那須の那須千本松牧場をあとにして、さらに山の方へ車を走らせていくとある「もみじ谷大吊り橋」。後日、このルートは那須から尾瀬にいく道路になっていることを知る。

ここは塩原渓谷をかこむ公園になっていて、有料でわたれる歩行者専用の吊り橋がかかっている。有料だけど、ここの吊り橋から眺める紅葉の風景は美しいのでお金払って渡ってみる価値はある。渡った先はとくにどうってことない公園なのだが、渓谷や周囲の紅葉の色づきを眺めたりするにはいいところだ。

そして、この吊り橋は本州最大級ということで、橋のまん中あたりまで行くと結構揺れが大きくてどきどきする。異性と吊り橋渡っていると、吊り橋のどきどきと異性へのどきどきを取り違えるとかいう吊り橋理論の話しがあるが、ここはまさにそんな感じのところだな。カップルが沢山訪れては橋を渡っている。

僕の意見としてはあまり揺らしすぎると、恐怖の先にある怒りが出てきて逆効果だろうなと思うところはあるけれど、恋人の聖地にも認定されているらしく、千本松牧場でソフトクリーム食べた後、デートにくるにはいいところじゃないかと思う。

橋の手前は駐車場と道の駅みたいな感じになっていて、地元の野菜を売っていたりする。これがすごく安くてお得感あるので、僕としてはこっちに気を取られてしまう。紅葉シーズンは柚子が出てきているころで、柚子の実のほか、柚子ピールとかあれこれ買い込んでしまった。

フォトジェニックなスポットとしても、ちょっとした休憩ポイントとしても美しくて楽しいところだと思う。

 

もみじ谷大吊り橋
住所:栃木県那須塩原市関谷1425番地60
時間:8:30-18:00(11/1-翌3/31は16:00まで)
休み:なし

Related Post

中之条ビエンナーレ2013(伊参編) 世の中では芸術の秋みたいなので、僕は中之条ビエンナーレを観に行ってきた。六合~暮坂~沢渡~四万温泉と移動して、民宿中村屋で一泊。翌朝は伊参エリアからスタート。 ちょっと小雨が降る天候だったのだが、山深い伊参ではそれが幻想的な雰囲気を作っている。朝イチで行ったので、まだあまり人もいない。 ...
安平古堡へふたたびきてみた 四草綠色隧道碼頭で楽しんだあと、どうやって街まで戻ろうかなと思ったら、道路脇から捨て犬が近寄ってくるかのように1台の車が近づいてくる。あ、さっき乗ってきたタクシーじゃん。 ということで、タクシーなので自由な行動できるなと安平古堡へ行ってみることにした。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散...
神秘のブルー、丸池様の美しさは言葉にしつくせない... 今回の庄内への旅でひそかに気になっていた場所。知り合いが訪れていてすごい美しい場所で穴場だというので行ってみた。たしかに全然人がいない(いまは違うかもしれないが)なかで森のなかに突然あらわれる驚異的な透明度の青い泉は神秘的で美しい。斧とか落としたらなかから神さまが出てきそうな絵本のなかで出てくる風景...
イスラム美術の美しさに魅了される!クアラルンプールの「イスラム美術博物館」に行ってきた... よく読んでいるWagamama Travelで紹介されていて、クアラルンプールに来たら訪れたいと思っていた美術館。イスラム文化の芸術の圧倒的な存在感を体験することができる。心残りといえば、ラマダンの時期だったのでレストランがクローズしていたのは本当に残念。 気づかず行ったのだが、あわせて訪れた...
ヤンゴンでひとつ観光するとしたら、シュエダゴン・パゴダがおすすめ... 今回のヤンゴン滞在ではチャイティーヨに行ったりしていたので、あまり時間がなかった。 それでも、どこかひとつ観光をするとしたら、シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)だろうと思って行ってみた。 結論としては、シュエダゴン・パゴダは現実離れした迫力とここでしか見られない風景...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください