黒磯の市街にあるShozo Cafeのある通りを地元の人はShozo通りと通称で呼んでいるとのこと。そのShozo Cafe本店のすぐ隣に、古い商店をリノベーションしたお店がある。僕はながらくこのお店はShozo Cafeの系列だと思っていたのだが、今回はじめて違う経営だと知った。でも、それくらい違和感なくこのShozo通りの雰囲気にあった、居心地のいい空間だと思う。

那須の地産地消をコンセプトにしていて、お店に入って手前側はおしゃれな道の駅みたいな直売所になっている。そして、奥にはわりとちゃんとした食事もできるカフェが作られている。この通りにくるとだいたいShozo Cafeでお茶してしまうため、チャウスのカフェを利用したことはないのだが、地元の食材をつかった面白そうなメニューが並んでいる。

シュクレというお菓子工房のレーズンサンド

手前側にある直売スペースでみつけたものは、那須でやっているシュクレというお菓子工房のレーズンサンドクッキー。こだわりのレーズンサンドはずっしりと大ぶりではみ出るくらいのレーズンがたっぷり。これはお酒にあうしお土産にしても喜ばれそうだ。

そして驚いたのはこの大きな梨。となりに国産レモンを置いているのだが、通常の梨と比べても3倍くらいありそうだ。重さも500gあり果物としてもずっしりしている。これは「にっこり」という品種で食味のよい「豊水」と、でっかくなる「新高」をかけ合わせたもの。

那須産。「にっこり」という品種の梨。

大ぶりだけど、雑な感じはなくて梨本来のジューシーさと歯ごたえがある。都内のお店だと数千円くらいで売られることもあるようだが、チャウスでは300円とかなり手頃な価格帯。これ以外にもオーガニックにこだわった地元の野菜があるので見逃せない。

あとで知ったのだけど、ゲストハウスもやっているみたいなのでここに泊まって那須を旅するのもいいかもしれない。Shozoにいくだけではもったいない素敵なお店だ。

Chus(チャウス)
住所:栃木県那須塩原市高砂町6−3
時間:10:00-23:00(第2水曜日17:30)
休み:第2木曜日

Related Post

栗の木テラスの新しいモンブラン「モンブラン・ネージュ」を試してみた... 津南から国道をとおって小布施までドライブ。千曲川沿いにすすむこのルートは交通量は少なく、道幅も広くて見晴らしのいいルートを通るすごく気持ちのいいドライブコースだ。僕としては津南から小布施に行くルートの方が見晴らしがよくて気持ちがいい。これが不思議なことに逆ルートだとなんかちょっと雰囲気違うんだよな。...
【店名変更】津南ポークの「とん豚」にリピートしてきた... 小布施から千曲川沿いに国道を下っていき、越後妻有へとやってきた。 まずは!津南にある「とん豚」で腹ごしらえ。越後妻有のエリア内に津南ポークのお店は数あれど、ここが一番おいしいと思う(ここには書かないけれど、他にもとんかつ屋さんにいって悲しい思いをしたこと数度)。前回の訪問はこちら。 お店...
越後妻有で最多のリピート!津南の「とんかつ つまり」で今回は生姜焼きを食べてみた... 越後妻有のなかでもっとも再訪問しているのが、津南の物産館にあるとんかつ屋さんだと思う。だんだん人気が出てきてランチタイムには待つこともあるのだが、この美味しさだし仕方がないなっていうくらい。 今回は閉店間際になんとか入り込んで食事をとることができた。夕方はガラガラで空いているので穴場かもしれな...
安平の木門厝Moment Cafeでのんびりとした時間を過ごす... 安平老街の散歩しようかなっていうときに見つけたカフェ。というかコーヒースタンドみたいなところ。住宅街のなかでゆっくりとした時間が流れる素敵なところだった。 木門厝Moment Cafeへのアクセス 安平老街の方にあって、ちょっと海側の方の路地を入ったところにある。まわりは住宅地でこんなと...
船橋屋(広尾)のかき氷を食べる 広尾のHomework's のすぐ近くにある古民家みたいなお店があって、なんのお店だろうと思ったら甘味処のお店だった。そして、かき氷が美味しいらしい。すごい気になる。 ということで、さっそく行ってみたのだが、まだ夏の初めだというのに、既に人気で平日のお昼なのに入れないこともあった。行くなら2人...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください