那須の那須千本松牧場をあとにして、さらに山の方へ車を走らせていくとある「もみじ谷大吊り橋」。後日、このルートは那須から尾瀬にいく道路になっていることを知る。

ここは塩原渓谷をかこむ公園になっていて、有料でわたれる歩行者専用の吊り橋がかかっている。有料だけど、ここの吊り橋から眺める紅葉の風景は美しいのでお金払って渡ってみる価値はある。渡った先はとくにどうってことない公園なのだが、渓谷や周囲の紅葉の色づきを眺めたりするにはいいところだ。

そして、この吊り橋は本州最大級ということで、橋のまん中あたりまで行くと結構揺れが大きくてどきどきする。異性と吊り橋渡っていると、吊り橋のどきどきと異性へのどきどきを取り違えるとかいう吊り橋理論の話しがあるが、ここはまさにそんな感じのところだな。カップルが沢山訪れては橋を渡っている。

僕の意見としてはあまり揺らしすぎると、恐怖の先にある怒りが出てきて逆効果だろうなと思うところはあるけれど、恋人の聖地にも認定されているらしく、千本松牧場でソフトクリーム食べた後、デートにくるにはいいところじゃないかと思う。

橋の手前は駐車場と道の駅みたいな感じになっていて、地元の野菜を売っていたりする。これがすごく安くてお得感あるので、僕としてはこっちに気を取られてしまう。紅葉シーズンは柚子が出てきているころで、柚子の実のほか、柚子ピールとかあれこれ買い込んでしまった。

フォトジェニックなスポットとしても、ちょっとした休憩ポイントとしても美しくて楽しいところだと思う。

 

もみじ谷大吊り橋
住所:栃木県那須塩原市関谷1425番地60
時間:8:30-18:00(11/1-翌3/31は16:00まで)
休み:なし

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です