どうってことない私鉄の郊外の駅からのびる商店街のなかにある喫茶店。わりと古めかしい感じで、薄暗い店内にはマグカップが並んでいる。この昭和感のある喫茶店が意外にもおもしろい。

その昔は近所に住んでいた村上春樹がエッセイに書いたことで有名になったようだけど、そのエッセイがなかったとしても雰囲気がよくいい喫茶店だし美味しい珈琲を楽しむことができる。この螢明舎はカフェではなく、喫茶店とか珈琲店と呼ぶのがしっくりくる。

商店街のなかにあるお店の外観、かわいい
店内、朝イチだと静かで落ち着いている

京成電鉄の谷津駅からは商店街を歩いて5分ほどのところにある。千葉の本八幡にも支店があり、そちらの方がアクセスしやすいけれど、雰囲気などは本店の方がいいので足を延ばしてみる価値はある。

朝食のモーニングからやっているので谷津バラ園とセットで訪れてみるのがいいんじゃないかというところ。コーヒーは豆を熟成させたエイジングコーヒーをハンドドリップで楽しむことができて、コーヒーを頼んでから出てくるまでの時間もまたわくわくするものだ。

そして、出てきたコーヒーはシンプルでなにかこうエッジが効いているとかいうのはないけれど、熱すぎもせず、冷めてもおらず、絶妙な美味しさがある。時間があれば、おかわりのコーヒーは値引きされるのでゆっくりと楽しみたいところだ。

コーヒーとサンドイッチのセット。玉子サンドが美味しかった。

お店のサイトをみてみると、村上春樹だけじゃなくて僕の好きな星野道夫も訪れていたようだ。なんだか、小さい街ながらにこういう余白のような場所があるというのは、とても素敵なことなんじゃないかと思う。

螢明舎
住所:千葉県習志野市谷津4-6-34
時間:10:00ごろ-22:00
休み:年中無休

Related Post

VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
プノンペンでの朝食はここ!Khemaでの朝食は美味しいパンがありおすすめ... Pavilionの朝食も悪くないのだが、プノンペンでもっとも美味しい朝食とパンはここにあるんじゃないかと思う。 パスツール通りから少し入ったところにあるKhemaはフランスのカフェっぽい作りで一見すると敷居が高そうにも見えるけどドレスコードもなくてカジュアルなレストラン。値段も手頃なのでおすす...
寮國咖啡で楽しむラオスコーヒー 台南でラオス産のコーヒーを楽しんできた。結論からいうと、とてもうまい。 ラオスに行ったことは何度かあるのだが、まさかこんなちゃんとしたコーヒー作っていたとはね。でもまあ、フランス領だったこともあるし、食事に対しては感度が高いエリアではあった。コーヒーがあっても不思議じゃない。 しかしまあ...
窄門咖啡 Narrow Door Cafeはフォトジェニックで時間を忘れて過ごせるカフェ... 店の入口 前回の台南訪問のときに来てみたかったなあ・・と思いつつ来られなかったところ。 今回は満を持してやってきた。お昼過ぎだったのだが、週末だったこともあり店内は結構な賑わい。 それでもちょうどいい具合に席があいていたので座ることができた。 ここはお店の名前が示している通...
世界豆漿大王で朝食 台湾で朝食といえば豆漿。あたたかくて酸味がある豆乳はひんやりした朝には最適だし、なによりあたたかい気持ちになる美味しさ。 わりとホテルの近所でみかけたお店で食べたりすることが多かったのだけど(何故なら朝は眠いから)、今回はちょっと有名なところにいってみた。 MRT雙連駅から徒歩数分のとこ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です