黒磯の市街にあるShozo Cafeのある通りを地元の人はShozo通りと通称で呼んでいるとのこと。そのShozo Cafe本店のすぐ隣に、古い商店をリノベーションしたお店がある。僕はながらくこのお店はShozo Cafeの系列だと思っていたのだが、今回はじめて違う経営だと知った。でも、それくらい違和感なくこのShozo通りの雰囲気にあった、居心地のいい空間だと思う。

那須の地産地消をコンセプトにしていて、お店に入って手前側はおしゃれな道の駅みたいな直売所になっている。そして、奥にはわりとちゃんとした食事もできるカフェが作られている。この通りにくるとだいたいShozo Cafeでお茶してしまうため、チャウスのカフェを利用したことはないのだが、地元の食材をつかった面白そうなメニューが並んでいる。

シュクレというお菓子工房のレーズンサンド

手前側にある直売スペースでみつけたものは、那須でやっているシュクレというお菓子工房のレーズンサンドクッキー。こだわりのレーズンサンドはずっしりと大ぶりではみ出るくらいのレーズンがたっぷり。これはお酒にあうしお土産にしても喜ばれそうだ。

そして驚いたのはこの大きな梨。となりに国産レモンを置いているのだが、通常の梨と比べても3倍くらいありそうだ。重さも500gあり果物としてもずっしりしている。これは「にっこり」という品種で食味のよい「豊水」と、でっかくなる「新高」をかけ合わせたもの。

那須産。「にっこり」という品種の梨。

大ぶりだけど、雑な感じはなくて梨本来のジューシーさと歯ごたえがある。都内のお店だと数千円くらいで売られることもあるようだが、チャウスでは300円とかなり手頃な価格帯。これ以外にもオーガニックにこだわった地元の野菜があるので見逃せない。

あとで知ったのだけど、ゲストハウスもやっているみたいなのでここに泊まって那須を旅するのもいいかもしれない。Shozoにいくだけではもったいない素敵なお店だ。

Chus(チャウス)
住所:栃木県那須塩原市高砂町6−3
時間:10:00-23:00(第2水曜日17:30)
休み:第2木曜日

Related Post

始めて食べるのに懐かしい台湾スイーツ。谷中の「愛玉子」へいってきた。... 谷中のあたりを散歩しているとやたらと目立つ「愛玉子」という看板。「・・あいたまご?変わった名前の中華料理店だな」くらいに思っていたのだが、店先をのぞいてみると「台湾スイーツのオーギョーチー」と書いてあった。どうやら、喫茶店みたいなところだったらしい。ちょっと立ち寄ってみたら、すごい面白くて懐かしいよ...
リオ スル ショッピングモールはお土産物探しに楽しい... リオデジャネイロ土産って色々悩ましいところなのだけど、この巨大なショッピングモールをうろうろしているとなにか見つかるかもしれない。僕はハワイアナスでサンダルとかを買ってみた。日本では見かけたことがないモデルがあったりして、なかなか楽しい。 shopp リオ スル モールはコパカバーナから...
代々木上原で楽しむエチオピアコーヒーのお店、トモカコーヒーへ行ってきた... ひさびさに代々木上原へ行く用事があって、そのついでに時間つぶし出来るところないかなと見つけたところ。 エチオピアコーヒーといえば、ギルドコーヒーにあるイルガチェフG-1には衝撃をうけた。最初はあまりにも独特な香りで「この豆は大丈夫なんだろうか」って思ったものだが、いまではあの香りが好きになって...
「高田菓子舗」僕のなかでは最もおいしい温泉まんじゅう... 四万温泉で宿泊した民宿 中村屋でお部屋に置いてあった温泉まんじゅうのお店。 温泉饅頭って、基本的にしょぼくて自分で買うことはないのだが、ここの温泉饅頭はうまくて、自分用にとお店まで買いに行ってしまった。 お店の外観 なにが美味いって、まんじゅうの皮に少し塩気が効いていて、これが餡...
新しい蔵前カルチャーの拠点、Nui.はホステルだけど、ラウンジ利用も楽しいのです。... ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。 Nui.へのアクセス 浅草線の蔵前...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください