埼玉県にある現代の地下神殿。一部でカルト的な人気がある地下施設の首都圏外郭放水路なのだけど、一般での見学は平日しか受け付けていなくてしかも定員制になっているので行くのは結構面倒くさい。それが毎年11月の土曜日には広く一般開放を受け付けていて、わりと気軽に見に行けるのです。これを逃すのはもったいない。

ということで、見に行くことにしたわけだが、2015年は大混雑で早朝のうちに並んでいないと地下神殿に入るまでに数時間かかる状況で、2016年は事前の抽選制に変更となっている。入る時間に指定があるので場合によってはこれもまた面倒だなあと思っていたのだが、朝イチに近い時間で入ることができることになったので行ってみることにした。この抽選制だとほぼ並ぶことがないのでかなり便利だと思う。なんとなく、今後もこの方式になりそうな感じがするな。

首都圏外郭放水路は埼玉県東部の春日部市にあって、国道の下に作られた地下河川であり巨大な貯水槽になっている。世界最大級という大きな地下空間のなかには柱が立ち並んでいて、まさに地下神殿という風景は荘厳さがある。200年くらいすると古代人の治水対策遺跡みたいな感じになりそうだ。これだけやってこのあたりの洪水は激減したというからいままではすごく苦労してきたのだろうな。

離れたところに車をとめて歩いて行く。のどかな風景。
管理棟。この下に地下神殿がある。

特別見学会の日には沢山の来場者があるということで、施設の駐車場は利用できず近隣にも駐車場はないため行くのには結構苦労する。僕は離れたところに車をとめて歩いて行ったのだが、駐車場の問題は結構大変だ。施設の敷地内は出店などがでていてちょっとしたお祭りのよう。かといってあまり賑わっている感じもないのだけど。

地下神殿に入るにはスカートやヒールなどはNGになっている。かなり長い階段を行き来するので動きやすい服装で行くこと。元来は貯水施設であるわけなので、少しくらい汚れてもいい服装くらいがいいと思う。かなり大きな施設なので、カメラは魚眼レンズとかあればよかったなあと思うものの、普通のコンデジでも充分迫力ある写真が撮れると思う。あちこちにみるべきポイントみたいなのがあるからちょこちょこと見てまわるものの30分もあれば一通りみることはできる。

入口はすごく地味。そうだよな。テーマパークなわけじゃないものな。
広い、まさに神殿みたいだ。
圧倒的迫力

地上に戻ったらゆるキャラがいた。

地下神殿の入口について少し説明受けたり施設内部への移動を含めても1時間くらいあれば見てまわって出てこられると思うので意外とあっさりしている。周囲には僕が知る限りはあまりみるべきところがないのが残念ではあるが、この地下神殿は一度は見ておいて損がない体験だと思う。地下空間好きにはたまらない場所ではないだろうか。

首都圏外郭放水路

Related Post

シャンハイマンション(バンコク)宿泊記... 今回の旅において、新しいホテルに泊まってみるかと利用してみたところ。 バンコク中央駅ともいえるフアランポーン駅からは徒歩10分くらいの場所にあって、ヤワラートという中華街のど真ん中にあるチャイニーズスタイルなホテル。 正直、バンコクの中華街に用事がなければ立地がいいとは言いがたいのだが、...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
マゼンハイと垂水の風景 大隅半島の垂水までやって来たのは、カンパチを食べたいからということの他、この風景を眺めてみたいからということもある。マゼンハイと呼ばれている場所で、ここから垂水の風景を一望することができる。 ここの場所については観光地ではなく、ごく普通の場所で僕が情報を公開していいのかどうかちょっとわからなか...
香港の珍名所、萬沸寺参拝 香港でカルト的な人気を誇っている萬沸寺。写真をみせてもだいたいは「まあ・・面白そうなところだよね」という反応で終わるわけだ。 しかし、ホーチミン シティでは狂ったディズニーランドともいわれているスイティエン公園にも行き、この香港の珍名所ともいえる場所へ行ってみることにした。ちなみに、数年前にも...
清水寺の紅葉は2020年までおあずけという感じ... この京都旅行は2016年に行ったものなのだが、たしかに一部で修繕工事をしていた記憶がある。そして、この旅のあと2017年2月からは本堂を覆う本格的な修復工事に入ったみたいで、現在はすっぽりと覆いに被さっているらしい。 工期は2020年までかかる大規模な工事とのことで、覆いが被さった清水寺の風景...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください