすめできる。 惜しむらくは、いまどきまだ喫煙可のお店であるということなのだが・・・。まあ、好みの問題なのだろう...
Ristorante ASO(代官山)で優雅なランチ 代官山蔦屋の向かい側にあって、木々に囲まれた雰囲気のあるカフェの奥にレストランがあると知って行ってみた。 ランチで訪れたのだけど、何人か連れて行ったこともあり個室で美しい中庭を眺めながらのんびりと食事ができたのは至福のひととき。こういう日がたまにはあってもいいよなって思う。 一...
新大久保の穴場レストラン「さんぱ家」で食べる韓国料理は抜群においしい... 東京で韓国料理を食べるといえば、新大久保にある梁の家が有名だと思う。たしかに、あの店の海鮮チジミはすごい美味しい。しかし、友人からチジミが好きならば新大久保では「さんぱ家」もすっごい美味しいときいたので行ってみることにした。 結論としてはすごい美味しくて、落ち着いた店内で料理を楽しめるいい店だ...
Buddy Beerはカオサンではおしゃれで手軽なレストラン... カオサン通りは、かつての宿宿の聖地からいまではおしゃれなレストランが並ぶ通りに変わっている。なんだか小ぎれいでびっくりするくらい。 そんな通りの中央部くらいにひときわおしゃれで目立っているのがBuddy Beerというレストラン。カオサン通りからちょっと奥まったところへお店があるのだが、なんだ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください