去年もちょうど晩秋の頃に訪れたShozo Cafeの黒磯本店。カフェブームが始まる前の1988年に黒磯の古いアパートの2階にオープンしていて、いまではすっかり全国区で有名な老舗カフェになっているけれど、オープン当初からであろう、この落ち着いた雰囲気は変わりがないような気がする。まわりがどんな評価をしようとも淡々と自分たちの道を進んでいるような感じ。

数年前は週末になるとかなり混雑していて入店するのにも困難なくらいだったけれど、紅葉も終わりかけな11月中旬くらいであれば週末であっても夕方遅い時間であれば混雑もなくスムーズに入ることができる。

昔は店内の写真撮影などは遠慮して欲しいという文言をみたことがあったのだが、最近はそのコメントを見かけなかったような。結構写真を撮っている人がいたが、僕は以前からのクセというか写真撮るのを忘れていた。なので、このブログ読んでShozo Cafeにいきたくなった人は店内の雰囲気とかを新鮮に味わうことができるのでいいんじゃないだろうか。どうだろう。

昼間に訪れてもいいのだが、僕としては夕暮れ時から夜にかけて訪れる方が好き。那須高原の方にあるお店は昼間に行くのが気持ちいいけど、こちらの本店は夜のとばりが降りたころに、ほのかな灯りに照らされた店内が最高にロマンチックではないかと思う。

店内には独特の世界観があるなあって思う船越桂のオブジェがあったりして、この空間のいいアクセントになっている。とても古くさいアパートを改築したとは思えないくらいだ。

コーヒーはいまとなってはもっと美味しいところもあったりするけれど、この空間で楽しむコーヒーやスコーンは絶品であることにかわりはない。那須にきたならば少し寄り道してでも一度はShozo Cafeに行ってみてほしい。

1988 CAFE SHOZO
住所:栃木県那須塩原市高砂町6-6
時間:12:00~20:00
休み:第1金曜日

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です