黒磯の市街にあるShozo Cafeのある通りを地元の人はShozo通りと通称で呼んでいるとのこと。そのShozo Cafe本店のすぐ隣に、古い商店をリノベーションしたお店がある。僕はながらくこのお店はShozo Cafeの系列だと思っていたのだが、今回はじめて違う経営だと知った。でも、それくらい違和感なくこのShozo通りの雰囲気にあった、居心地のいい空間だと思う。

那須の地産地消をコンセプトにしていて、お店に入って手前側はおしゃれな道の駅みたいな直売所になっている。そして、奥にはわりとちゃんとした食事もできるカフェが作られている。この通りにくるとだいたいShozo Cafeでお茶してしまうため、チャウスのカフェを利用したことはないのだが、地元の食材をつかった面白そうなメニューが並んでいる。

シュクレというお菓子工房のレーズンサンド

手前側にある直売スペースでみつけたものは、那須でやっているシュクレというお菓子工房のレーズンサンドクッキー。こだわりのレーズンサンドはずっしりと大ぶりではみ出るくらいのレーズンがたっぷり。これはお酒にあうしお土産にしても喜ばれそうだ。

そして驚いたのはこの大きな梨。となりに国産レモンを置いているのだが、通常の梨と比べても3倍くらいありそうだ。重さも500gあり果物としてもずっしりしている。これは「にっこり」という品種で食味のよい「豊水」と、でっかくなる「新高」をかけ合わせたもの。

那須産。「にっこり」という品種の梨。

大ぶりだけど、雑な感じはなくて梨本来のジューシーさと歯ごたえがある。都内のお店だと数千円くらいで売られることもあるようだが、チャウスでは300円とかなり手頃な価格帯。これ以外にもオーガニックにこだわった地元の野菜があるので見逃せない。

あとで知ったのだけど、ゲストハウスもやっているみたいなのでここに泊まって那須を旅するのもいいかもしれない。Shozoにいくだけではもったいない素敵なお店だ。

Chus(チャウス)
住所:栃木県那須塩原市高砂町6−3
時間:10:00-23:00(第2水曜日17:30)
休み:第2木曜日

Related Post

Paper St. Cafeはバリスタのいるストイックなカフェ... 華山1914のすぐ近くにある洗練されたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。 午前中のオープン直後に行ったのでお客さんはいなくてのんびりできた。バリスタの人がいて焙煎する豆を選別している。 かな...
【閉店】夜のCafe Junkies(小破爛咖啡館)で手紙を書いて過ごす... もはやこのブログでもっとも登場回数の多いお店になっていると思う台北のCafe Junkies。しかし、このブログが公開されるタイミングでは閉店になっているなんて(2017年4月21日で閉店)。 いままでは朝に行くことが多かったのだけど、今回は饒河街觀光夜市へ行く前の夜に訪れてみた。 週末...
「藤の家」古民家カフェで実感する庄内の豊かさ... このお店をどこでどうやって知ったのか・・すっかり思い出せないのだけど、今回の旅行で印象に残るカフェになった鶴岡市にある藤の家(ふじのや)というお店。 食べログにも店舗情報ないし、どうも新しいお店らしいのだが、ちょっとこれも出会いというか、気になったので訪れてみました。ランチタイムを少し外した時...
桜前線をみてきた 東京での桜の花見もおわって気になるのは、桜前線はいまどこにいるのか? そして、どういうものなのか?ということ。 ということで、桜前線をおいかけてみるべく北に向かってみた。 日光では前線はすでに終わっていた。。 まず向かったのは日光。ここは杉並木のほかにも桜並木というのが有名...
【閉店】Bbr APARTMENT(中目黒)のボリュームあるランチがすごい... 中目黒の商店街のなかほどからちょっと路地入ったところにあって、外観はおしゃれなカフェなのだけど、ランチにはすごいボリューム料理を手頃な料金で提供しているところ。 かなり気に入っていてよく行くのだが、がっつりランチを楽しめつつ、カフェ的にのんびりできるのがいい。 ランチタイムには「トンテキ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です