どういうわけなのか、埼玉県の郊外にある町のコーヒー店で朝食を食べることになる。

毎年11月に埼玉県の東側にある首都圏外郭放水路(通常:地下神殿)の特別見学会があり、それを観にいくために埼玉へ向かった。途中の上尾あたりで先に朝食でも食べるかと思い行ってみたのは一凛珈琲というお店。

JR上尾駅からは結構離れているけれど、国道からは近いので車でのアクセスが便利なところ。なにより駐車場も広くて便利。そして、地元の人に愛されているみたいで朝から結構賑わっている。朝8時からやっているのもいいところだ。一凛珈琲は上尾が発祥のコーヒー店で古きよき喫茶店のような佇まいがある。

お店の外観はよくあるチェーン店っぽさ

8時から11時まではモーニングの時間となっていて、コーヒーを頼むとそのままトーストとゆで卵がサービスで付いてくるというかなりお得な内容。名古屋式モーニングというらしい。

イルガチェフがあったので頼んでみたのだが、立派なカップに入って出てきたコーヒーはかなり濃く焙煎されていて、イルガチェフ独特の風味は少し弱かったけれど、コーヒーとして普通においしいものだった。座席の間隔も広いので、ゆっくりとした時間が過ごせるのもいい。

コーヒーのほかバームクーヘンもつけてみた。。
モーニングについてくるトースト

郊外のコーヒー店といえばチェーン系がしのぎを削っている感じがあるけれど、こんな素敵なところもあるものなのだなってちょっと意外な発見があった。上尾に行く機会はなかなかなさそうな感じもあるけれど、このコーヒー店のことは忘れずにしておこうと思う。

一凛珈琲 上尾店
住所:埼玉県上尾市東町2-10-26
時間:8:00-22:00
休み:基本的に無休

Related Post

阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在... ものすごい手際のいいカウンターのおばちゃんたち 友人から「台北で朝食っていったらここだよ。え、まだいったことないの?」と熱烈なオススメをされたので、行ってみることにした。 場所はMRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。 僕が訪れたときは火曜日の...
不思議な路地裏の珈琲店。ソルズコーヒースタンド(SOL’S COFFEE)で飲むラテは絶品です。... 清澄白河とともに東京の下町エリアに現れた新名所の蔵前。清澄白河よりもさらに狭いエリアに小さなギャラリーや美味しいコーヒーを出すカフェが密集している。天気のいい日には浅草からのんびりと散歩しながら来てみるのも楽しいところだ。 そのなかで、春日通りから少し入った路地裏にあるソルズコーヒーは路上にソ...
【閉店】ニコラシャールのうさぎパフェ... ちょっと前のことなのだが、昨年末をもってジョエルデュランが閉店した跡地に同じ会社が作ったニコラシャールのカフェレストランに行ってきた。 「ニコラ・シャールって・・誰?」と思ったら、ジョエルデュランのときからいる方が独立して自分の店舗をもったということみたい。 店頭のうさぎシュークリーム...
甘單珈琲館は台南でも有名な古民家カフェ... 古民家をリノベーションした台南のカフェのなかでも、有名なお店のひとつ。本の表紙になったりすることもあるし、地元の人でも人気のお店。 ここの特徴はなんといってもこだわりのあるコーヒーだろうなというところ。人気店なので、入れないこともある。 甘單珈琲館へのアクセス 台南駅からのびる中山...
近江町市場の大松水産で朝から立ち飲み... 近江町市場でいきいき亭の朝食とセットで行きたいのが市場のなかにある魚屋の軒先で楽しむ海鮮とお酒だ。ここはすごく楽しいし、お得感がある。なにより、朝からやっているのがいい。鉄道旅だとお酒を気軽に楽しめるのがいいなと思う。 大松水産は近江町市場のなかほどにあって、わりと大きな鮮魚店なので目立つと思...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください