黒磯の市街にあるShozo Cafeのある通りを地元の人はShozo通りと通称で呼んでいるとのこと。そのShozo Cafe本店のすぐ隣に、古い商店をリノベーションしたお店がある。僕はながらくこのお店はShozo Cafeの系列だと思っていたのだが、今回はじめて違う経営だと知った。でも、それくらい違和感なくこのShozo通りの雰囲気にあった、居心地のいい空間だと思う。

那須の地産地消をコンセプトにしていて、お店に入って手前側はおしゃれな道の駅みたいな直売所になっている。そして、奥にはわりとちゃんとした食事もできるカフェが作られている。この通りにくるとだいたいShozo Cafeでお茶してしまうため、チャウスのカフェを利用したことはないのだが、地元の食材をつかった面白そうなメニューが並んでいる。

シュクレというお菓子工房のレーズンサンド

手前側にある直売スペースでみつけたものは、那須でやっているシュクレというお菓子工房のレーズンサンドクッキー。こだわりのレーズンサンドはずっしりと大ぶりではみ出るくらいのレーズンがたっぷり。これはお酒にあうしお土産にしても喜ばれそうだ。

そして驚いたのはこの大きな梨。となりに国産レモンを置いているのだが、通常の梨と比べても3倍くらいありそうだ。重さも500gあり果物としてもずっしりしている。これは「にっこり」という品種で食味のよい「豊水」と、でっかくなる「新高」をかけ合わせたもの。

那須産。「にっこり」という品種の梨。

大ぶりだけど、雑な感じはなくて梨本来のジューシーさと歯ごたえがある。都内のお店だと数千円くらいで売られることもあるようだが、チャウスでは300円とかなり手頃な価格帯。これ以外にもオーガニックにこだわった地元の野菜があるので見逃せない。

あとで知ったのだけど、ゲストハウスもやっているみたいなのでここに泊まって那須を旅するのもいいかもしれない。Shozoにいくだけではもったいない素敵なお店だ。

Chus(チャウス)
住所:栃木県那須塩原市高砂町6−3
時間:10:00-23:00(第2水曜日17:30)
休み:第2木曜日

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です