去年もちょうど晩秋の頃に訪れたShozo Cafeの黒磯本店。カフェブームが始まる前の1988年に黒磯の古いアパートの2階にオープンしていて、いまではすっかり全国区で有名な老舗カフェになっているけれど、オープン当初からであろう、この落ち着いた雰囲気は変わりがないような気がする。まわりがどんな評価をしようとも淡々と自分たちの道を進んでいるような感じ。

数年前は週末になるとかなり混雑していて入店するのにも困難なくらいだったけれど、紅葉も終わりかけな11月中旬くらいであれば週末であっても夕方遅い時間であれば混雑もなくスムーズに入ることができる。

昔は店内の写真撮影などは遠慮して欲しいという文言をみたことがあったのだが、最近はそのコメントを見かけなかったような。結構写真を撮っている人がいたが、僕は以前からのクセというか写真撮るのを忘れていた。なので、このブログ読んでShozo Cafeにいきたくなった人は店内の雰囲気とかを新鮮に味わうことができるのでいいんじゃないだろうか。どうだろう。

昼間に訪れてもいいのだが、僕としては夕暮れ時から夜にかけて訪れる方が好き。那須高原の方にあるお店は昼間に行くのが気持ちいいけど、こちらの本店は夜のとばりが降りたころに、ほのかな灯りに照らされた店内が最高にロマンチックではないかと思う。

店内には独特の世界観があるなあって思う船越桂のオブジェがあったりして、この空間のいいアクセントになっている。とても古くさいアパートを改築したとは思えないくらいだ。

コーヒーはいまとなってはもっと美味しいところもあったりするけれど、この空間で楽しむコーヒーやスコーンは絶品であることにかわりはない。那須にきたならば少し寄り道してでも一度はShozo Cafeに行ってみてほしい。

1988 CAFE SHOZO
住所:栃木県那須塩原市高砂町6-6
時間:12:00~20:00
休み:第1金曜日

Related Post

5.4° Northは洗練されたアイテムがそろっているセレクトショップ... 好きなブログがあって、そこで紹介されていたお店。最近ではもうガイドブックを全然買ってないな。自分でブログを書いていることもあるが、僕にとって有益でいい情報はウェブサイトにあるような気がする。 5.4° Northについて。店名が示しているとおり、ペナンの北緯5.4度のところにあるお店。小さな間...
絶景が望める、大山千枚田の棚田倶楽部のカフェ... 和田浦港から和田浦の浜で遊んだあと、春の大山千枚田を訪れてみた。 田植え前の水をはった田んぼは、谷間に小さな鏡が敷き詰められているみたいで、明るく光っていて美しい。 これが夏には稲が育って、秋には刈り取られてまた大山千枚田の夜祭りが行われるのかと思うと、時間のながれと景色の移り変わりに不...
清澄白河の古いアパートがおしゃれなカフェに!「fukadaso CAFE」でのんびりとした時間を過ご... 大手町まで地下鉄で10分で行けるところにこんな静かな街があったのかと思ってしまう清澄白河の雰囲気。ここが深川と呼ばれていた江戸から戦前にかけての空気感みたいなのが残っていて、ここだけ穏やかな空気が残っている感じがする。フカダソウカフェはそんななかで、古いアパート兼倉庫だった建物をリノベーションしてカ...
のんびりと過ごしたりノマドワーカーまで誰でも居心地よく過ごせる「Room A」... 台南で静かに過ごせる場所といえば「Room A」になるかなって思う。大勢でわいわいとやるよりも、ひとりふたりで静かに本を読んだりPCに向かったりする時間を作りたいということであればうってつけの場所だ。図書館という感じもあるブックカフェでセンスのいい雰囲気もまた抜群。立地もわりといいので穴場な場所だと...
Cupping RoomのNitro Coffeeは全く新しい飲物である... PMQからほど近いところにあるカフェ。コーヒーが美味しくて有名なところで15:00過ぎにいったら店内は満席だった。 香港といえば、例えば美都餐室みたいな、出てきた時点でミルク入っているインスタントコーヒー、みたいなイメージだったのだけどすっかり変わったようだ。 ここでのおすすめは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください